シーンカード

提供: TYPE-MOON Wiki
2017年12月7日 (木) 00:06時点における (トーク | 投稿記録)による版 (リンク)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search

シーンカード[編集]

Fate/Ace Royal』で使われるカード。Fateシリーズの名場面を表すカードで、描かれた場面に応じた効果を発揮する。このカードは手札から直接使用され、使われると聖杯の座に置かれる。

S-001ガンド[編集]

  • 解説:指差す事で標的の体調を崩す、北欧由来の呪いの一種。凛が得意としている。
ガンド撃ち
使用タイミング:【起動】(いつでも)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。この効果は相手が直感を持っている場合、無効化される。
「1・2」:任意のサーヴァントはデンジャー状態となる。
「3・4・5」:任意のサーヴァントはダウン状態。
「6」:自身が手札を1枚選んで捨てる。

S-002ガンド[編集]

  • 解説:指差す事で標的の体調を崩す、北欧由来の呪いの一種。凛が得意としている。
ガンド撃ち
使用タイミング:【起動】(いつでも)
サイコロを振って出た目に応じた効果を受ける。この効果は相手が直感を持っている場合、無効化される。
「1・2」:任意のサーヴァントはデンジャー状態となる。
「3・4・5」:任意のサーヴァントはダウン状態。
「6」:自身が手札を1枚選んで捨てる。

S-003サーヴァントとの邂逅[編集]

  • 解説:「――問おう。貴方が、私のマスターか」
運命の出会い
使用タイミング:【起動】(いつでも)
山札からカードを2枚引く。

S-004タイガー道場[編集]

  • 解説:タイガ師範と弟子一号からの有り難いアドバイスが、脱落者を救う……かもしれない。
ワンモアチャンス
使用タイミング:【起動】(いつでも)
自身の魔力コインが0になった時に使用する。魔力コインを1個回復する。この効果では上限を超えない。

S-005タイガー道場[編集]

  • 解説:「どうタイガ、お湯加減は気に入った」「いいよー、癒されるわー」
ワンモアチャンス
使用タイミング:【起動】(いつでも)
自身の魔力コインが0になった時に使用する。魔力コインを1個回復する。この効果では上限を超えない。

S-006ついて来れるか[編集]

  • 解説:「――ついて来れるか」
あの日見た背中
使用タイミング:【起動】(いつでも)
山札からカードを2枚引く。

S-007マーボー豆腐[編集]

  • 解説:紅洲宴歳館・泰山の特性激辛マーボー。その辛さはまさに殺人的。まさに外道
殺人激辛麻婆
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:自分以外の全てのサーヴァントがデンジャー状態になる。
「3・4・5」:自分以外の全てのサーヴァントがダウン状態になる。
「6」:自身のサーヴァントがデンジャー状態となる。

S-008ロー・アイアス[編集]

  • 解説:七層ある花弁の障壁一枚一枚が城壁並の強度を持ち、無類の防御力を誇る宝具。
熾天覆う七つの円環
使用タイミング:【起動】(損害判定プロセス)
取り去られる魔力コインの数を0個にする。

S-009一進一退[編集]

  • 解説:「思い上がったな、雑種――!!」
間一髪
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意のサーヴァントに使用ターン中、物理防御力+2・魔術防御力+2の強化を行う。

S-010一歩も譲らず[編集]

  • 解説:ランサーが繰り出す猛攻撃を、アーチャーは手にした干将・莫耶で間一髪凌ぎきった。
一瞬の見切り
使用タイミング:【起動】(いつでも)
任意のサーヴァントは使用ターン中、スキル【見切り】を得る。

S-011栄光の記憶[編集]

  • 解説:英雄としての輝かしい記憶が、サーヴァントに勝利への強い意志をもたらす。
輝ける日々
使用タイミング:【起動】(いつでも)
【回復】効果。自身の魔力コインを1個回復する。この効果で上限は超えない。

S-012王たちの狂宴[編集]

  • 解説:英雄王、征服王、そして騎士王。三者三様、王たる者の生き様が言葉にてぶつかり合う。
聖杯問答
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
全てのサーヴァントはこのフェイズの間、襲撃を行えない。

S-013雁夜の執念[編集]

  • 解説:バーサーカーのマスター、間桐雁夜。その衝動的な行動が聖杯戦争の混乱に油を注ぐ。
憎悪の妄念
使用タイミング:【起動】(いつでも)
任意の礼装カード1枚を捨て札にする。

S-014九死に一生[編集]

  • 解説:恐るべきバーサーカーの猛攻にさしものセイバーも傷を負い、地に膝を着く。
危機一髪
使用タイミング:【起動】(損害プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:取り去られる魔力コインの数を1個減らす。
「3・4」:取り去られる魔力コインの数を2個減らす。
「5・6」:取り去られる魔力コインを3個減らす。

S-015欠損[編集]

  • 解説:「認めよう。確かに私は空虚な人間だ」
空虚なる心
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
任意のマスターの手札を最大2枚までランダムに捨て札にする。

S-016剣士の眼光[編集]

  • 解説:「――いざ」
鋭い気迫
使用タイミング:【起動】(いつでも)
任意のサーヴァントは使用ターン中、スキル【見切り】を得る。

S-017言峰璃正[編集]

  • 解説:第四次聖杯戦争の監督役。ケイネスの手で殺され、残る令呪は息子の綺礼が受け継いだ。
令呪の譲渡
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
任意のマスターの令呪コインを1個追加する。

S-018最後の突撃[編集]

  • 解説:「いざ益荒男たちよ、原初の英霊に我らが覇道を示そうぞ!」
見果てぬ夢へ
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
自身のサーヴァントの物理攻撃力+4・魔術攻撃力+4の強化を行い、物理防御力-2・魔術防御力-2の修正を行う。

S-019殺害[編集]

  • 解説:「見てください先輩。わたし、最初から狂ってたんです」
突然の凶行
使用タイミング:【起動】(いつでも)
任意の礼装カード1枚を捨て札にする。

S-020惨劇の記憶[編集]

  • 解説:十年前、冬木市を覆った大災害の惨状は、士郎の心に消えない爪痕を残した。
心の傷痕
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
全てのプレイヤーは最大2枚まで任意の手札を捨て、捨てた枚数と同じ枚数のカードを山札から引く。

S-021宿命の対峙[編集]

  • 解説:切嗣と綺礼、決して相容れぬ二人の死闘は遂に最終局面を迎えようとしていた。
最後の対決
使用タイミング:【起動】(損害プロセス)
使用された戦闘で、結果に関わらず両者がダメージを受けたものとして扱い、さらに取り去られる魔力コインの数を1個追加する。

S-022真名解放[編集]

  • 解説:真名を唱える事で、物質化した奇跡たる宝具、その真なる力が解き放たれる。
宝具発動
使用タイミング:【起動】(いつでも)
英霊カードの持つ効果一つを使う際に使用し、その効果に必要とされるコストがなくなる。ただしコストとして「X」が含まれる効果には使用できない。

S-023神話の再現[編集]

  • 解説:セイバーとバーサーカー、激しく切り結ぶ両者の激突はさながら神話の再現であった。
伝説の死闘
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
使用ターン中、交戦中の互いのサーヴァントに物理攻撃力+2・魔術攻撃力+2の強化を行う。

S-024征服王の威厳[編集]

  • 解説:かつて世界に覇を唱えた征服王イスカンダル。その威圧感は周囲を圧倒する。
巨大なる威圧感
使用タイミング:【起動】(いつでも)
シーンカードが使用された直後に使用し、その効果を打ち消す。

S-025戦術的撤退[編集]

  • 解説:戦況不利と見るや、ライダーはアクロバティックな動作で間合いを離し撤退を図る。
一時退却
使用タイミング:【起動】(交戦プロセス)
交戦を不成立にする。

S-026狙撃[編集]

  • 解説:弓兵のサーヴァントの名に恥じぬその狙撃は、4km先の移動目標すら捉えてのける。
長距離からの一撃
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意のサーヴァントは使用ターン中、【先制】を得る。

S-027束縛[編集]

  • 解説:無敵を誇るサーヴァントといえど、その弱点を突かれれば身動きを封じられてしまう。
戒めの縛鎖
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:任意のサーヴァントはデンジャー状態となり、全ステータス-2の修正を受ける。
「3・4・5」:任意のサーヴァントはダウン状態となり、全ステータスに-2の修正を受ける。
「6」:自身のサーヴァントはダウン状態となり、全ステータスに-2の修正を受ける。

S-028脱出行[編集]

  • 解説:イリヤを安全な場所まで逃がすため、その軽い体を抱きかかえて言峰は疾走する。
逃走経路
使用タイミング:【起動】(交戦プロセス)
交戦を不成立にする。

S-029地形的有利[編集]

  • 解説:高所という地の利を得たアサシンが、一進一退の攻防をわずかに有利に運ぶ。
地の利
使用タイミング:【起動】(交戦プロセス)
迎撃側の自身のサーヴァントに使用ターン中、【先制】と物理防御力+1・魔術防御力+1の強化を行う。

S-030特訓[編集]

  • 解説:聖杯戦争に勝ち残るため、士郎は連日のようにセイバーから剣術の手ほどきを受ける。
猛特訓!
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:選んだサーヴァントの全ステータスに+2の強化を行う。
「3・4・5」:選んだサーヴァントの全ステータスに+1の強化を行う。
「6」:選んだサーヴァントがデンジャー状態になる。

S-031肉薄[編集]

  • 解説:放たれる攻撃をものともせず、セイバーが標的の懐に迫る。
猛進撃
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意のサーヴァントに使用ターン中、物理攻撃力+2・魔術攻撃力+2の強化を行う。

S-032迫り来る危機[編集]

  • 解説:「こんばんはお兄ちゃん。こうして会うのは二度目だね」
脅威襲来
使用タイミング:【起動】(いつでも)
任意のプレイヤーを選択し、サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:手札を1枚ランダムに捨てる。
「3・4・5」:手札を一枚選んで捨てる。
「6」:山札からカードを1枚引く。

S-033武器の貯蔵は十分か[編集]

  • 解説:「いくぞ英雄王――武器の貯蔵は十分か」
雑種の意地
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
任意のサーヴァントに使用ターン中、物理攻撃力+2・魔術攻撃力+2の強化を行う。
またそのカードが【神性】を持たない場合は更に全ステータスに+1の強化を行う。

S-034宝石魔術[編集]

  • 解説:凛が得意とする、宝石に予め込めた魔力を解き放って攻撃する魔術。
取っておきの手
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:任意のサーヴァントに物理攻撃力-1・物理防御力-2・魔術攻撃力-1・魔術防御力-2の修正を行う。
「3・4・5」:任意のサーヴァントの全ステータスに-1の修正を行う。
「6」:自身が手札を1枚捨てる。

S-035宝石魔術[編集]

  • 解説:凛が得意とする、宝石に予め込めた魔力を解き放って攻撃する魔術。
取っておきの手
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:任意のサーヴァントに物理攻撃力-1・物理防御力-2・魔術攻撃力-1・魔術防御力-2の修正を行う。
「3・4・5」:任意のサーヴァントの全ステータスに-1の修正を行う。
「6」:自身が手札を1枚捨てる。

S-036抱擁[編集]

  • 解説:切嗣とアイリスフィール。切嗣は己の弱さをアイリスフィールに吐露する。
永遠の絆
使用タイミング:【起動】(いつでも)
自身の魔力コインを1個追加する。この効果で上限は超えない。

S-037魔術回路[編集]

  • 解説:魔術を扱うために必須となる擬似神経。その数は魔術師としての優秀さに直結すると言われる。
魔力励起
使用タイミング:【起動】(いつでも)
【回復】効果。自身の魔力コインを1個回復する。この効果で上限は超えない。

S-038魔術師殺し[編集]

  • 解説:「魔術師殺し」衛宮切嗣の戦法は手段を選ばず、建造物の爆破すらためらわない。
非道なる手段
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:暗殺コインを2個、任意のプレイヤーに置く。暗殺コインが手札の数を超えると、プレイヤーは死亡して聖杯戦争から脱落する。
「3・4・5」:任意の礼装カードを1枚捨て札にする。
「6」:自身のサーヴァントがダウン状態になる。

S-039魔力消散[編集]

  • 解説:ランサーの宝具「破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ)」は、触れた物の魔力を打ち消す。
打ち消される力
使用タイミング:【起動】(いつでも)
礼装カードが使われた直後に使用し、その効果を打ち消す。打ち消された礼装カードの効果はこのフェイズ中、再び使用することはできない。

S-040魔力切れ[編集]

  • 解説:マスターから十分な魔力供給を受けられないセイバーは、魔力切れを引き起こしてしまう。
魔力枯渇
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1」:任意の魔力コインを1個取り除く。ただし、この効果で魔力コインを0にすることはできない。
「2・3」:任意のサーヴァントはデンジャー状態になる。
「4・5」:任意のサーヴァントはダウン状態になる。
「6」:自身の魔力コインを1個失う。

S-041魔力放出[編集]

  • 解説:凛をマスターとして契約したセイバーに、これまでとは比較にならぬ星の魔力が満ちる。
膨大なる魔力
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
最大3枚まで手札を捨てる。任意のサーヴァントの全ステータスに、捨てた枚数と同じ数の強化を行う。

S-042慢心[編集]

  • 解説:どれほど強大なサーヴァントであろうと、慢心と油断はその身に敗北をもたらす。
油断大敵
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意のサーヴァントに使用ターン中、物理防御力-2・魔術防御力-2の修正を行う。

S-043慢心[編集]

  • 解説:「慢心せずして何が王か」
油断大敵
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意のサーヴァントに使用ターン中、物理防御力-2・魔術防御力-2の修正を行う。

S-044満身創痍[編集]

  • 解説:敵による突然の襲撃を受け、凛は瀕死の重傷を負わされるも、紙一重で命を繋いだ。
紙一重
使用タイミング:【起動】(撤退プロセス)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2」:取り去られる魔力コインの数を1個減らす。
「3・4」:取り去られる魔力コインの数を2個減らす。
「5・6」:取り去られる魔力コインの数を3個減らす。

S-045無法なる陣営[編集]

  • 解説:聖杯戦争のルールなど歯牙にもかけず、キャスター陣営は酸鼻極まる凶行を繰り返す。
討伐対象
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
プレイヤー1人を選択する。
他の全てのマスターはこのフェイズの間、選択されたマスターを対象に襲撃を行わなければならない。自分自身を選択しても良い。

S-046人質[編集]

  • 解説:衛宮邸にて、キャスターは藤村大河を誘拐し人質に取るという卑劣な手段を取った。
人質戦法
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
任意の礼装1枚を捨て札にする。

S-047礼装破壊[編集]

  • 解説:キャスターの宝具「破戒すべき全ての符」は、あらゆる魔術を無効化する力を持つ。
魔術無効化
使用タイミング:【起動】(ダメージ判定プロセス)
任意の礼装1枚を捨て札にする。

S-048咆哮[編集]

  • 解説:「■■■■■■■―――!!」
異形の叫び
使用タイミング:【起動】(いつでも)
使用時に任意のカードを指定する。指定カードの【常時】を除く全ての効果を使用ターン中、無効化する。
この効果は相手が【直感】を持っている場合、無効化される。

S-049徘徊する恐怖[編集]

  • 解説:夜の冬木市を徘徊する正体不明の不気味な影。その犠牲者は日に日に増えていく。
惨劇の予兆
使用タイミング:【起動】(儀式ステップ)
サイコロを振って出た目に応じた効果を使用する。
「1・2・3」:全てのプレイヤーは礼装カードを1枚選んで捨て札にする。
「4・5」:全てのプレイヤーは手札を1枚選んで捨て札にする。
「6」:全てのマスターは魔力コインを1個失う。

リンク[編集]