ヴァン・ゴッホ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォーリナー
真名 ヴァン・ゴッホ
本名 ヴィンセント=ヴァン・ゴッホ
クリュティエ=ヴァン・ゴッホ[注 1]
性別 女性
身長 140cm
体重 39kg
好きな物 温かい色、アルルの黄色い家、コーヒーの香り、語り合える輩、刺激的で穏やかな創作の時を過ごすこと、食べること[注 2]
苦手な物 (強いて言うなら)なんでも受け入れる自分
過ぎた批判[注 2]
出典 史実
地域 オランダ
属性 混沌・悪
隠し属性
一人称 ゴッホ/わたし
二人称 あなた
三人称 ○○さま/○○ちゃん[注 3]
声優 高橋花林
デザイン きばどりリュー
設定作成 amphibian
レア度 ☆5
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

降臨者」のサーヴァント

略歴
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で登場。
虚数空間で航海中のノーチラス号に救助される形で合流し、以降は性別などで不審を抱かれつつも[注 4]、クルーの一員として行動してゆく。
だが違和感は次第に大きくなっていき、クライマックスでは自身の正体を自覚してしまい、逃走。
実は彼女は邪神が虚数空間に拠点を築くべく送り込まれた尖兵であり、フォーリナーを神化させる能力を持つ「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」に、そのままでは自殺してしまうため自殺できない「クリュティエ」を邪神の手によって合成された存在であった。
クルーに迷惑をかけたくないあまり永遠に虚数空間に一人でいるつもりであったが、キャプテン・ネモからの呼びかけを受けて、自身の存在を「クリュティエ=ヴァン・ゴッホ」[注 5]として確立。邪神の軛を断ち切って再び合流した。
クライマックスでは暴走した楊貴妃と彼女が連れてきたフォーリナー達を元に戻すべく主人公らと共闘し、事件終了後はそのまま別れた。……と思いきや「触手が絡まった」とのことでそのままカルデアについてきてしまった。
人物
陰気な印象を与える少女。
上記のようにクリュティエをベースにして80%ほど、そこに邪神由来のブラックボックスを15%ほど、さらにヴァン・ゴッホの記憶と能力を5%ほど合成して生まれた存在。
そのために性格がとにかく不安定で、躁鬱のような言動も多く、「ゴッホ」と「クリュティエ」の自認のコンフリクトもしょっちゅう起きている。
また、クリュティエの由来からか、意外と図太くて策略家の面も持ち合わせている。
能力
虚数空間に登場したためか、虚数空間の生命を取り込んで栄養に変えたり、物質化したりすることができる。

ステータス[編集 | ソースを編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
フォーリナー 主人公 (Grand Order) E B C A D A+ 領域外の生命:A
狂気:C
道具作成:B-
神性:B+
向日葵の呪い:A
虚数美術:B+
黄色い家:A+
澪標の魂:EX

宝具[編集 | ソースを編集]

星月夜(デ・ステーレンナフト)
ランク:EX
種別:対人
レンジ:1~5
最大捕捉:25人
サン・ポール療養院の窓からの光景を想い描いた、幻想的な絵。その人智を超えた世界観がカンバスからあふれ、固有結界を形成し、現実を侵食する。
晩年のゴッホは不可解な精神疾患の発作に苦しみつつ、信仰と善なるものを求めて絵筆を執り続けた。
その狂気じみた執念が外なるものどもに利用され、他者の霊基や精神構造を改変・神化させる禁断の宝具となった。
黄色い家(ヘット・ヒェーレ・ハイス)
ランク:A+
種別:対軍
レンジ:1~5
最大捕捉:8人
ゴッホの才を開花させる転機となり、ゴッホの夢の破綻の舞台ともなった、南仏アルルの居宅を絵で再現する。
敵に対しては南仏を苛む風・ミストラルの嵐を、味方に対しては手厚い加護を与えるが、一方で呪いも蔓延させてしまう。


真名:ヴァン・ゴッホ[編集 | ソースを編集]

邪神の手によって、オランダの画家「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」に、ギリシャ神話のニンフ「クリュティエ」が合成された存在。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
19世紀のオランダ出身の印象派画家。
代表作には『ひまわり』、『星月夜』、『タンギー爺さんの肖像画』等がある。
強烈な色彩と荒々しいタッチが特徴的であり、奇矯な性格でも知られている。
クリュティエ
ギリシャ神話に登場するニンフの一人。
アポロンの恋人であったが新しい人間の恋人に嫉妬し、彼女の父親に讒言して殺させたとされている。
アポロンからは捨てられてしまったがそれでも諦めきれずに空を行く彼を追いかけ続け、最期には花になってしまった[注 6]

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』開催に伴い期間限定サーヴァントとして実装。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

ネモ
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会った船長。
航海を通して彼と絆を育み、クライマックスでは彼の呼びかけに応えて自己の存在を確立した。
楊貴妃
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会った同クラ仲間。
互いに助け合い、終盤に裏切られた際にもどうにか正気に戻そうと奮闘していた。
葛飾北斎
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会ったフォーリナー仲間。
生前から大ファンだったためにテンション爆上げ状態。親子で一緒にいることについては自分も弟と一緒にいたかったとこぼしていた。
もっとも北斎からは、本当に影響を受けたのは歌川広重からだろうと指摘されている。(実際ゴッホは広重の浮世絵を数点模写している)
フランケンシュタイン〔セイバー〕
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会った仲間。
同じ「つぎはぎの怪物」として自分に寄り添ってくれたことがとても嬉しかったようで、存在意義について参考にしている。
その一方で、自分以上にマイペースなことについては半ば呆れている。
謎のヒロインXX
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会ったフォーリナー仲間。
資本という名の邪神に取り憑かれた彼女にゴッホの生前の極貧トークをかましてドン引きされた。
カルデアでも時々コーヒーを差し入れているが、彼女からは困惑されている。
アビゲイル・ウィリアムズ
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』で出会ったフォーリナー仲間。
その純真さを評価しつつも、その純真さを守るべきか、汚れた現実に抗う術を教えるべきか決めかねている。
花の邪神
生前「星月夜」を使って介入してきた邪神。
おそらく、クトゥルフ神話における名前は「ヴルトゥーム」。
もう一柱の邪神
自然「黄色い家」を使って介入してきた邪神。
おそらく、クトゥルフ神話における名前は「ハスター」。

生前[編集 | ソースを編集]

テオドルス・ファン・ゴッホ
ゴッホの弟。画商であり、最大の理解者。
生活に困窮するゴッホを支え続けた。
ポール・ゴーギャン
ゴッホと同じ時代に活躍していた画家。
一時期は同居して共に創作活動をしていたが、性格の違いから共同生活は破綻してしまった。
「ゴーギャンちゃん」と呼んでいるが、未登場のため性別は不明。設定を考えれば普通に男性と思われるが……
アポロン
クリュティエが生涯をかけて執着したギリシャの太陽神。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

戦闘[編集 | ソースを編集]

「ゴッホカッター!」
攻撃時の台詞の一つ。手に持ったヒマワリを回転ノコギリのようにして斬りつけるというツッコミどころ満載の攻撃。
そしてプレイヤー達は「まさかそれで耳を切り落とすんじゃあるまいな」と戦慄したとか。
「ねえテオ聞いて! こんなにこんなにこんなにつまらないものに、神なるものはご執心ですって!
 ほんとにほんとに本当につまらない連中! だから作り変える……全部作り変える! この、星月夜に!」
第二再臨以降の宝具発動。狂ったように捲し立てる口調が聞く者を戦慄させる。
ここで言及されている「テオ」はゴッホの弟であり最大の理解者でもあるテオドルスの事であろうか。
意味も、「ゴッホの描いたつまらない絵に執着している邪神に失望している」「クリュティエとしてつまらない人間なんかに執着しているアポロンに怒りを抱いている」とダブルミーニングになっている。

マイルーム[編集 | ソースを編集]

「嫌いなこと……過ぎた批判はちょっと。もちろん、的を射たものなら大歓迎ですけど。
 ……本気で描いたのに。……あんなにメタメタに言わなくても。
 ……あーーーーーっ!!! ジャガイモをくらえー!」
「嫌いなこと」。批判された過去を思い出してしまったのか途中で激昂してしまった。
おそらく、言及されているのは若い頃の作品「ジャガイモを食べる人々」。労働者階級を描いた意欲作であったが、作品全体の陰鬱さとテーマの地味さから酷評されたと言われている。

イベント[編集 | ソースを編集]

「こうして働いておりますと、グーピル商会を思い出します。
 インテリなゴッホ……やればできるゴッホ……態度がクソ罪で解雇されるゴッホ……!
 エヘヘ……死にたい。助けてテオ……!」
『虚数大海戦イマジナリ・スクランブル』でのショップ台詞の一つ。
勤め人としての過去を楽しげに回想してたと思いきや、トラウマを思い出してしまったのか急激にテンションが下がってしまった。
なお、グーピル商会というのはゴッホが若い頃に勤めていた画商。それなりの期間所属していたがキリスト教にのめり込む中で商売に疑問を持ち、ついには無断欠勤がたたって解雇されたとされている。

メモ[編集 | ソースを編集]

  • ゴッホに融合している邪神の一体「ヴルトゥーム」は、実は元ネタのクトゥルフ神話界隈ではマイナー中のマイナーな存在[注 7]で、小説内でも火星に移り住み、地球への侵攻を目論んでいることは他の旧支配者と変わらないが、全土を支配したいという訳ではなく、存在そのものがもはや伝説と化している。と書かれている。
    • 血縁関係によるとヴルトゥームはヨグ=ソトースを父に持ち、クトゥルフとハスターとは異母兄弟とされており、こちらの関係で喚ばれたのかもしれない。


脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. ハイ・サーヴァントとしての統合名。
  2. 2.0 2.1 霊基再臨第三段階以降。
  3. 自分より年下の人物に使用。
  4. 「実は女性だった」が横行しているサーヴァント界であるが、自画像どころか写真がはっきり残っていて詳細な記録もある時代の人物の性別が違っているのは明らかにおかしく、性別が絡むエピソードについての質問にも要領を得ない回答を繰り返していた。
  5. 彼女曰く、「雅号がゴッホのクリュティエ」くらいの気分だとか。
  6. 元々の伝承ではヘリオトロープの花であったが、後の時代にはヒマワリと混同されるようになった。
  7. ヴルトゥームが神話系列に加わったのは、作品が発表された1935年から実に41年後のこと。

出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]