2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

坂本龍馬

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
ライダー
真名 坂本龍馬
読み さかもと りょうま
初登場作品 Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
声優 加瀬康之
身長 178cm
体重 72kg
出典 史実
地域 日本
属性 中立・中庸
隠し属性
性別 男性
デザイン 経験値
pako(FGO)
レア度 ☆4
テンプレートを表示

概要

騎兵」のサーヴァント

略歴
Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚』では、アサシンに襲撃された桜セイバーを手助けする形で登場。
抑止力として呼び出された自身の使命を全うし、最悪の事態を回避すべく魔人アーチャーに戦いを挑む。初戦は「お竜」の猛攻によりアーチャーを圧倒するが、彼女のスキルによって逆転を許し撤退した。切り札の宝具「天駆ける竜が如く」を開放した決戦でも「第六天魔王波旬」を使用した魔人アーチャーの前に敗北。自分の本当の狙いは魔人アーチャーではなかったことを告げ、万が一の事態への対処を魔人アーチャーに託して消滅した。
性格
帝国海軍の軍服を着た青年。傍らには常に謎の美女「お竜」が付き添っている。
正体を隠す為か、普段は流暢な標準語で喋る。ただし緊迫した場面や全力を出して戦う時などでは、出身地の方言である土佐弁に戻ってしまう模様。
少しとぼけた雰囲気ではあるが気さくで話しやすい性格で、根っからのお人好し。生前はそれが長じて近所の友達の為から始まり、遂には日本国全ての為にその身を投げ出す事になった。
能力
竜に変貌するEX宝具を持っており、ライダーというクラス名の通り解放した宝具に騎乗して戦うほか、史実通りに愛刀の陸奥守吉行とS&Wのリボルバー拳銃も使いこなす。
『帝都聖杯奇譚』ではキャスターに対する抑止力として聖杯から直接召喚されているため、通常なら弱点になるマスターは存在しない。

ステータス

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
ライダー 無し C C B C A- EX 対魔力:C
騎乗:A+
船中八策:A
維新の英雄:A
主人公 (Grand Order) C C B C A- EX 対魔力:C
騎乗:A+
カリスマ:C+
船中八策:A
維新の英雄:A
神性:B- 怪力:A
暴走:B
お竜さんのスキル。

宝具

天駆ける竜が如く(あまかけるりゅうがごとく)
ランク:EX
種別:対軍宝具
レンジ:2~50
最大捕捉:500人
普段は「お竜」の名を持つ黒髪の女性の姿をしているが真名開放によって巨大な竜に変貌する自律系人型宝具。
人間と竜の二つの形態を持ち、人間形態でも纏った神秘と物理攻撃力は相当なもので、人の姿でもアサシンの斬撃を素手で受け止める、魔人アーチャーの射撃をものともしない上に地面を一撃で砕くなど、サーヴァントと互角に渡り合うほどの怪力と戦闘力を有している。
真名解放時の竜形態では正に古の竜が如き威容を現し、圧倒的なまでの力を揮う。神代の圧倒的な神秘を纏い圧倒的な力を発揮し、通常の攻撃手段では傷付ける事すら困難。
しかし竜であるが故に「神秘」を有しており、「神秘」持ちに対して優位なスキル「天下布武」を持つ魔人アーチャーは人型竜型を問わず天敵。また、魔人アーチャーの一撃を首元の逆鱗に叩き込まれた事でバーサーカーの如き咆哮を上げながら暴走している。
存在が不完全なため「竜への変形は一度の召喚に付き一回きり」という制約があり、発動後も「世界に対する不完全さ故に長くは持たず、いずれ消滅してしまう」という強烈なデメリットが有る。
ランクがEXなのも「強さではなく判断不能」という意味で付けられたもの。また竜に近くはあるものの、厳密には竜とは異なる存在であり「竜種一歩手前の蛟などの物の怪の類」らしい。
真名解放では毎回、龍馬が抜刀しているが、条件になっているのかは定かでない。『帝都聖杯奇譚』では手ぶらからわざわざ陸奥守吉行を喚び出しているが、刀自体は宝具ではないとも言われている。

真名:坂本龍馬

維新の英雄、坂本龍馬。土佐藩(高知県)の下級武家の出身。
薩長同盟の立役者であり、海援隊の設立、大政奉還の成立に尽力し明治維新に大きく貢献した志士の一人。
才谷梅太郎などの偽名も使っていた。
同じ維新志士ではあったが、薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通、元土佐藩出身の友人で後に龍馬と共に暗殺された中岡慎太郎ら武力討幕路線とは異なり、大政奉還を受け入れた徳川慶喜を諸侯会議に加えるなどの穏健な方法で新政府に移行する構想を持っていた。
大政奉還後の慶応3年11月15日(1867年12月10日)に京都河原町近江屋井口新助邸にて暗殺され落命。享年31才。この際、龍馬だけでなく中岡慎太郎と、龍馬の用心棒であった山田藤吉も暗殺されている。
竜馬の口癖である「~ぜよ」という語尾は土佐弁ではなく下級武家が好んで使っていた傾奇言葉で(「~だぜ」の幕末版と考えれば分かりやすい)、本来の土佐弁は京坂弁と博多弁が融合したもの。

登場作品と役柄

Fateシリーズ

Fate/Grand Order
「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚-極東魔神戦線1945-」開催に伴い実装。イベント報酬。

その他

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚‎
2人目のセイバーとして登場……したのはアサシンの変装で、本人は後にライダーとして登場。
ちびちゅき!
教師役。すぐにサボる生徒役の以蔵に手を焼いている模様。

人間関係

帝都聖杯奇譚

アサシン
自身を騙ったサーヴァント。生前付き合いがあり、彼の恨みを買っている。
魔人アーチャー
敵対するサーヴァントの一人であり、最大のライバル。彼女に対する抑止力として召喚され、この2人の戦いが大一番になった。
彼女に切り札の宝具「第六天魔王波旬」を使わせた挙句敗北するも、敗れた際に黒幕の存在に気が付いたのか「お前じゃない」との言葉を残した。

Fate/Grand Order

フランシス・ドレイク
世界一周航を成し遂げた伝説の船乗りとして興味津々なようで所持時のマイルームトークにてドレイクの船に乗りたいと言っている。

生前

お竜
生前に若気の至りで「とある山」に縫い付けられていた封印の鉾を抜いた事で解放された竜種。以降は彼が死ぬまで付き従ったという。
サーヴァントになってからも共に在り、悪口に辟易しながらも大切に思っている。
楢崎龍
史実における妻。一般には「おりょう」の名前で知られている。
上記の「お竜」とは別人。現時点では沖田やちゃりん娘に言及されている以上のことは不明のため、TYPE-MOON世界において存在しているかどうかは分かっていない。
乙女
姉。
史実では身長5尺8寸(約174cm)、体重30貫(約112kg)というとんでもなく大柄な女性だったらしいが、以蔵の発言からするとこちらでも同じようである。
勝海舟
唯一臣従した相手。当初は中岡慎太郎と共謀して斬るつもりだったが、彼の度量に心服して弟子入りした。
中岡慎太郎
同郷の志士で親友。近江屋で共に殺害された。
武市半平太
土佐勤王党を率いていた攘夷派の志士。当初の同士だったが、過激な思想に付いていけず袂を分かつ。
岩崎彌太郎
現在まで続く三菱グループの創設者。いろは丸事件の解決に尽力した。
西郷隆盛
薩摩藩士。世に広く「維新の三傑」と呼ばれる者の一人。
神戸海軍操練所が閉鎖に追い込まれた際、勝海舟からの依頼で庇護を頼まれた際に知り合い、この時の交友が後の薩長同盟締結に活かされたという。
佐久間象山
幕末最大の思想家・兵学者。彼が開いた私塾で兵学や洋学を学んだ。

名台詞

Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚

「久しぶりじゃのう 『以蔵さん』」
第6話にて、スキル「病弱」が発動した桜セイバーを倒そうとするアサシンの刃をお竜さんが素手で受け止めた際の台詞。
アサシンは坂本龍馬を自称していたが、龍馬本人が現れた事で真名がバレた。
「なに たまにはイイトコみせんと… あいそ つかされるがよ」
第10話にて、スキル「天下布武」を発動した魔人アーチャーの火縄銃で負傷したお竜さんを庇い、盾となった際の言葉。
天逆鉾あまさかほこわれし 国津の大蛇オロチ――『天駆ける竜が如くあまかけるりゅうがごとく』」
宝具解放。時代という名の竜に乗る騎兵。
「違う…ノブナガ… お前じゃ――ない……」
魔人アーチャーとの決着後、倒れながら残した謎の言葉。
その言葉の意味は、桜セイバーと魔人アーチャーの戦いの決着後において知る事となる。

メモ

  • 坂本龍馬と竜には名前以外には直接の関連はない。宝具は「九州旅行した際に現地にあった天沼矛を引っこ抜いた」という逸話を、それによって竜を解き放ったと解釈したもの。
    • 元々「龍馬」という名は彼の母が出産の前に「己が腹に龍と馬が入っていった」夢を見たことに由来する。当時土佐では馬と付く名が流行っていたとも。
  • 神秘の塊である竜の宝具と、ライダークラスの持つ騎乗スキルのおかげで、魔人アーチャーとの相性は最悪に近い。
    • 後の展開から考えると、実際はキャスターと彼の企てる計画に対する抑止力として召喚された可能性が高い。「お前じゃない」という言葉も、魔人アーチャーとの相性の悪さに気づいたライダーが、本来戦うべき相手が別に存在していたことを悟ったための発言と捉えることができる。
  • 戦闘では拳銃と刀を使う……筈がお竜さんにお株を奪われている。設定は『コハエースGO』第9話の人物紹介(コンプティーク2016年3月号、単行本未収録)からあったが、お披露目は『Fate/Grand Order』まで待つことになった。
  • 実家の兄に頼み込んで送ってもらった家宝の陸奥守吉行の他にも、埋忠明寿や備前兼光(無銘)などの様々な差料を愛用していたと伝わる。吉行の刀が代表的な愛刀とされるのはやはり、暗殺事件の時に所持しており人生の最期に共にあったというエピソードゆえと思われる。なお、この吉行は後に坂本家子孫へと相続されたが、大正2年、移住した先の釧路で起きた大火の際に焼けてしまい、龍馬の手にあった時の拵を焼失したほか火災の熱で刀の反りが無くなる、再刃(焼けた刀を打ち直すこと)の際に吉行独特の刃紋が消えるなど、すっかり面影を失ってしまうこととなった。現在は京都国立博物館に収蔵されている。
    • ちなみに土佐から脱藩するときに差していた肥前忠広は武市半平太に譲渡した後、武市の手から岡田以蔵に渡ったという。
      • ただし、サーヴァントの岡田以蔵が使うのはよく切れるだけの無銘の刀。『お〜い! 竜馬』で刀の名を聞かれて答えられず、名前がどうでも切れれば良いと虚勢を張ったことへのオマージュか。
  • 海軍服は『コハエースGO』第8話の人物紹介(コンプティーク2016年2月号、単行本未収録)によると「生前のコネ」。

話題まとめ

クラス適性
作中では「ライダー」のクラスで召喚されているが、近代的企業の先駆けである、海上運輸会社と民間軍事企業の両面を兼ね備えた「海援隊」の設立者として有名。
ちなみに「海援隊」の前身である「亀山社中」時代には第二次長州征伐で海戦も経験している。また日露戦争二日前明治37年2月6日、明治皇后妃美子様の夢枕に龍馬が立ち、海軍軍人の守護を誓ったという。
直接海戦に関わった逸話は少ないものの、船に関わる逸話は多いので「ライダー」のクラスでもおかしくなく、先の夢枕の伝承が付加されるかもしれない。
史実における龍馬は二挺の銃を愛用しており、一つ目は「S&Wモデル2アーミー」の 33口径6連発であり、これは高杉晋作から贈られたもので、寺田屋事件で襲撃を受けた際にこの銃を使ったという。
しかし斬り合いの混乱でこの銃は紛失し、後に買い求めたのが「S&Wモデル1/2」の 32口径5連発。これは妻である楢崎龍と共に1丁ずつ所持し、薩摩滞在時はこれで狩猟などを楽しんだという。拳銃で遠距離狙撃を行うのは相当な技量を必要とされるため、銃の扱いはかなり練達していたらしく「アーチャー」クラスの適性もあるものと思われる。
黒船来航以降、各藩の動向を探っていた土佐藩の意向で各地で情報収集を行っていた云わばスパイの一人であった時期もあるため「アサシン」クラスの適正もあるかもしれない。
ただ、この銃は近江事件の時も携帯していたが、発砲する暇もなく龍馬は殺害されている。
「北辰一刀流免許皆伝」を持っているが、実は北辰一刀流には剣術と共に薙刀術もある。龍馬はむしろ後者の方に秀でており、免許皆伝も薙刀の方に与えられたものであった…いう説が有力となっている。その場合、「ランサー」クラスの適性がある事になる。
なお明治43年8月に書かれた遺品目録には「北辰一刀流兵法皆伝」「北辰一刀流兵法箇条目録」「北辰一刀流長刀兵法皆伝」が確認できるが、昭和4年の遺品目録には「千葉周作ヨリ受ケタル皆伝目録ハ全部焼失セリ 於釧路市」と書かれており、剣術の皆伝書は大正2年に釧路で起きた火災で陸奥守吉行と共に被災し焼失したと見られる。長刀(薙刀)の皆伝書は現存する。
知名度
坂本龍馬の知名度は幾度かの龍馬ブームによって一般大衆の認識と忘却を繰り返している。
維新後、明治16年に坂崎紫瀾が執筆した「汗血千里の駒」によって一つ目のブームが起こる。
明治23年に勝海舟がまとめた「追賛一話」によると龍馬が行った事業は広く世に知られているという記述がある。そのことから明治23年には坂本龍馬はすでに有名であったことが分かる。
次のブームは上述されている日露戦争時での、皇后陛下の夢枕に坂本龍馬が立ち日本の勝利を告げた件である。この件から坂本龍馬は海軍の神様としても有名となった。
その次は大正デモクラシーの時である。龍馬が考案した船中八策の第2条目がデモクラシーの先駆けと考えられたからである。このことが龍馬を平和的革命者であるというイメージを定着させたのだ。
昭和3年に桂浜で龍馬の銅像が建立された際には、その除幕式に陸海軍の兵士が参列し、沖には駆逐艦が碇泊した。この銅像は第二次世界大戦中に県下の銅像の殆どが供出された際にも、天皇陛下のために働いた人物であるからと供出はされなかった。
戦後は司馬遼太郎の「龍馬がゆく」がベストセラーになったことがきっかけで再度有名となり、現代の龍馬像に大きく影響を与えた。
遺された謎
龍馬の死因は「暗殺」で、慶応3年11月15日(1867年12月10日)に京都河原町近江屋で中岡慎太郎を迎えていた際に、押し入ってきた何者かに斬殺されている。当初は新選組の関与が強く疑われ、新選組に所属していた大石鍬次郎が捕縛された際に龍馬暗殺を自白するが、後に撤回している。海援隊隊士たちは紀州藩による「いろは丸事件」の報復を疑い、両者の間で事件が起きている。
箱館戦争で捕虜になった元見廻組の今井信郎の与頭・佐々木只三郎とその部下6人が坂本龍馬を殺害したとされ、佐々木の兄で会津藩公用人であった手代木直右衛門が、京都守護職・松平容保(会津藩主)の命で佐々木に実行させたことが通説となっている。他にも、新選組犯行説、薩摩藩陰謀説、紀州藩士報復説、外国陰謀説まで様々な異説が生まれ、未だ議論が続いている。

脚注

注釈


出典


リンク