尼里ミサオ

提供: TYPE-MOON Wiki
2019年4月22日 (月) 10:45時点におけるDr.eXtreme (トーク | 投稿記録)による版 (メモ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search
尼里ミサオ
読み あまり みさお
本名 尼里操
声優 今村彩夏
初登場作品 Fate/EXTRA Last Encore
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/EXTRA Last Encore』における1000年前の聖杯戦争に参加していたウィザードの一人。

略歴
Fate/EXTRA Last Encore』の一話にて、間桐シンジの彼女としてまさかの登場。以降は本編にはあまり絡まず、回想シーンや特典ドラマCDで登場するのみとなる。
予選ではシンジやハクノたちよりも早く記憶を取り戻していたが、本選で使える駒を増やすために予選で留まっていた[注 1]。ムーンセルが狂う前は自分より弱い対戦者のマスターと友好的に接し、アリーナで不意打ちをしかけて勝ち上っていく[注 2]
天輪聖王(チャクラ・ヴァルティン)によって崩壊し始めた後は他のマスターたちと第三階層に留まっていたが[注 3]『名無しの怪物』と遭遇。なんとか逃げ延び、上層へ登ることを諦めて下層へ降りることを余儀なくされる[注 4]
第一階層へ降りた尼里はシンジがフロアマスターとして街を作っていたことに驚くも、マスターたちの交渉役や補佐などを務める秘書となった。
しかしシンジが計画したプロジェクトは全て上手くいかずに全面凍結。完全に停滞した街でレジスタンス対策含め娯楽目的に少女治安部隊を提案。シンジは意味があるのかと問いかけながらも承認。都市運営も行政長官――市長代理として全て尼里に任されることになり、実質第一階層の実権を握る。
そして数百年後、新規マスターとして岸浪ハクノが第一階層へ来訪。都市の市民登録をしなかったことで狂化されたサーヴァントや少女治安部隊で消そうとするもリンの加勢によって逃げられ、ハクノを敵対行動を取ったマスターとしてシンジへ報告。
タワー強襲の際はリンがハクノたちを送り出し、離脱しようとしたところを狂化サーヴァントとヴァナルガンドを使役して立ち塞がる。ヴァナルガンドの最後の鎖を解放し、自分を喰わせて一体化。互角の勝負を繰り広げるもデミ・サーヴァント化したリンに倒される。
最期はリンに止めを刺され、停滞の海で消滅していった。
人物
本名は尼里操(ミサオ)。ピンク色の髪をしており、ふくよかなスタイルの女の子。
穏やかな笑顔で周囲を取りまとめる性格と生まれついての委員長属性。秀才ではあるが、自分を主張せず、常に一歩引いて他人を立てていた。
―――だがそれは表面上のものであり、本心は才能のありなしで人間は管理されるべき、という差別主義者。
『アマリ』という姓名が『余り者』ともとれるため、コンプレックスになっていた。
実際、彼女の母親はエリートコースに進みながらも相手に恵まれずに権力者とのたわむれでミサオと妹を生んだ。
母親は愛人の枠を超える事なく消耗品として若さと精神を磨り減らしていった。
妹は人間として誰からも好かれる善人ではあったが、人間としての性能は凡人以下であった。
「母親と妹が余りものなら自分も余りものになるのでは」という強迫観念から病的な才能至上主義となってしまった。
能力的にはエリートである自分へのプライドが高いが、『どんな手段を使っても生き残る』という自分の半生に対してより強いプライドを持っている。
能力
ウィザードではあるが、実力の程は不明。上記の性格と考え合わせると、そこまで高い実力は持ち合わせていないものと思われる。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/EXTRA Last Encore
第一話でオリジナルキャラとして登場するも、以降は回想シーンに登場するきりで、直接の出番はなかった。
後にドラマCD『あまり者の聖杯戦争』でメインとして登場することに。

人間関係[編集]

Fate/EXTRA Last Encore[編集]

ヴァナルガンド
召喚したライダーのサーヴァント。
間桐シンジ
予選でシンジの恋人としてのポジションを当てはめられる。
マスターとしては強いが、人間としては扱いやすい駒として認識していた。
予選最終審査では友人を殺すようにシンジを唆す。
本選では別々で一回戦を勝つも、シンジは第一階層に残り別れる。
再び第一階層に戻ってシンジと再会し、シンジが作った街で秘書として働くことに。
シンジのライダー
尼里の虚勢を見抜いたうえで「それが面白い」と思っている。
尼里本人は見下されていると思っており、苦手意識を持っている。
パパルパム・ミュートリン
1000年前の聖杯戦争、一回戦で戦った対戦相手。
海洋都市ケープで再会し、少女治安部隊に配属されてからはリンという愛称で呼んでいた。
遠坂リン
第三階層にて決闘を持ちかけるものの、すげなく断られてしまった。
第一階層ではハクノたちをシンジの元へ送り出した後、離脱しようとしたところで交戦するも敗北。
リンという名前が友人のミュートリンと被っているため気に入らなかったとのこと。
ありす
他のマスターたちと第三階層で留まっているところに怪物となった彼女と遭遇するも何とか逃げ延びた。
フェルグス・マック・ロイダレイオス三世レオニダス一世
他のマスターから譲り受けたサーヴァント。本来なら都市運営のリソースに回す所だが、「使えるから」という理由で狂化させて戦力にしている。
尼里の妹 尼里の母親
月へ登るために売り払い、その見返りでムーンセルとのアクセス権を獲得した。
ハクノB(仮名)
聖杯戦争三回戦目の決戦を前に自分の事を語った。
岸浪ハクノではなく、まったく関係のないマスター。
視聴者にミスリードを誘うために演出としてハクノと同じ姿になっている。

名台詞[編集]

Fate/EXTRA Last Encore[編集]

「いちばん殺しやすい人を殺すの」
一番利用しやすい駒として彼には勝ち上がって貰わなければ困る。
そこで彼女は、確実な方法として間桐シンジを信用してる隙だらけの友人を殺すように囁きかける。
「名前、嫌いなの。『尼里』なんて『余り者』よ。日本語ならそうとも取れる。そんな風に馬鹿にされたくなかった……母さんみたいに、なりたくなかった。エリートコースに乗り切れず、権力者の戯れで私を産んで……」
「余り者、笑い者、私は嫌! 絶対嫌! 笑われるのじゃなく……笑う側に、回りたかった」
第6話にて、聖杯戦争三回戦目の決戦を前にした過去の映像。
精神的に弱り、地上での自分のトラウマ、彼女が聖杯戦争で上を目指す動機をハクノBへ吐露する[注 5]
この時のミサオはワインを飲んで酔っ払っており、周囲には既に大量の酒瓶が転がっていた。
「なんでもやったわ。私は天才じゃなかったけど、勝つ手段は知っている」
「自分より強いヤツを倒すには、自分より弱いヤツを利用するのよ」
「現実もSE.RA.PHも同じ。予選でも一回戦でも二回戦でも、私はまず周りを観察して、自分より弱い人を見つけて、利用した」
ハクノ「シンジとはお似合いに見えたよ」
「冗談でしょ?……笑っちゃうわよね。私、天才じゃないけど、それなりに優秀だって信じていたのよ。でも、ここまで上がってきて、周りを見て、泣きたくなった。だってただの一人も私より弱い人間なんていなかった」
同上。彼女が聖杯戦争で生き残るために取った戦略。しかしそれは自分より弱いものがいるという前提があってこそ成立するものだった。当然勝ち進んだ先で自分が最弱になってしまえば、その理論は破綻する。
「第三拘束神具、スレイプニール[注 6][出 1]解放。私を喰らえヴァナルガンド!黄昏の角笛―――ギャラルホルンのおとをあげろ!!」
特典ドラマCD『あまり者の聖杯戦争』より。
停滞の街は終わり、第一階層も崩れていく。
目の前にいる気に入らないレジスタンスの女を倒すため、自身の従えるサーヴァントの全てを解放する。
「でも…やっぱり……戦うのは…痛くて、怖い、かな…」
「ごめんねシンジ君。私はあなたの助けにはなれなかったけど……あなたのことは、本当に嫌いではなかったんですよ?」
同上。これまで自身を聖杯戦争を勝ち上がるズルイ女として演技を続けてきた彼女の―――死に際に発した、本当の言葉。

メモ[編集]

  • ウィザードとしての外見は上記の通り高校生女子だが、実年齢は不明。回想シーンで大量の空き瓶に囲まれて寝ていた事を考えると、既に成人女性である可能性もある。
  • 苗字に含まれる「」の字、どこかで見たようなルックスも相まって登場時点から不穏な空気を纏うと評されていた。挙句の果てには中の人の名前にも何か仕掛けがあるのでは、と疑心暗鬼に陥った視聴者もいたとか…。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. シンジに友人を殺すように唆したのも彼女
  2. 対戦者には「一緒にアリーナをクリアして正々堂々と決戦場に行きましょう」「守って欲しい」「戦いたくない」などと言いながら出し抜いていた
  3. この時から煙草(瓶の形をした電脳ドラッグ)を好むようになった。
  4. 後に第三階層で『かつてそこにいたマスターたち』の残滓として残る。
  5. ハクノに見えるが本人ではなく別のマスター
  6. 『グレイプニール』ではなく『スレイプニール』の表記。ちなみに北欧神話において、「グレイプニル」は拘束具だが「スレイプニル」は主神オーディンが騎乗する軍馬である。

出典[編集]

  1. 「キャラクター紹介 尼里ミサオ」『Fate/EXTRA Last Encore 原案シナリオ集「Last Encore Your Score」』p.244

リンク[編集]