置換魔術

提供: TYPE-MOON Wiki
2019年3月23日 (土) 16:26時点におけるYqg44cj9Jv (トーク | 投稿記録)による版 (衍字修正)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

フラッシュ・エア。何かを何かで置き換える魔術
錬金術から派生した魔術系統だが、原理的には劣化交換にしか至れない下位の基礎魔術であり、それゆえ使い手はほとんどいない。
イメージとしては、金属のフォークを溶かしてスプーンの形の型に入れて固めてスプーンを作る、というのを途中の過程をすっ飛ばしたような感じだとか。
当然ながらスプーンとフォークを交互に置換し続けるたびに劣化が進み、最終的にはフォークともスプーンともつかない「何か」に成り果ててしまう。

大規模な置換魔術を使えば、時間流の異なる空間同士を置換して繋いで妖精郷のようなものを創造したり、街を丸ごと異なる時代のそれで置換したりできるとのことだが、さすがにそのレベルになると神霊クラスの魔術行使となってしまう。

エインズワース家[編集]

『プリズマ☆イリヤ』に登場する魔術師一族。詳細は項目参照。
彼らの魔術は置換魔術のみに特化しており、精神の在り処を肉体から人形に置き換えたり、空間の繋がりを置換することができる。
また、魔術工房の特性により

・自身を「英霊の座」にある英霊の情報と置換することで記憶・スキル・宝具・能力を行使する「英霊になる」サーヴァントカードの作成と使用
・人間の魂をぬいぐるみと置換することによる人格の入れ替えや別の人間への偽装
・空間の繋がりを置換することによる擬似的な空間転移
・死者の人格を人形と置換することによる擬似的な死者蘇生

など、超一流のレベルに達している。遠坂凛も「大魔術であれば似たことは可能だが、『対価がとても釣り合わない』『どう考えても原則を逸脱している』」と評している。

使い手[編集]

ジュリアン・エインズワース
置換魔術の応用として自身の概念置換により、ダリウス・エインズワース衛宮士郎など特定の人物に「なる」ことができる。
実際にはジュリアン自身には魔術の才能はまったくなく、下記のダリウスに概念置換されたことで、ダリウスとして置換魔術を使用している。
ダリウス・エインズワース
置換魔術によりエインズワースの歴代当主に取り付くことで擬似的な永遠の生を得ており、『破戒すべき全ての符』で概念置換を破壊されても覆らない呪いと化している。
なお、元々の彼は特殊な鉱石を黄金その他の物質に置換するだけの三流魔術師だったとか。
ザカリー・エインズワース
ダリウスに置換された自分を監視するために自分の人格の一部を人形に置換した。
アンジェリカ
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンの精神をぬいぐるみと置換して入れ替える他、戦闘においても「空間の置換」により、「射出した宝具をベクトル転移させる」「空間の上下を繋げることで宝具を無限加速して射出する」「相手の攻撃を空間転移で回避する」など置換魔術を多用している。

関連[編集]

サーヴァントカード
エインズワース家の手によって、置換魔術の理論で作られた魔術礼装
自身の概念を座の英霊の概念と置換する事で「英霊になる」アイテム。
ドールズ
エインズワース家における兵隊たち。
死者の人格を人形に置換した存在であり、擬似的な死者蘇生とも言えるが、自我に欠損や歪みが生じてしまっている。

メモ[編集]

  • 現時点で置換魔術で確認されているのは、本体が死んでも残り続ける『人格置換』、世界の修正力に抗って安定展開できる『空間置換』、城を丸ごと覆う規模の『物質置換』、体機能すら再現できる『概念置換』が挙げられている。
    • しかし人間が『概念置換』を行うのは容易ではなく、死者の人格を人形に置換した者は「記憶障害」「倫理破綻」「損傷無視の暴走」「言語機能の低下」「感情の喪失」と自我に何らかの欠陥や歪みを生じている。
  • プリズマ☆イリヤで登場した魔術だが、その後本筋にも逆輸入されたようで『Fate/Grand Order』の1.5部セイレム編にて言及されるシーンがある。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]