2月25日(月)~3月3日(日)の間、サーバメンテナンスのため、本wikiのサービスを停止します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ヘラクレス・メガロス

提供: TYPE-MOON Wiki
2018年10月21日 (日) 04:07時点におけるイルステリア (トーク | 投稿記録)による版 (リンク)
Jump to navigation Jump to search
《巨英雄ヘラクレス》ヘラクレス・メガロス
真名 ヘラクレス
初登場作品 Fate/Grand Order
隠し属性
性別 男性
テンプレートを表示

概要

亜種特異点Ⅱで登場したヘラクレス。霊基そのものが大きく変質している。

略歴
亜種特異点Ⅱ『伝承地底世界 アガルタ』にシェヘラザードの手で、人理継続保障機関フィニス・カルデアから西暦2000年のアガルタに歪曲召喚された。
召喚された後は、アガルタで神出鬼没に現れては無制御に暴れまわった。
竜宮城で停止状態で発見された際、玉手箱を使ってコロンブスと契約させられ戦力として主人公たちに使用された。
後にコロンブスが主人公たちを裏切ったため、敵対して戦闘するが敗北して消滅した。
人物
超狂化のような状態になっており、怪物性しか感じられない絶対暴走状態であるため、意思らしいものは感じられない。
能力
霊基が大きく変質したことで、出力、耐久、神性が大きく向上している。
元の英雄の力に加えバーサーカーとしての狂化補正に加え、巨大化の影響で純粋な物理干渉力も高まり、さらに普通のバーサーカー以上の絶対暴走状態、言わば超狂化のような様態になったことで怪物染みた力を発揮している。

真名:ヘラクレス・メガロス

《巨英雄ヘラクレス》ヘラクレス・メガロス
亜種特異点Ⅱ『伝承地底世界 アガルタ』にシェヘラザードの手で西暦2000年のアガルタに歪曲召喚されたことで、人理継続保障機関フィニス・カルデアヘラクレスが霊基を変質させられた姿。

登場作品と役柄

Fateシリーズ

Fate/Grand Order
亜種特異点Ⅱ『伝承地底世界 アガルタ』で登場した敵NPC。

人間関係

Fate/Grand Order

クリストファー・コロンブス
自身と契約し、使役した人物。

名台詞

メモ

脚注

注釈


出典


リンク