Fate/hollow ataraxia

提供: TYPE-MOON Wiki
2020年5月15日 (金) 18:43時点におけるIZUMOMAN (トーク | 投稿記録)による版 (→‎前作からの登場人物)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Fate/hollow ataraxia
発売日 2005年10月28日(PC版)
2014年11月27日(PS Vita版)
機種
PC版
Windows 98 / ME / 2000 / XP
PS Vita版
PlayStation Vita
開発元 ノーツ(PC版)
角川ゲームス(PS Vita版)
発売元 ノーツ(PC版)
角川ゲームス(PS Vita版)
定価 7,140円(PC版)
6,000円(PS Vita版 / 通常版)
8,000円(PS Vita版 / 限定版)
PC版
MELTY BLOOD Act Cadenza(AC)
PC版
MELTY BLOOD Act Cadenza(PS2)
テンプレートを表示
Fate/hollow ataraxia
原作 TYPE-MOON
作画 雌鳥
掲載誌 月刊少年エース
連載期間 2013年7月号 -
単行本 既刊2巻
発売元 角川書店
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/stay night』のファンディスク。

舞台は聖杯戦争が終結してから半年後の冬木市。聖杯戦争が終結しているにも関わらず、サーヴァントとマスターが全員生存しているという状況に、誰も気付かないまま繰り返される4日間を描いている。

内容はコメディ色が強く、前作では語られなかったキャラクターの一面が補完されていたりもする。

2014年にフルボイス化されたPS Vita版が発売された。

あらすじ[編集]

聖杯戦争の終焉から半年間が過ぎた。あくまでも穏やかに重ね綴られる爽秋の日々は、アンバランスを押し隠している。

在るべき感傷。もはや触れ得ぬはずの優しさ。語られることの無かった言葉。

奇妙な罠にとらわれた冬木の町に、その不条理に至らぬまま、再び現界するサーヴァントたち。

彼らの胸に残響するのは、安息か、それとも忘れ得ぬ誓いか。

死にも似た瞬きのつど、繰り返される夜と昼。

聖杯戦争は終わった。ではこの身に翳りゆく痛みは、何者との闘いの爪跡なのか。

再び運命の幕が上がる、

それは、約束の四日間―――

登場人物[編集]

今作からの登場人物[編集]

バゼット・フラガ・マクレミッツ
魔術協会から派遣された武闘派魔術師
アヴェンジャー
第八のクラス「復讐者」のサーヴァント。物語の鍵となる人物。
カレン・オルテンシア
冬木教会の司祭代行。聖職者なのが信じられない毒舌家。
蛍塚音子
大河の親友。愛称は「ネコ」。
柳洞零観
一成の兄。弟とは似ていない豪快な僧侶。
美綴実典
美綴綾子の弟。桜に想いを寄せるが……。
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
時計塔での凛のライバル。
ステンノ
ライダーの姉。
エウリュアレ
ライダーの姉。

前作からの登場人物[編集]

衛宮士郎
主人公で半人前の魔術師。終わったはずの聖杯戦争が再び始まったという情報に、市内各地を回って何が起こったのかを調べ始める。
セイバー
士郎と契約したサーヴァント。staynight時よりも健啖家っぷりが強調されている。また、アホ毛を握ると化する。
遠坂凛
魔術師の家系「遠坂家」の現当主で本人も魔術師。連絡を受け、倫敦留学から舞い戻り……。
間桐桜
間桐慎二の妹。いつの間にか間桐家の実権すべてを掌握していたり、体重計を恐れたり。
アーチャー
凛と契約していたサーヴァント。真実を探るものの一人。……釣りとかしてたりもするけど。
ライダー
桜と契約しているサーヴァント。様々なコンプレックスが暴露される。
ランサー
ザ・サバイバー。本当にどこにでもいる。
ギルガメッシュ
子ギル化。オニューのダサ私服解禁☆
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
メイドと一緒に愛車に乗って、爆走してきます。
セラ
イリヤのメイド。
リーゼリット
イリヤのメイド。
葛木宗一郎
穂群原学園の教師にして、キャスターのマスター
キャスター
若奥様。
アサシン
お地蔵さん。三枝由紀香といい雰囲気。
間桐慎二
士郎の同級生で数年来の友人。もう真っ白(灰になった的な意味で)
柳洞一成
士郎の同級生で友人。女狐に苦しむ。
後藤劾以
士郎の同級生で友人。
美綴綾子
凛の同級生で友人。乙女全開。
氷室鐘
陸上部三人娘の一人。氷室恋愛探偵。
蒔寺楓
陸上部三人娘の一人。はっちゃけすぎ。
三枝由紀香
陸上部三人娘の一人。地味にサーヴァントキラー。
藤村大河
士郎達が通う学園の英語教師。相変わらず食いますよ?

用語[編集]

聖杯戦争
万物の願いをかなえる「聖杯」を奪い合う争い。冬木市を舞台に行われる。
マスター
聖杯戦争の参加者。聖杯の助けでサーヴァントを召喚し、従える。
サーヴァント
過去・現在・未来に存在する英雄の魂が聖杯の助けによりマスターに召喚された存在。
冬木市
前作に引き続き舞台となる。今回は戦場としてだけではなく、日常を謳歌する場所として町の魅力を存分に見せてくれる。

ミニゲーム&おまけ[編集]

トラぶる花札道中記
花札。ストーリーモードあり。後に配布パッチによりバージョンアップが可能となった。
Vita版では封入特典として実装されているが、Fate/stay night [Realta Nua]の封入特典と同一の内容となっている。
風雲イリヤ城 〜とつげきアインツベルン〜
いわゆるヘタレ絵のサーヴァントを操作して難関を突破していくアクションゲーム。
タイトルや個々のゲーム内容は往年の人気テレビ番組のパロディー。
TYPE-MOONのHPから、スマートフォン用アプリとして発売中。
Vita版ではフルボイス化されている。
開運 遠坂神社
御神籤と絵馬が購入できる。
Wall Paper
壁紙ギャラリー。24種。
カプセルさーばんと
Vita版のミニゲーム。対戦型のタワーディフェンスゲームで、少年シロウと少女リンが街の平和を守るために様々なマスターと多数のさーばんとを率いて戦っていく。フルボイスで、48騎のさーばんとが登場。

スタッフ[編集]

  • 原画:武内崇
  • シナリオ:奈須きのこ、阿羅本景、森崎亮人、星空めてお※
  • プログラム:清兵衛
  • スクリプト:つくりものじ
  • グラフィック:こやまひろかず、BLACK、蒼月誉雄、moriya
  • サウンド:KATE & NUMBER201

※スタッフロールには記載されていない。『Girls' Work』発表を強調する目的で伏せてあった。(タイプムーンエースVol.6 p.40)

主題歌[編集]

PC版
オープニングテーマ
「アタラクシア」
作詞:奈須きのこ / 作曲:KATE / 編曲:James Harris / 歌:rhu(from "Colorvariation")
テーマソング
「hollow」
作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 編曲:James Harris / 歌:rhu(from "Colorvariation")
エンディングテーマ
「僕たちの未来」
作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 編曲:NUMBER 201 / 歌:rhu(from "Colorvariation")
PS Vita版
オープニングテーマ
「broKen NIGHT」
作詞:aimerrhythm / 作曲:浅見武男 / 編曲:玉井健二、大西省吾 / 歌:Aimer
挿入歌
「holLow wORlD」
作詞:aimerrhythm / 作曲:岡本剛、玉井健二 / 編曲:玉井健二、大西省吾 / 歌:Aimer
エンディングテーマ
「Open The Doors」
作詞:芳賀敬太 / 作曲:KATE / 訳詞:深野香 / 編曲:玉井健二、大西省吾 / 歌:Aimer
上記の「僕たちの未来」の英訳アレンジ。アップデートにて追加された。

雑誌付録ドラマCD[編集]

あるいは怪物という名の食卓
月刊コンプティーク2014年8月号付録。
シナリオ:磨伸映一郎
ノーマネーノーライフ バゼット=サン
月刊コンプティーク2015年1月号付録。
シナリオ:ACPI

メモ[編集]

hollowの状況は原作Fate/stay nightのどのルートにも該当しない。各ルートの最終結果が混ぜ合わさったような状態。当然それでは矛盾を内包するわけだが、その矛盾について登場人物達は気づいていなかったり、考えないようにしていたり、気づいているが無視していたりする。

各ルートそれぞれで死亡している登場人物も「生存の可能性」が他(Fate/stay nightで語られるものとは限らない別の可能性も含めて)にある限りはこの四日間に登場する資格を持つ。根本的な矛盾は抱えたままだが、表面的に多少は整合性を持たせるための「初期設定」が設定されている。

  • 奈須きのこ氏の発言ほか より類推。
1. 士郎は令呪を2回行使し、最後の令呪を残している。
2. 聖杯は凛の令呪でセイバーが破壊した事になっている。
3. 桜の正体が士郎に知られている。他にも聖杯戦争中秘匿されていたそれぞれのサーヴァントとマスターの関係、ギルガメッシュの存在などは、関係者全員に公開された状態になっている。
4. 凛と士郎の師弟関係は継続中。
5. 凛はアーチャーと「聖杯戦争後」に契約破棄。
6. アーチャーの正体が知られている。
7. ライダーとセイバーは宝具同士で激突し、セイバーが勝利した。
8. 言峰綺礼は確実に死亡。登場せず。

2.補足=よってセイバーのマスター権は一時的に凛に委譲され、その後再び士郎に戻されている
8.補足=彼が聖杯戦争で生存する可能性は、どのような結末であれ存在しない。少なくとも、Fate/hollow ataraxiaが引き起こされる可能性を持った次元においては。

葛木はギルガメッシュと対決して死亡し、この際キャスターは生存する(ただし、キャスターも死亡している可能性がある)という結末を垣間見るシーンがある。葛木がFate/hollow ataraxiaに登場していることからもわかる通り、可能性の一つであってもこれが「初期設定」に含まれるかどうかは不明。

商品情報[編集]

ゲーム(PC)CERO Z

PS Vita版

CD

コミックス

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]