MELTY BLOOD Re・ACT

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
  • 発売日:2004年5月(月詠宴)
  • 機種:Windows 95/98
  • 開発:渡辺製作所・TYPE-MOON
  • 発売:渡辺製作所

MELTY BLOOD Re・ACT[編集]

MELTY BLOOD』の追加ディスク。2004年5月に行われたTYPE-MOON作品限定同人誌即売会「月詠宴」にて頒布された。

無印からは新規にキャラクターが追加されているほか、『MELTY BLOOD』の後日談となるアーケードモードが追加された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

『Re・ACT』からの追加キャラクターのみ記載。前作からの続投キャラについては「MELTY BLOOD」を参照。

弓塚さつき
元・志貴のクラスメイトで、吸血鬼。
無印では原作通り既に死亡している設定だったが、本作からは「死徒になってしまったさつきが人を殺すことなく生きていたら」という「if」の設定となっている。
レン
アルクェイドの使い魔で、夢を操る夢魔。
第七聖典装備シエル
CPU専用キャラクター。第七聖典を常に装備している。
ネコアルク
CPU専用キャラクター。アルクェイドに似た謎のナマモノ。
白レン
アーケードモードのボス。タタリの残滓がレンの姿を模したもの。
蒼崎青子
アーケードモードのラスボス。志貴の「先生」で、魔法使いの一人。

用語[編集]

白猫と黒猫の噂
タタリ事件終結後に流れた噂。『Re・ACT』のメインストーリーとなる噂。
眠る前に鈴の音が聞こえると、自分に殺される夢を見る。黒い猫が現れたら戻って来れるが、白い猫が現れたら戻ってこられない。そして、どちらでもない猫を見たならば眠りから覚めることはない。

関連項目[編集]