空の境界

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

空の境界 the Garden of sinners[編集]

奈須きのこの処女長編小説。
世界の根源に通じるという「直死の魔眼」を持つ少女・両儀式と、彼女を狙う魔術師荒耶宗蓮の戦いを描く。

1998年、「竹箒」サイト上でのWeb公開が初出。同人PCゲームソフト『月姫』と世界観を共有しており、同ソフトの爆発的ヒットに伴って脚光を浴びる。

当初その完結編はごく少部数のコピー誌として領布されたため、再版を望む声が相次いだ。
2001年、コミックマーケット61を皮切りに異例の3千部という規模で再版されるもすぐに完売、増刷に次ぐ増刷を重ねたと言われる。

2004年、講談社ノベルスにて商業出版が行われ、その際「限定愛蔵版」なる箱入り豪華装丁限定版も同時発売、熱心なファンによる予約争奪戦が行われた。

星海社のWEBサイト「最前線」にて、ウェブコミックが連載中。作画は天空すふぃあ。

その世界観や登場人物は、以降のTYPE-MOONの作品に大きく影響していく。

登場人物[編集]

両儀式
本作の主役。
事故により二年間の意識不明状態を経た後に回復。それ以来「死」を見る「直死の魔眼」を持つようになる。
和服姿に赤いジャケットがトレードマークなアンニュイ少女。
黒桐幹也
式の高校時代からのクラスメイト。その関係は彼女の入院後も続いている。
「普通」「一般」を形にしたような人。その名前により式から「コクトー」と呼ばれることがたまにある。
蒼崎橙子
表の顔は建築士と人形作家。廃ビルを事務所兼住まいにしている世捨て人のような人。
その素顔は人形専門の魔術師、人形師である。眼鏡をかける、かけないで性格をスイッチする。
黒桐鮮花
幹也の妹。橙子の弟子。ブラコン。
「禁忌」に惹かれ、兄に想いを寄せている。式いわく「ヘンタイ」とか。
巫条霧絵
接触する三人のうちの一人。「死に依存して浮遊する二重身体者」。
浅上藤乃
接触する三人のうちの一人。「死に接触して快楽する存在不適合者」。
白純里緒
接触する三人のうちの一人。「死に逃避して自我する起源覚醒者」。
臙条巴
家出少年。式のアパートに転がり込む。
黄路美沙夜
礼園女学院生徒。鮮花の先輩。
玄霧皐月
礼園女学院教師。
荒耶宗蓮
死を蒐集することで、根源へといたることを目的にしている魔術師。
コルネリウス・アルバ
赤いコートにシルクハット姿な魔術師。橙子や荒耶の学友であったらしい。
両儀要
式の兄。引きこもり。
硯木秋隆
両儀家の執事。
秋巳大輔
黒桐兄妹の従兄。刑事。
宮月理々栖
礼園女学院生徒。詳しくは劇場版空の境界『未来福音 extra chorus』にて

用語[編集]

直死の魔眼
目に捉えた対象の「死」を視覚化して見ることのできる眼。対象が何であろうと「死」に至らしめることができる。
空の境界
書籍タイトルにして作中章名。「そらのきょうかい」ではなく「からのきょうかい」と読む。
背表紙には仮名が振られている。

メモ[編集]

  • 通称「らっきょ」。「かきょうかい」からとられている。
  • 声優の中田譲治氏はドラマCD収録の際、わずかな台詞しかない荒耶宗蓮の役作りのため、当時同人作品だった本作を入手して読破したという。その姿勢に感激したTYPE-MOONスタッフから多大なリスペクトを受ける事になり、以降多くのTYPE-MOON作品に参加するようになった。

書誌情報[編集]

講談社ノベルス

限定版

講談社文庫

コミックス

画集

その他の商品[編集]

リンク[編集]