ゲオルク・ファウスト

提供: TYPE-MOON Wiki
2019年6月29日 (土) 15:29時点におけるイルステリア (トーク | 投稿記録)による版 (概要)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
Jump to navigation Jump to search
ゲオルク・ファウスト
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する魔術師

略歴
天才的な魔術師として活躍し、ホムンクルスの技術を数世代進めたといわれている。
ある時妙な美意識を働かせ、自我(エゴ)を非常に強くしたホムンクルスとしてメフィストフェレスを作成したが、そのせいで裏切られて殺されてしまった。
そのエピソードが元になり、ゲーテの戯曲『ファウスト』が作成されたとされている。
『Fate/Grand Order』ではメフィストフェレス幕間の物語「チクタク・バン!」に登場。亡霊として蘇り上記のことについて恨み言を述べるものの、最大限の嘲笑とともに消滅させられた。
人物
メフィストフェレス曰く「つまらない平凡な魔術師」。目的のためなら他者を犠牲にすることも厭わない、典型的な魔術師的性格。
天才的な才能を持っておりホムンクルス作成において成果を出しているものの、根源を目指すでもなく、日々の研究を惰性で行っていたと評されている。
魔術師としての名誉欲は非常に強く、魔術師として名を広く知られたいと願っていた。
能力
前述のようにホムンクルス作成においては天才的な腕を持っているが、詳細は不明である。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
メフィストフェレスの幕間の物語に登場。

人間関係[編集]

生前[編集]

メフィストフェレス
研究の一環として生み出したホムンクルス。
自我を強く作りすぎてしまったために、裏切られて殺害されてしまった。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]