魔術師

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

「根源」へ至ることを渇望し、そのための手段として魔術を用いる者。なお、根源への興味がなく、他の目的のために魔術を扱う者は「魔術使い」と呼ばれる。

魔術師とは根源への挑戦者であり、あり得ない事に挑むことが魔術という学問の本質である。しかし、根源への到達は一代程度の研究では不可能である。代を重ねて研究を子に継がせ続け、より強い魔力を持つ子孫を作り、子孫もそれを繰り返す。その道のりに果てはない。仮に辿り着ける資質を持った子孫が現れても、最後には抑止力が待っている。魔術師が最初に習うことは、「オマエがこれから学ぶことは、全てが無駄なのだ」ということだという。

魔術師たちの日常は、その大半が「研究」で占められ、それ以外で魔術を用いるものは少数派である。例えば魔術を使用して労働を行い、その代価として賃金を得ている魔術師は少ない。研究対象ではなくツールとして魔術を使う者[注 1]は単なる「魔術使い」であり、魔術師からは軽蔑の視線を向けられる。また、魔術師だからといって日常生活で魔術を使うものは少ない。日常の用を足す手段に魔術はコストが高いということもあるが、“神秘の秘匿”を重んじる魔術協会は魔術が世間に知られることを極端に戒めており、目立つ魔術の使い方をした魔術師は粛清される[出 1]

基本的に親から子へ一子相伝で自分たちの魔術と研究を受け継いでいくが、これは魔術刻印が複製できないことが大きな原因である。選ばれた後継者一人だけがその家の全ての魔術を受け継ぐことになり、このような家を「魔術師の家系」と呼ぶ。反対に後継者以外の子には親が魔術師であることすらも教えない。ただ、魔術回路は必ず遺伝するわけではなく、魔術師が子を成せないということもあり得る。その場合、魔術回路を持つ子供を養子にして家を存続させる。ただ、魔術刻印は複製は無理でも株分けは可能であり、ある程度以上の規模を持つ魔術師一族の場合は自身の家系に問題があった場合のスペアや単純に人手を増やすためなどの理由で「分家」を作る事はある。魔術の研究は己一人のものではなく、先祖が成した成果を魔術師は背負っている。ゆえに、まっとうな魔術師にとって、子に「魔術師になんてなる必要はない」と言ったり、自らその血統を絶えさせるようなことをする者は、度し難い異端なのである。なお、何代も続く古い家門を持ち、研究のための資金を維持し続けられる、という境遇の由緒正しい魔術師は、表の社会では貴族・富豪である場合が多い。

人間性に関しては一般的な価値観からかけ離れており、一般人の命には関心を持たず、目的のためなら、実験材料にすることも厭わない。このように魔術師は特有の危うさを持っており、一言で言うのならば道徳が欠けている[出 2]。例外もいるが、一般人から見た魔術師は総じて人でなしであり、オーランド・リーヴは「汚職に勤しむ悪徳政治家と大差ない」と評している[出 3]

属性[編集]

魔術師個人が持つ、その魔術師がどのような特性の魔術と相性が良いか、どのような特性を持ちやすいかを定める要素。時計塔では古代ギリシャの四大元素に、空と架空元素2つを加えた7つの属性を定めている。通常は1人に1つの属性だが、なかには2つを兼ね備えた二重属性、さらには五大元素全てを兼ね備えた「アベレージ・ワン」の魔術師も存在する。また五大元素は魔術の流派によって異なり、東洋の五行説が有名である。起源が強く出る余り、通常の分類に収まらない例も存在する[出 1]。属性の判定方法に「聖別」があり、これは香を焚き、タロット占いらしきもの、性格診断の質問を通して属性を調べるが、五大元素以外は特定できない[出 4]

五大元素
【火】生命と死の象徴とされ、破壊的な魔術との相性は良い。最も多いとされる属性。「ノーマル」と呼ばれる[出 1]
【地】詳細不明。
【水】詳細不明。間桐家が代々持つ属性[出 1]
【風】希少な属性。「ノウブル」と呼ばれる[出 1]。蒼崎家の属性[出 5]
【空】上記の四大に新たに加わった、天体を構成する第五の元素。エーテル[出 1]
【アベレージ・ワン】上記の五大元素全てを併せ持つ[出 1]
架空元素
【虚】魔術において、「ありえるが、物質界にないもの」。虚数とも呼ばれる[出 1]
【無】魔術において、「ありえないが、物質化するもの」。物理学や数学で用いられる「無」とは意味が異なる[出 1]
その他
【剣】衛宮士郎が体内に「全て遠き理想郷」を埋め込んでいたことで変化した。

特性[編集]

魔術の基本となる五大元素魔術は、五大元素を直接操るもの。そこに「強化」、「投影」、「転換」といった特性を加えることで用途を広げる。「強化」一つとっても、五大元素に応じて5種に分かれる。火属性の強化であれば火の勢いが強まるし、水属性の強化なら水の勢いが強まる。魔術が高度になると特性の方が表に出て、属性は傍目には分かりにくくなるが、それでもその根底には確かに属性が存在する[出 6]

代々の研究成果、刻印に遺された神秘により、家系ごとに専門とする特性がある。但し属性と違って後天的に習得することも無茶ではない。例として遠坂凛は遠坂家に伝わる「転換」の他に強化も使う[出 6]

衛宮士郎の「剣」と間桐桜の「虚数」は属性とも特性とも言われている[出 7]

魔術刻印[編集]

魔術師の家系が歴史とともに受け継いできた、ある意味で最大の家宝であり、最大の呪いでもある一子相伝の固定化された神秘。魔力を通すと刺青状に光る。生涯を以って鍛え上げ固定化(安定化)した神秘を、幻想種や魔術礼装の欠片、魔術刻印の一部などを核として刻印にし子孫に遺したもの。
本来、魔術刻印は何百年も醸造して作られる新しい臓器のようなもの。臓器であるがゆえ血族以外の者にはまず適合しないし他人が干渉する余地も薄い。 なお、全く鍛えられておらず歴史を持たない魔術刻印の形状は「純然たる四角形」である。[出 8]この四角形は魔術刻印の「器」であり、魔術刻印を鍛えることは、この「空の器」を埋めていくことと同義である。

魔道書でもあり、本人が習得していない魔術でも式に魔力を走らせれば行使できる。モノによっては刻印そのものにも自律意思が備わっており、持ち主の魔術に連動して独自に補助詠唱を始めたり、意識を失った状態でも自動的に蘇生魔術式を読み出したりする機能がある場合もある。

その血統の歴史全てが刻まれているといっても過言ではなく、魔術刻印を継承した魔術師は一族の無念を背負って、次の後継者に刻印を譲り渡さねばならない。ある意味、代を重ねて重みを増していく呪いと言える。

刻印を複製することはできず、魔術師の家系が一子相伝なのは、刻印を受け継ぐ者を複数にはできないため。
ただし、何代も続いた刻印を複製するのではなく、新規に魔術師となった人間がその一代の魔術を刻印として残すことは可能。継承者以外の人間が魔術師に弟子入りし、新たに自分の家を興すということはできるので、魔術師の家系には新しいものと古いものがそれぞれある。もっとも、自身と自身の家系の魔術の完成が第一目的である魔術師が弟子をとるというのは、何がしか理由があった場合のことであり、積極的に行われることではない。

古い魔術師の家がはばを利かせているのは、魔術刻印の存在が大きい。
現代における新たな魔術刻印は、ほとんどの場合有力な家系から魔術刻印のごく一部を移植してもらうことで造られており、それを株分けと呼ぶ。同じ魔術系統を戴く複数の家系による「門派」、同じ家名を持ちながら本家や分家などに複数の魔術師を擁する「一門」などは、過去にそういった株分けにより生まれていったもの。
株分けをされる魔術師にとっては幻想種や魔術礼装の欠片などの異物を埋め込むよりもずっと若い世代で魔術刻印を完成させることができるというメリットがあり、また魔術刻印を株分けする魔術師にとっては一時的に刻印に傷はつくもののそれは数ヶ月から一年程度調律師の施術を受けることで回復できる上、株分けした家からの絶大な忠誠を期待できるというメリットがある。
大元となる本家の魔術刻印は源流刻印と呼ばれる。

刻印は代を重ねる事で強化されていくが無限に強化できるわけではなく、「成長の限界」を迎えた刻印はどれだけ代を重ねても成長しない為、そのような魔術刻印を持った家系は衰退し、やがて消滅する事となる。

なお、「魔術刻印」という名称はここで述べられている「魔術師の家系が持つ遺産」につけられた固有のものではない。
「魔術」で扱われる「刻印」――何らかのモノ(人体も含む)に刻まれることで魔術的効果を発揮する文字・図形(例えば「ルーン文字」など)全般に、「魔術刻印」という名称は使用されている。

魔術組織[編集]

魔術師による団体。
著名なものに魔術協会があるが、これは西洋魔術の組織であり、他にも中東や大陸(中国)にも独自の魔術と組織がある。
日本にも魔術組織はあるが、魔術協会に組してはおらず、作品中で描かれたことはない。日本は東西の文化が入り混じる特異な場所で、日本古来の魔術ではなく西洋魔術を使う魔術師も多く生息しており、作品で描かれるのはそういった西洋魔術を学んだ魔術師達である。
また日本には実戦派法術師の組織が密かに暗躍しているらしいが、凛によればこれも西洋魔術師と相容れない性質の組織らしい。

属性一覧[編集]

属性  該当者  備考
【火】 衛宮切嗣 地と火の二重属性
ゲセルツ・トールマン
スヴィン・グラシュエート
遠坂時臣
ハイネ・イスタリ 火と水の二重属性
マグダネル・トランベリオ・エルロッド 火と風の二重属性
ルヴィアゼリッタの妹
【地】 イノライ・バリュエレータ・アトロホルム 地と風と水の三重属性
衛宮切嗣 地と火の二重属性
グレイ
ドクター・ハートレス 妖精郷を経たことで変質
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス 地と風と水の三重属性
ロード・エルメロイⅡ世
【水】 アシェアラ・ミストラス
化野菱理
イノライ・バリュエレータ・アトロホルム 地と風と水の三重属性
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト 風と水の二重属性
ハイネ・イスタリ 火と水の二重属性
ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ
ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス 地と風と水の三重属性
【風】 イノライ・バリュエレータ・アトロホルム 地と風と水の三重属性
オルロック・シザームンド
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト 風と水の二重属性
バルトメロイ・ローレライ [出 9]
フォルテ[出 5]
フリューガー
マグダネル・トランベリオ・エルロッド 火と風の二重属性
ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス 地と風と水の三重属性
【空】 フラット・エスカルドス
【アベレージ・ワン】 遠坂凛
ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス
【虚】 トリシャ・フェローズ 水属性から転向
フラウロス ライノール・グシオン
間桐桜
【無】

魔術師一覧[編集]

真性の魔術師ではない、単に魔術が使えるだけのもの、かつては魔術師であったモノも含む。

あ行[編集]

名前
アーネスト・ファーゴ
アイリスフィール〔天の衣〕
アイリスフィール・フォン・アインツベルン
アインナッシュ
アヴィケブロン
アヴィ・ディケイル
蒼崎青子
蒼崎橙子
赤城奏丈
芥ヒナコ
悪霊ガザミィ
蘆屋道満
化野菱理
アトラム・ガリアスタ
アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ
アブサラム・ウェイトリー
荒耶宗蓮
アレック・ファーゴ
アンジェリカ・エインズワース
イスロー・セブナン
伊勢三玄莉
イノライ・バリュエレータ・アトロホルム
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
ヴァン=フェム
ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス
ヴィクター・フランケンシュタイン
ウィルズ・ペラム・コドリントン
ウェイバー・ベルベット
ヴェラ・レヴィット
ヴェルナー・シザームンド
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
ヴォルフガング・ファウストゥス
エステラ・バリュエレータ・イゼルマ
エミヤ
エミヤ〔アサシン〕
衛宮切嗣
衛宮士郎
衛宮士郎 (美遊世界)
衛宮矩賢
エリザベート=バートリー〔ハロウィン〕
エルザ・西条
エレナ・ブラヴァツキー
黄路美沙夜
オーガスタス・ヘンリク・アスプルンド
オーランド・リーヴ
オッド・ボルザーク
オフェリア・ファムルソローネ
オルガマリー・アニムスフィア
オルグ・ラム
オルロック・シザームンド

か行[編集]

名前
カーシュラ
カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
カドック・ゼムルプス
キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ
キリシュタリア・ヴォーダイム
キャビィク・ペンテル
キャルグ・イスレッド
キルケー
銀狼の合成獣
クー・フーリン
クー・フーリン〔オルタ〕
クー・フーリン〔キャスター〕
クー・フーリン (Prototype)
久遠寺有珠
クラスト・レニー・ウェグナー
グラニド・アッシュボーン
グランスルグ・ブラックモア
繰丘椿
繰丘夕鶴
グルドア・ダヴェナント
クロエ・フォン・アインツベルン
玄霧皐月
グンヒルド
ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
ゲオルク・ファウスト
ゲリュオン・アッシュボーン
コーバック・アルカトラス
黒桐鮮花
言峰綺礼
言峰綺礼 (EXTRA)
言峰綺礼 (美遊世界)
ゴルド・ムジーク・ユグドミレニア
ゴルドルフ・ムジーク
コルネリウス・アルバ

さ行[編集]

名前
坂神一人
相良豹馬
ザカリー・エインズワース
沙条綾香
沙条綾香 (氷室の天地)
沙条愛歌
沙条広樹
更科洗礼名
サンクレイド・ファーン
シアリム・エルトナム・レイアトラシア
ジーク
ジーン・ラム
ジェスター・カルトゥーレ
ジェロニモ
シエル
シオン・エルトナム・アトラシア
シグマ
獅子劫界離
シャルダン
ジャンマリオ・スピネッラ
主人公 (Grand Order)
ジュリアン・エインズワース
諸葛孔明〔エルメロイⅡ世〕
ジョン・ウィンガード
シルビア
仁賀征爾
スヴィン・グラシュエート
ズェピア・エルトナム・アトラシア
スカサハ
スカサハ〔アサシン〕
須方スナオ
スカンジナビア・ペペロンチーノ
周瀬唯架
周瀬律架
殺生院キアラ
セミラミス
セラ
セレニケ・アイスコル・ユグドミレニア
ソラウ・ヌァザレ・ソフィアリ
ソロモン

た行[編集]

名前
ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
タタリ/ワラキアの夜
玉藻の前
玉藻の前〔ランサー〕
ダリウス・エインズワース
ディアドラ・バリュエレータ・イゼルマ
ティーネ・チェルク
デイビット・ゼム・ヴォイド
ディンベルグ卿
デムライト・ペンテル
遠坂時臣
遠坂永人
遠坂凛
遠坂凛 (プリズマ☆イリヤ)
時任次郎坊清玄
ドクター・ハートレス
トラフィム・オーテンロッゼ
トリシャ・フェローズ
ドリス・ルセンドラ
トレヴァー・コドリントン

な行[編集]

名前
ナイジェル・セイワード
ナジカ・ペンテル
ナタリア・カミンスキー
名も無きマスター
ニトクリス
ニトクリス〔アサシン〕
ネロ・カオス
ノーマ・グッドフェロー

は行[編集]

名前
ハイネ・イスタリ
バレイア・サイクルフィ
バイロン・バリュエレータ・イゼルマ
バズディロット・コーデリオン
バゼット・フラガ・マクレミッツ
ハリエット・フリーゼ
バルザーン
バルトメロイ・ローレライ
ハルリ・ボルザーク
久宇舞弥
ヒデヤス・アジマ
ファースト・レディ
ファルデウス・ディオランド
フィーンド・ヴォル・センベルン
フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
フェイカー (ロード・エルメロイⅡ世の事件簿)
フェズグラム・ヴォル・センベルン
フェルナンド・李
フォルテ
藤宮九十九
フラウロス
フラット・エスカルドス
ブラム・ヌァザレ・ソフィアリ
フランソワ・プレラーティ
フランチェスカ・プレラーティ
フリューガー
ブリュンヒルデ
ペメトレキス
ベリル・ガット
ヘンリー・ジキル&ハイド
ヘンリー・ジキル&ハイド〔アサシン〕

ま行[編集]

名前
マーリン
マーリン (Grand Order)
マーリン (フラグメンツ)
マイオ・ブリシサン・クライネルス
真瓦津少佐
魔術師アレキサンダー
魔術師ヴラド三世
魔術師ジーク
魔術師蘭陵王
間桐雁夜
間桐桜
間桐少佐
間桐臓硯
間桐鶴野
真鶴チトセ
マリスビリー・アニムスフィア
ミザリア・クロウラム
ミック・グラジリエ
ミハイル・ロア・バルダムヨォン
ミラー
紫式部
メアリ・リル・ファーゴ
メイ・リデル・アーシェロット
メディア
メディア・リリィ
メドゥーサ
メルヴィン・ウェインズ
モルガン

や行[編集]

名前
ユーブスタクハイト・フォン・アインツベルン
ユスティーツァ・リズライヒ・フォン・アインツベルン

ら行[編集]

名前 初登場作品
ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ Fate/Apocrypha
ラヴィニア・ウェイトリー Fate/Grand Order
ラディア・ペンテル Fate/strange Fake
ラムダ Fate/strange Fake
ランガル Fate/strange Fake
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト Fate/stay night
ルフレウス・ヌァザレ・ユリフィス ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
玲瓏館美沙夜 Fate/Prototype
レオナルド・ダ・ヴィンチ Fate/Grand Order
レフ・ライノール Fate/Grand Order
レン 歌月十夜
ローランド・ベルジンスキー Fate/strange Fake
ロザリンド・イスタリ ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
ロシェ・フレイン・ユグドミレニア Fate/Apocrypha
ロッコ・ベルフェバン Fate/Apocrypha
ロットウェル・ベルジンスキー Fate/Apocrypha
ロレンツ・トレンデル まほうつかいの箱

わ行[編集]

名前 初登場作品
ワルキューレ Fate/Grand Order
ワレッタ・コドリントン ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 例を挙げるならば、魔術を使う暗殺者。

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 「魔術師」『Fate/complete material Ⅲ』p.41
  2. 『冠位時間神殿 ソロモン』プロローグより。
  3. 「日常の被膜」『Fate/strange Fake』第4巻p.17-22
  4. 『Fate/stay night』Heaven's Feelルート九日目『写真』、『選択肢。』
  5. 5.0 5.1 「用語辞典-フォルテ」『Talk.』
  6. 6.0 6.1 「魔術の特性」『Fate/complete material Ⅲ』p.44
  7. 「奈須きのこ一問一答-サーヴァント関係」『Fate/complete material Ⅲ』p.133
  8. 三田誠Twitter2019年9月29日0時10分
  9. 「バルトメロイ・ローレライ」『Character material』p.16

リンク[編集]