宮月理々栖

提供: TYPE-MOON Wiki
2020年8月30日 (日) 16:25時点におけるOchaochaocha3 (トーク | 投稿記録)による版 (125.173.17.41 (トーク) による編集を イルステリア による直前の版へ差し戻しました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮月理々栖
読み みやづき りりす
性別 女性
声優 種田梨沙
初登場作品 未来福音
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

礼園女学院に通う生徒。

略歴
巫条霧絵の起こした騒ぎの巻き添えで親友の安藤由子が自殺してしまったことについて、自分が最後の一押しをしてしまったと気に病み、無気力に過ごしていた。
最後には彼女の後を追って自殺しようとしたところを浅上藤乃に止められ、由子が本当に伝えたかった言葉を思い出し、生きてゆくことを決意する。
人物
家庭の事情等は不明だが、それほど深い決意も無く自殺を考え、気軽に友人を誘おうとするなど若干無神経な性格。
その一方で罪悪感が強く思い詰めやすい面もあり、自分の無神経な言葉が最後の一押しをしてしまったことを悔やみ続けていた。
「この世界(みらい)を見捨てて二人で永遠になろう」と言っていたあたり、潔癖性な性分なのかもしれない。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

未来福音
『1998年10月』のストーリーにおける主人公。

人間関係[編集 | ソースを編集]

安藤由子
親友。自分の心ない言葉が彼女を自殺への最後の一押しになったことを悔やみ、後を追おうとする。
浅上藤乃
同じ学校に通う生徒。安藤由子を共通の知り合いに持つ。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 礼園女学院に通っているということは多かれ少なかれクリスチャンの家のはずだが、何故「りりす」等というクリスチャンとしては最悪な名前をつけられたのか、両親の考えを見てみたいものである。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]