巫条霧絵

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
巫条霧絵
読み ふじょう きりえ
性別 女性
年齢 二十代後半
身長 161cm
体重 40kg
声優 田中理恵(劇場版)
伊藤美紀(ドラマCD)
初登場作品 空の境界
テンプレートを表示

概要[編集]

荒耶宗蓮両儀式のために用意した3つの駒の一人。
「死に依存して浮遊する二重身体者」。

略歴
二十代後半の女性。資産家だった巫条家(月姫世界における退魔四家の一つ「巫浄」)の最後の生き残り。
自分以外のほかの家族が全員事故で死に、自身も難病に犯されていた。やがて視力を失っていく。
ある時、荒耶宗蓮と出会い視力を失う代わりにもう一つの身体を得る。黒桐幹也の魂を奪ったことで式と敵対。戦いの中で霊体を直死の魔眼により殺され、本人もその後飛び降り自殺した。
人物
病院での治る見込みのない長い闘病生活の結果疲れ果て、空にあこがれながらも外の世界を憎んでいた。
もう一つの身体を得たものの、もとより目的のなかった彼女には行くあてはなく、ただ浮遊するにとどまる。集まってきた他の浮遊者を引きずる形となり、巫条ビルでの連続飛び降り自殺事件の原因となる。
能力
簡単に言うと一種の幽体離脱。
しかし、霊体と本体とはつながっていないために霊体は独立して動きまわることができる。
また、霊体であるため他人の魂に干渉することができる。
元々は口寄せを生業とする古い呪い師の家系の末裔にあたり、能力を得る代償に視力を失うというのが家系的なものだった。霧絵の場合は逆に、視力を失うことが鍵となって能力を開花させてしまう。

登場作品と役柄[編集]

空の境界
集団自殺の元凶。巫条ビルに調査で訪れた黒桐幹也の魂を奪ったことから、式と対決することになる。
ちびちゅき!
生徒役。

人間関係[編集]

空の境界[編集]

荒耶宗蓮
魔術師。父親の友人を名乗り、身寄りのいない霧絵の入院に関する身の回りの手続きをし、ずっと経過を見守っていた。
霧絵本人は会ったことはあるがお坊さんみたいな難しい名前の人、程度の認識。
両儀式
同じ病院の入院患者だった。
黒桐幹也
入院中、ずっと誰かのお見舞いにやってきていた見知らぬ男の子。いつのまにか好意を抱いていた。
安藤由子
彼女に誘因されて飛び降り自殺した一人。

その他[編集]

藤村大河
「ちびちゅき!」にて、ビルの屋上から離れられないことを相談し、「巫条ビル」と書かれた特別製の椅子を貰った。

名台詞[編集]

空の境界[編集]

「落ちろ……落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ」
劇場版にて追加された、式と対峙した時の台詞の一つ。原作では浮遊する霧絵は「声」を発しないが、劇場版では違っている。

メモ[編集]

  • 劇場版第一章では、出番が増えている。原作で式と対峙したのは一度きりだが、劇場版では二度。その一度目の際には、浅上藤乃の件で付けた式の義手を破壊させるまでに至った。
  • Fate/Grand Orderとのコラボイベント『空の境界/the Garden of Order』にて、彼女に容貌が酷似した「ラプンツェル」という敵が登場した。彼女を取り巻く浮遊者に似た「七人御佐姫」の存在、使用するチャージ技の名前が『俯瞰風景』である点でも、彼女を連想させられる。
    復刻版ではキリエ名義でチャレンジクエストに登場した。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]