カオス

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
カオス
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
オリュンポス十二神の上位に位置する存在であり、製造元であり、元々の旗艦。
恒星を核としたダイソン球と呼ぶべき姿を持つ超巨大な時空要塞。
大元のギリシャ神話では宇宙の始まりに存在したとされる原初神であり、この宇宙そのものとも言える存在である。
大西洋異聞帯でゼウスが滅ぶ間際にケラウノスを放って時空に穴を開けたことで、こちらの世界を認識して現出。
自身の至上命題である「オリュンポス十二神艦隊の維持」のために地球そのものを破壊して船団を修復しようとしたところを宮本武蔵の一刀によって虚空、すなわちこの世界につながる孔を断たれ、彼女ごと時空の彼方へと帰っていった。
人物
オリュンポス十二神が地球で信仰されたことで感情を獲得したのとは対照的に、感情と呼べるものは皆無。
自身に定められたオーダーである「艦隊の維持」を目的として淡々と稼働する。
能力
存在規模が恒星級という反則レベルなため、行使するエネルギー量も膨大で、艦隊の一員であるアレスを反射行動であっさりと塵に帰してしまった。
艦隊を修復する為に地球そのものを破壊しようとするなど、惑星レベルであっても比べものにならない。
ただ、カオス自身は時空の狭間に位置しており、自分からは能動的に時空の隙間を開けられないため、現出する道を閉じられてしまうとそれ以上は何もできなくなってしまう。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
大西洋異聞帯の終盤で登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

オリュンポス十二神
かつて別の宇宙に送り出した船団。
母艦でありオリジナルであるカオスにとっては、彼らを維持することこそが至上命題である。
宮本武蔵
大西洋異聞帯にて、ゼウスのケラウノスで空いた穴から現れたところを、彼女の存在を賭けた一刀によって虚空を断たれ、この世界に現れることができなくなった。

名台詞[編集 | ソースを編集]

―――大主神、沈黙。
―――大主神、神核崩壊。
―――神器クロノス=クラウンの緊急停止、連動破損。
―――無限結晶との接続が解除されます。
―――大主神、真体を維持できません。
―――神核に同期した時空連続体結晶が破損します。
―――警告、警告。
―――最終的裁定機能ケラウノスの発生源より、アクセス。
―――是より、恒常的時空断層が発生します。
―――時空震にご注意ください。
登場時、神殿音声によるアナウンス。
―――臣民も文明も、不要。
―――知性も精神も、不要。
―――繁栄も滅亡も、すべて不要です。
―――原初たるカオスの再起動を確認。
―――あらゆる要素は、不要物として判断されます。
―――緊急警報。緊急警報。
―――カオス神、顕現。
―――資源の強制回収が開始されます。
―――惑星表層資源の、原初返還が実行されます。
―――星間移民航行条約に基づき、
―――未登録惑星の容積、その37%を徴収します。
―――惑星上の知的生命体は 至急 避難してください。
クロノス=クラウンの起動によって物質も概念も霊子分解される原初返還。その、とんでもなく身勝手な警告が神殿音声により一方的に告げられる。

メモ[編集 | ソースを編集]

  • ホームズ曰く、人類の歴史、総魔力量を保存していたゲーティアの光帯と同規模のエネルギーを以てしても、カオスを破壊する事はできない。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]