宮本武蔵

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
セイバー
真名 新免武蔵守藤原玄信
初登場作品 Fate/Grand Order
声優 佐倉綾音
身長 167cm
体重 56kg
出典 史実
地域 日本
属性 混沌・善
隠し属性
性別 女性
デザイン こやまひろかず
レア度 ☆5
テンプレートを表示

概要[編集]

剣士」のサーヴァント

略歴
様々な世界を彷徨う放浪者であり、以前ではアメリカにいた事が語られている。
『宮本武蔵体験クエスト』ではある世界で謎の剣士に襲撃に遭い、逃走するべく別の世界に転移する際に深手を負ってしまう。
鬼ヶ島にレイシフトした主人公と遭遇し、元の世界に戻るために鬼ヶ島の山頂を目指す。
人物
明朗快活、凛としながら瑞々しい女性剣士。常に得意満々で余裕をもっているが、相手を見下している訳ではなく、単に人生を楽しんでいるだけ。
基本的には根無し草の気楽な風来坊で、気負う事のない自然体。勝利にも名誉にもさして興味を持たない。ケンカ好きな番長気質で、丁寧さに横暴さを併せ持っている。
酒にだらしなく、タダ酒に弱い。金に目がなく、タダで宿に止まらせると聞いたときは嬉しそうな表情をしているなど、割と俗っぽい側面がある。
感情表現がやや大きい傾向であり、惚れやすく、頼られるのもほめられるのも大好きでお世辞に弱い。隠れた趣向として美少年好きであり、酒呑童子や茨木童子が見目麗しいことに「生まれる時代を間違えた」と落胆するなど、どうにも両刀使いであることを匂わせる。
一方で男女の関係は苦手であり、絆を深めると主人公に対して顔を赤くして狼狽する一面が見られる。自分が嬉しいもの=相手が嬉しいもの、と考えてしまうあたり、まだまだ恋愛は見習いレベル。
たいていの事は笑って流す大らかな性格だが、その根底にあるものは「剣の道を究める者」なので、命のやりとりに関してはかなりドライでシビアな価値観を持っており、互いの命を奪わねば立ち行かぬ場面に直面した場合は打って変わって真剣な一面を見せる。
また、『一方的な虐殺』『空腹時に食べ物を奪われる』『人の矜持、信念を自分の娯楽のために踏みにじる行為』を嫌っており、このいずれかの場面に出くわすと修羅と化す。
能力
荒々しいようで型を崩さない二刀の姿勢が特徴で、彼女と戦い、敗れた者は「鮮やかなり天元の花。その剣、無空の高みに届く」という言葉を残していた。
あらゆる状況に対応する柔軟な生存能力を有している。
保有するスキル『天眼』は「未来測定」の魔眼の亜種と言えるもの。過去に「未来測定」の魔眼を持っていたが、魔眼の奴隷と化していた者と比べると魔眼の奴隷となっているわけではないことから魔眼の使い手としては彼と比べると上位である。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
セイバー 主人公 (Grand Order) B B B E B B 対魔力:A 第五勢:A
天眼:A
無空:A

宝具[編集]

六道五輪・倶利伽羅天象(りくどうごりん・くりからてんしょう)
ランク:A
種別:対人宝具
まずは不動明王が「地水炎風」の四太刀を叩き込んだのち、武蔵本人が「空」の一刀にて斬り伏せる、五輪を体現した奥義。
倶利伽羅と言うのは不動明王の持つ剣であり、武蔵が「五輪書」を書いた霊巌洞の表にある霊巌禅寺に武蔵作と伝わる不動明王像があると言う繋がりであろう。

真名:宮本武蔵[編集]

みやもとむさし。日本史上最強の剣豪として名高い、江戸時代初期の剣術家。新免武蔵守藤原玄信とも。
武蔵が創始したとされる流派“二天一流”を身につけ、大刀と小刀を用いる“二刀流”の達人。
作州(今の岡山県美作市)大原の生まれ。1584年生。
父は竹山城主新免家に仕えた兵法指南役で、主家から新免の名を与えられ、新免無二斎を称した武芸者である。新免無二斎は十手術の道場を吉野郷宮本村に構え、武蔵はこの地を故郷としたため、後に宮本姓を名乗った。
後に成人し多くの逸話を残すが、特に20代の10年間には数々の武芸者と戦いをくり広げ、その名勝負は今もエンターテイメントの定番のひとつとして認識されている。
しかしながらその10年間の戦いのエピソードのほとんどは実状が謎で、フィクションの疑いも色濃い。
―――以上は正しい歴史に残された武蔵の記述。
この宮本武蔵は女性であり、無名の剣士。
「剪定事象」によって未来が閉ざされて滅びた世界の住人であったが、既にはじき出された彼女は帰る場所もなく生きながらにして英霊同然の存在となり多くの並行世界を彷徨っている。

関連[編集]

五輪の書
武蔵はその生涯にて至った境地、培った技法を死の直前に書としてまとめ上げた。
それは地水火風空の5巻に分かれた書で、“武蔵”というひとりの人間の集大成であった。
五輪の書は、地の巻にて二天一流の兵法としての理念とその概略を、水の巻では具体的な技法を、火の巻では戦略や戦術の次元での兵法について、風の巻では前述のように他流派の否定から成る二天一流に対する根本理解を解説している。
そして最後の空の巻には、武蔵なりの“空”に対する理解が、前述の“相対”の技法によって書き記されているという。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『宮本武蔵体験クエスト』の開催に伴い期間限定でガチャに追加。イベントガチャ限定サーヴァントであり、恒常的な入手手段は現状ない。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

謎の剣士
「宮本武蔵体験クエスト」冒頭にて彼女を襲撃した人物。
武蔵すらも追い込む剣才を有している。武蔵曰く「既に剣神に達してる」。
江戸柳生やオトメ(御留)流などの言葉から考えると、正体はおそらく「柳生但馬守宗矩」。
牛若丸
憧れを抱いているものの、少女であることに怒りの声を上げている。
ネロ・クラウディウス
武蔵の好みではないものの、「自分に近しい」と評している。
酒呑童子茨木童子
見目麗しいことに「生まれる時代を間違えた」と落胆している。
有馬喜兵衛
かつていずこかの世界で打ち倒した敵。
よくある事なので忘れていたようだが、体験クエストで思わぬ形で再会する事になる。
敗れた際、一を越え零を極めようとする武蔵にとって最高の相手とは零の反対である無限を極めた剣士であること、そして無限を極めた剣士などいるはずがないことを言い残す。
史実(伝承)では少年時代に最初に立ち会って倒した相手。
謎のヒロインX
基本的な世界軸から外れた者同士という意味で、自分と似たものを感じている。
アーサー・ペンドラゴン
対面したことは無いが、並行世界間を彷徨う漂流者という意味では同列の存在。

過去[編集]

新免無二斎
父。ただし彼女曰くろくでもない人間で、「女である」という理由で彼女を捨てたとか。
その後は彼の家の真っ正面に家を建てて住み着いたあたり、嫌ってはいても執着はある様子。
実力については「唯一無二の一」と高く評価しており、彼を越える「零」を目指す事が彼女の起源となっている。
佐々木小次郎
巌流島で決闘した剣豪。最も、Fateシリーズに登場するのは本人ではないが。
曰く「強い弱いの話じゃなく、もう空位に達してる」との事で、燕返しの境地には開眼していなかったとも思われる。

名台詞[編集]

「私、今回も天運に恵まれているわ。君みたいな可愛い――いえ、性根の清い、優しい人に起こされるなんて。」
宮本武蔵体験クエストにて。
記憶喪失の中、出会ってすぐ性的な嗜好を口にしそうになる。マイルームでも同様のことがあり、最後まで言い切らないところから恥ずかしいことだと思っているらしい。
それが剣に生きる者としてなのか、もしくは本当に世間に明かすことができないレベルのやましい嗜好なのかはわからない。
「好きなもの……そりゃあもちろん美少ね――いえ、何でも。剣! 剣の修行とか、そりゃあ、好きでしてよ?」
マイルーム会話「好きなこと」。武蔵ちゃん、いの一番に「美少年」と言いかけてるんですけど……。
「嫌いなものか……あれかな、人の矜持を自分の楽しみの為に踏みにじるヤツは論外。あと、お腹減ってる時に襲い掛かってくるヤツね!」
マイルーム会話「嫌いなこと」。マテリアルでも記してあるとおり、『人の矜持を自分の楽しみの為に踏みにじる』光景を目の当たりにすれば彼女は修羅と化す。
ちなみに彼女がお腹減っている時に襲撃するのはほぼ自殺行為に等しいだろう。
「南無天満大自在天神。仁王倶利伽羅、衝天象! 行くぞ、剣豪抜刀……伊舎那、大天象!」
宝具使用時のセリフ。「天満大自在天神」は菅原道真公が神格化された神で、武蔵は天神に帰依しており、笠覆寺東光院に武蔵自筆の御神号と肖像画が寄進されている。
「倶利伽羅」は不動明王の持つ剣。武蔵が「五輪書」を書いた霊巌洞の表にある霊巌禅寺に武蔵作と伝わる不動明王像があり、「伊舎那天」は、武蔵が一乗寺下り松の決闘を切り抜けた後に隠れ潜んだ東寺に伊舎那天像が祀られている。
武蔵が信心深い文化人でもあり、そして仏師でもあるということを端的に表したセリフと言えるかもしれない。
また、宝具自体は不動明王が倶利伽羅でもって「地水炎風」の四太刀を浴びせた後に武蔵が「空」の一刀を放つものだが、本人曰くまだ彼女は空位には届いていない。
彼女が念願の空位に達した時、この宝具も真の力を発揮するのかもしれない。具体的には宝具強化とか。
「え? 小次郎? 本当に? え、ちょっと何アレ、あんな小次郎いるもんですか! 強い弱いの話じゃなく、もう空位に達してるじゃない! あ、タヌキが化けてるのか!」
佐々木小次郎所属時の会話。どうやら元いた世界でも小次郎と出会ったようだが、もはや空位に達しているこの世界の佐々木小次郎の強さに辟易している。
タヌキが化けていると評しているが、この小次郎も名も無き剣士が『佐々木小次郎』の殻を被って召喚されたのであながち間違いではない……はず。
ちなみに小次郎の専用礼装「山中の天」には小次郎が無限を目指した剣士であることが記されている。
「遮那王がいるって楽しみにしてたのに、女の子じゃないアレ! 私の牛若丸を返せー! 有名な侍が女の子なんて、こっちの世界は間違ってない!?」
牛若丸所属時の会話。遮那王が少女であることに抗議するものの、牛若丸に限らず、Fateでは史実では男性だが実は女性というパターンは割と珍しくなかったりする。
そして斯く言う当人も女性なので、ユーザーから「お前が言うな」と言われる始末。そもそも牛若丸が女性になったのは、創造神の片割れが原因だったりするので。
「あの赤いセイバー。ほら、ビロードの袴を履いた子。私の好みじゃないんだけど、どことなく近いものを感じるのよね。今のうちに殺っとくか」
ネロ・クラウディウス所属時の会話。好みではないものの自分に「近しいもの」を感じたのか、今のうちに始末をしようとしている。
それにしても「近しいもの」とは何なのだろうか。まさかソッチの方ではなかろうな。
「伝説の鬼達が――あんなに見目麗しいなんて。私は、生まれる時代を間違えた……」
酒呑童子茨木童子所属時の会話。伝説の鬼も知っているものの、美しい鬼であることを知るや否や生まれる時代が違った事を嘆いている。
……上記の「近しいもの」といい、やっぱり両刀使いかなにかだろうか。武蔵がいくら二刀流で有名とは言え、ソッチの意味での二刀もだとは誰が想像しただろうか。
「うっ……ごめんごめんちょっと待った! 二人っきりの時に密着するの禁止!
 そうです! 美少年は好きだけど男女の関係は苦手なのです! だって所帯持つと剣の切れ味が下がるぞって仏様がですね!」
マイルーム会話「絆Lv4」。流石にヤバくなっていたのか、美少年好きであることや「積極的な」人間関係が苦手であることを打ち明けたが、彼女としては一線を越えるわけにはいかないだろうか。なお史実上の武蔵は生涯独身である。
「うううっ……もうダメ。煩悩絶つべし。まさかこっちが先に絆されるなんて……ちょっと、滝で頭冷やしてきます。
 あ、で、でも、嫌って訳じゃないから……そこは微妙な剣士心をわかるようにっ!」
マイルーム会話「絆Lv5」。主人公を見て滝行に行くのだが、別に嫌なわけではない。絆を深めたからこそ、このままでは一線を超えてしまいかねない……と彼女は煩悩に悩まされるのであった。

メモ[編集]

  • 正式な真名および本名は「新免武蔵守藤原玄信(しんめんむさしのかみ・ふじわらのはるのぶ)」。もっとも、本人も名乗りきれない為「宮本武蔵」で通している。意味は「武蔵守をしている藤原氏に連なる新免家の玄信」。
    • 「武蔵」は本名に含まれているが、「宮本」は宮本村出身なため。なお、出身地を名字として使うのは普通の事であり、例えばレオナルド・ダ・ヴィンチは「ヴィンチ村出身のレオナルド」という意味である。
  • 二天一流は基本的に右手に太刀、左手に小太刀を持つ大小二刀の流派であるが、第三再臨にて四刀を佩くと同時に左手の小太刀が太刀に変化している。
    • 深い意味はないのか、「正史の武蔵の二天一流とは違う」と言う表現なのかは不明。また、バトルモーション中に一刀に切り替える場合があるが、二天一流は一刀の勢法も存在するためこれは正史と変わらない。
  • Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』にてイリヤの好きな女児向け魔法少女アニメという名目の劇中劇「マジカル☆ブシドームサシ」というネタがあった為、宮本武蔵女体化は早い段階から一部で予想はされていた。…流石にあちらのヒロインのデザインそのままの魔法のステッキ二本を振り回すピンク髪に陣羽織装束アレンジのコスチュームではなかったようだが。
  • Fate/EXTELLA』では剪定事象からの漂流者という意味で似たような立場の無銘が登場している。また、李書文のサブシナリオのエンディングには服装は若干違っているが、酷似した風貌の日本刀使いの人物が登場している。

リンク[編集]