カルナ〔サンタ〕

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイバー
真名 カルナ
性別 男性
身長 178cm
体重 65kg
好きな物 『蝶のように舞い、蜂のように刺す』
苦手な物 タオルを投げられること
出典 『栄光のサンタクロース・ロード』
地域 インド
属性 秩序・善
隠し属性
一人称
二人称 お前
三人称 ○○(名称および名前呼び)
声優 遊佐浩二
デザイン pako
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

剣士」のサーヴァント。サンタクロースになったカルナ

略歴
期間限定イベント『栄光のサンタクロース・ロード』にて、新しいサンタサーヴァントとしてプレゼントの宅配を始めるものの、「開けられない黒いプレゼント」が発生してしまい、サンタの仕事に支障が出てしまう。
主人公らと共に特異点に事態の解決に向かい、遭遇した黒幕のヴリトラを倒すべく封鎖特異点を解放してゆくが、聖杯に馴染みすぎたヴリトラに敗北を喫してしまう。
アルジュナの取り成しで改めてタイトルマッチをセットしてもらい、彼からの「施しの英雄であればサンタが務まると思っていたのか」という指摘を受けてこれまでの考えを改め、ヴリトラを倒すプランを検討。
十分に準備を整えた上でヴリトラに挑み、見事に打ち倒し、特異点を解決して封印されたプレゼントを解放した。
人物
サンタサーヴァントだが格好はサンタのそれではなく、黒フードにサンドバッグを背負っている。
基本的にはランサーの方と同じであるが、修業時代の側面が強く出ているため、より成長や修行に対して貪欲。
その一方で一言足りないところは相変わらずなため、テンションが高いことも相まって誤解されるような言動も多い。
能力
セイバーのはずだが剣は一切用いず、卓絶したフットワークとパンチングのボクシングスタイルで戦う。
下記のように敏捷値はアキレウス柳生但馬守宗矩でも至っていないEXであるが、ハンドスピードやフットワークに特化させているとのこと。なお、彼曰く速度は光速らしい。

ステータス[編集 | ソースを編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
セイバー 主人公 (Grand Order) B A EX D C A 対魔力:A
神性:A
ハードパンチャー:EX
フットサンタ:A
閃光の拳:A
施しの英雄(聖夜):EX

宝具[編集 | ソースを編集]

聖人連続拳(ウィニング・アルカプトラ)
ランク:A
種別:対人宝具
レンジ:1~2
最大捕捉:1人
サンタカルナが繰り出す、勝利のためのフィニッシュコンビネーション。
素早いウィービングで的を絞らせないようにした後、一気にステップインし左右のフックを連打、さらに左ジャブの二連撃から右ストレート、最後にアッパーで敵を吹き飛ばす。
これらの拳には無論のことサンタパワーとスーリヤの息子としての力が手加減なく込められており、特に最後の打ち上げアッパーの際にはその余剰エネルギーが光翼、ハイロゥとなって神々しく表出する。
このコンビネーションの威力は超銀河的であり、喰らった者は隕石に撃ち抜かれたような衝撃と共にマットに倒れ伏すという。
「アルカプトラ」とはカルナの別名で、「太陽の子」を意味する。
聖人交叉拳(グラハラージャ・サンタクロス)
ランク:A
種別:対人宝具
レンジ:1~2
最大捕捉:1人
サンタカルナがフィニッシュブローとして編み出した、一撃必殺のクロスカウンターパンチ。
サンタになった途端にボクシングスタイルに開眼したことに加え、ボクシングにはクロスカウンターという必殺パンチがあることを知ったカルナが、なぜか「サンタの必殺ブローはクロスカウンターであり、だからこそサンタクロースという名であるに違いない」という結論に至ったために生み出された。
この技を目で捉えるのは不可能。敵の攻撃に完璧に合わせて放たれる拳は、太陽の煌めきじみた一条の軌跡を描いてビームのように敵のアゴを撃ち抜く。
その様は星の聖剣の斬撃にも似て、すなわちこれは必殺拳であり必殺剣なのである。
「グラハラージャ」とは「星宿の王」の意味で、太陽神スーリヤの別名である。

真名:カルナ〔サンタ〕[編集 | ソースを編集]

カルナが様々な事情によってサンタ化した存在。
誰もが「プレゼントが欲しい」と願う、一年に一度のクリスマス。
その願いを一身に引き受ける存在こそがサンタクロースであり、それに応えられる力を自分が持っていることに気付いてしまったのならば、もちろん彼はその役割を担うことを躊躇いはしない。
「サンタさん、プレゼントをください」という子供たちの願いに対し、ごくごく自然に「そうか。ならば与えよう」と返し、過不足なくその願いを叶えてくれるタイプのサンタクロース。
クールで愛想はないが、けっして冷たいわけではない。優しさが伝わりにくいだけである。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
『栄光のサンタクロース・ロード』開催に伴い実装。イベント報酬。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

主人公 (Grand Order)
マスター。
数々のサンタサーヴァントのパートナーとなってきた彼/彼女のことは優秀なトレーナーと見ており、何かとロードワークにつき合わせている。
ディオスクロイ
妹のポルクスがボクシングの達人であるため、一度手合わせをしたいと思っているが、実行に移そうとすると兄のカストロが割って入るせいで1ラウンドもしないうちにノーゲームになるとか。
ロムルス=クィリヌス
同じ拳を武器とするサーヴァント同士、いつか手合わせをしたいと願っている。
アルジュナ
いろいろと確執がある相手だが、修業時代のノリのため何かとフレンドリーに接している。
『栄光のサンタクロース・ロード』ではサンタについて彼から指摘を受けて考えを改め、事件の解決後にはとある「贈り物」をした。
アシュヴァッターマン
修業時代の精神のためにノリが近く、積極的にトレーニングを行っている模様。
ヴリトラ
『栄光のサンタクロース・ロード』で敵対した相手。
彼女の出した試練を乗り越えるべく、封鎖特異点を巡っていくことになった。
シェヘラザードハンス・クリスチャン・アンデルセン
上記のヴリトラと戦うために、他のドラゴンスレイヤー達の代わりに依頼した助っ人。
一見すると戦闘には向かないメンバーだが、その目的はヴリトラの弱点を突くためであった。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

戦闘[編集 | ソースを編集]

イベント[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • サンタサーヴァントでは初めてとなる、男性のサンタクロース。
  • これまでもクラスと使用武器が乖離したサーヴァントは散見されていたが、剣をまったく使わないセイバーというのは前代未聞。「剣士」ならぬ「拳士」ということか。
    • これは『Fate/EXTRA CCC』でジナコからランサーなのに「ビームの英霊(ランチャー)」と称された事を拾ったものと思われる。
  • 好きな物の『蝶のように舞い、蜂のように刺す』とは、伝説的なヘビー級チャンピオン、モハメド・アリの座右の銘としてあまりにも有名。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]