2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

スキル (サーヴァント)

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

概要[編集]

サーヴァントが有する能力。生前の活躍や、生前に所持した技術等が特殊能力として具現化する。
英霊の知名度が低い場合、これらのいくつかが失われた状態で現界することもある(例:クー・フーリンの『不眠の加護』)。

クラス別能力は英霊の生前に関わりなく、各クラスごとに特定のスキルが与えられる。
英霊本人が類似のスキルを持っている場合、そちらが代替として扱われることで、本来のクラス別能力を持たずに召喚されることもある場合もある[注 1]
何らかの要因によりクラス別能力が使用不能になっているケースもある[注 2]

Fate/Grand Order』では、ゲームシステム上常時有効なパッシブスキルをクラススキル、任意発動するスキルを保有スキルと分類しているため、本来英雄個人の保有スキルであるものがクラススキルとされていたり、逆にクラス別スキルが保有スキルになっていたりする[注 3]。また同様にゲームシステムの関係上、一部の補助的な役割の宝具がスキルとして扱われている例もある。
またスキルそれぞれにも設定上のランク表記とは別のレベル数値が存在し、プレイヤーによってLv10まで成長させることで効果を上昇させることが可能。さらにLv.6、Lv.10でそれぞれ1ずつチャージタイムが短縮され、使用頻度を少し上げることが可能。

一覧[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 例:ライダーの『騎乗』→坂田金時〔ライダー〕の『千馬疾走』、モードレッド〔ライダー〕の『サーフィン』。アサシンの『気配遮断』→李書文の『圏境』。
  2. 例:聖杯の泥による汚染の影響で『騎乗』スキルが失われたアルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕、本人の狂気と打ち消しあって『狂化』が失われたジャック・ザ・リッパー (Fake)。『皇帝特権』を有するにあたり、本来持っていた高ランクの神性スキルを自ら封印したロムルス。『航海』を得たことで『騎乗』を失ったアン・ボニー&メアリー・リード。本人の全否定により『気配遮断』が封印されている謎のヒロインX
  3. 前者は『神性』、後者は『真名看破』『神明裁決』など。

出典[編集]


リンク[編集]