スキル (サーヴァント)

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

スキル[編集]

サーヴァントが有する能力。生前の活躍や、生前に所持した技術等が特殊能力として具現化する。

  • 英霊の知名度が低い場合、これらのいくつかが失われた状態で現界することもある(例:クー・フーリンの『不眠の加護』)。
  • クラス別能力は英霊の生前に関わりなく、各クラスごとに特定のスキルが与えられる。
    • 英霊本人が類似のスキルを持っている場合、そちらが代わりとなり、本来のクラス別能力を持っていない場合もある[1]
  • Fate/Grand Order』では、ゲームシステム上常時有効なスキルをクラススキル、任意発動するスキルを保有スキルと分類しているため、本来英雄個人の保有スキルであるものがクラススキルとされていたり、逆にクラス別スキルが保有スキルになっていたりする[2]。また同様にゲームシステムの関係上、一部の補助的な役割の宝具がスキルとして扱われている例もある。

スキル一覧[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

歪曲
本来呼び出されたクラスが強制的に歪められ、別のクラスの特性を付与された証。元のクラスのクラス別スキルのいずれかが低下する。
アルケイデスはアヴェンジャーのクラス特性が付与された代わりに単独行動がCへと低下している。
ランク 保有者 クラス 備考
A アルケイデス アヴェンジャー
アーチャー
嗤う鉄心
反転の際に付与された、精神汚染スキル。
精神汚染と異なり、固定された概念を押しつけられる、一種の洗脳に近い。
与えられた思考は人理守護を優先事項とし、それ以外の全てを見捨てる守護者本来の在り方をよしとするもの。
Aランクの付与がなければ、この男は反転した状態での力を充分に発揮できない。
『Grand Order』では「自身の攻撃力をアップ(3回)」という効果のスキル。
ランク 保有者 クラス 備考
A エミヤ〔オルタ〕 アーチャー

脚注[編集]

  1. 例:アサシンの『気配遮断』→李書文の『圏境』、ライダーの『騎乗』→アン・ボニー&メアリー・リードの『航海』
  2. 前者は『神性』、後者は『真名看破』『神明裁決』など。

リンク[編集]