ガルヴァロッソ・スクラディオ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガルヴァロッソ・スクラディオ
性別 男性
年齢 109歳[注 1]
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

アメリカ合衆国全土に根を張る巨大マフィア「スクラディオ・ファミリー」の創設者にしてボス。

略歴
Fate/strange Fake』において、マスターの一人として参戦したバズディロット・コーデリオンのボスとして登場。
物語開始時には既に余命幾ばくもない状態であり、自分の死期を悟っており、暗殺に来たアサシンにもまったく驚いていなかった。
結局そのまま彼の命は失われるが、彼の死と最期の願いがきっかけでアメリカ全体の運命が大きく変わることとなった。
人物
あくまでもマフィアであり、スクラディオ・ファミリーの拡大に伴って行われるような血なまぐさい行為にも抵抗は無い模様。
まっとうな愛情はあるようで、80年前に死別した妻や玄孫のオリヴィアには惜しみない愛情を注いでいる。
スクラディオ・ファミリーが魔術と関わりを持ったのも彼の性格故で、妻が見ていたものを自分も見たい、要するに「自分も魔法が使ってみたい」と思い、そのために巨大な組織を築き上げるくらいにはロマンチスト。
能力
あくまでも普通の人間であるので、本人の望みとは裏腹に魔術の類いは使えない。
片目にはオークションで競り落とした[注 2][出 1]未来視の魔眼が移植されているが、相性の問題のせいか「自分が死ぬ場面」しか映さず、繰り返し再生し続けている。

登場作品と役柄[編集]

Fate/strange Fake
マスターの一人であるバズディロットの所属するファミリーのボスとして登場。

人間関係[編集]

初めて惚れた女性。80年前に魔術協会の手にかかって死別した。
実は腕前はそれほどではないものの魔術師であり、「自分も彼女と同じものが見たい」と思ったことが魔術に関わるきっかけになった。
オリヴィア
四十三人居る玄孫の一人で、一番若い5〜6歳ほどの女の子。
彼女に狐のぬいぐるみを渡した直後に自分が死ぬとわかっていたが、年を取ったためか、そうしないよりは死んだ方がマシと思うようになっていた。
バズディロット・コーデリオン
マフィアの部下の一人。彼のピアノを気に入っており、自分が死んだ際にはレクイエムを弾いてほしいと頼んでいた。
真アサシン
自身の最期に現れた存在。死期を悟っていても最期の最期で死への恐怖に飲まれかかったところに安らぎを与えられた。
ファミリーの一部の魔術師の暴走による「ガルヴァロッソ」の複製計画には賛成していなかったため、死の間際に「ガルヴァロッソ」の抹殺を依頼した。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 「ガルヴァロッソ・スクラディオ」の名前は偽名であり、本名は不明。


話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 公式の年齢だが、名前も偽名であるので正確な年齢は不明である。
  2. 魔眼蒐集列車でフリー枠のものを億単位の金を出して購入したとのこと。

出典[編集]

リンク[編集]