キングゥ

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

キングゥ[編集]

  • スペル:Kingu
  • 性別:男性
  • CV:小林ゆう

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
『Grand Order』第一部七章においてエルキドゥに成りすまし、紀元前2655年のウルクに降り立つ。レイシフト直後に魔獣の群れに取り囲まれて危機に陥った主人公たちを助けることで信頼させることに成功。
その後ウルクの防衛の要害である北壁を主人公たちに見せ、王都ウルクに入るためと偽って主人公たちを辺地の森に誘い込んで抹殺を目論むも、その場に馳せ参じたマーリンアナに正体を看破されて失敗に終わる。その後は本性を顕にして主人公たちと幾度も敵対。ゴルゴーンアナの捨て身の一撃で討たれた後に登場し、ティアマトの目覚めを妨げたマーリンを仕留めることに成功。
しかし、ティアマトが一向に目覚めないのと、新人類であるはずのラフムが人類に無意味な虐殺を行っていることに疑念を抱き、ラフムが人類を皆殺しにすることを楽しんでいる姿に痺れを切らす。しかしラフム達によって用済みと宣告された挙句、動力源であり復活の鍵である聖杯を奪われてしまう。ラフムとティアマトの実態に絶望しながら逃げゆくが、消滅の間際であったラフム化した人間に助けられて事なきを得る。
その後、最終決戦前夜に肉体に影響されたのかウルクの祭壇に現れ、そこでギルガメッシュの手でウルクの大杯を授けられたことで救われる。が、散々敵対してきた自分を救ったことに納得がいかず是非を問うも、ギルガメッシュから「例え別の存在であってもその肉体は親友であることに変わらない」「そして自分の手でやりたいと思ったことをやればいい」と叱咤される。
最終決戦では民も死に絶え、滅亡も時間の問題となったウルクでティアマトとラフムの大群に苦戦する主人公たちを助け、ギルガメッシュに対しての想いを吐露しながら、ヒトの世を維持するべく、“天の鎖”としてティアマトを一時間に渡り拘束し、砕け散った。
人物
外観はエルキドゥそのものだが、瞳の色は紫となっている。
彼自身は「自分はエルキドゥをモデルにティアマトに創られた『新人類』」と認識しているが、その実態はエルキドゥの亡骸に新たな命を吹き込んだ結果生まれた存在。
人類にたいして侮蔑・倦厭を抱いており、人間(旧人類)の一掃を企てる。人類については魔獣を作り出すための素材・資源としか見做していないが、自身と同じ生まれの魔獣に対しても「駒」程度の感慨しかなく、ラフムに至っては魔獣以下の虫と見下した。敵対者に対しては嗜虐性・残酷性を見せている他、言動も毒舌になる。ティアマトの復活で人類を滅ぼし、それによって「無意味に争うことなく共生を理想に掲げて生きる」生命として理想の人類を造り上げようとしており、旧人類が造り上げた都市そのものに対しては罪はないと述べ、街を壊すのではなく、残そうとしている。
一方で意識を持った時から記憶も経歴も誇るべき過去もなく、心の中は常に空っぽであり、その在り方は突然発生した亡霊と変わらない。エルキドゥをモデルに創られた『新人類』という肩書きと母ティアマトに必要とされている事が自身の存在意義であり、新しいヒトである事、旧人類とは違うものという事を盾に振る舞っている。
自身のベースであるエルキドゥの親友であるギルガメッシュとの接触を避けている他、子供たちの助けを求める声を聞いて逃がすなど、元の肉体に影響されているらしき反応が見られるも、それも自分とは違うと否定している。
能力
ソロモンの聖杯を心臓として収納しているため、ギルガメッシュエルキドゥより上かもしれないと言わせるほどの高い出力を持つ。神代の魔力濃度の中でも時速500キロで飛行でき、戦闘時には最上級の武具を際限なく放つ。
さまよえるゴルゴーンを女神まで持ち上げ、その連鎖召喚によって現界したケツァル・コアトル、ウルクの巫女によって呼び出されたエレシュキガルら三柱の女神を同盟によって拮抗させ、同時にギルガメッシュの行動を牽制した手腕はソロモンからも賞賛された。
ウルクの大杯で再駆動したときもラフムの大群を一蹴するなど、依然として高い戦闘能力を見せている。

宝具[編集]

母よ、始まりの叫をあげよ(ナンム・ドゥルアンキ)
キングゥとしての宝具。セリフ以外は通常のエルキドゥの放つ『人よ、神を繋ぎとめよう』との差異は全くない。
『Fate/Grand Order』では「単体の防御力ダウン(3ターン)&単体攻撃&〔神性〕特性を持つ場合スタン状態を付与(1ターン)」という効果。
人よ、神を繋ぎとめよう(エヌマ・エリシュ)
第七章最終決戦時、ウルクの大杯の力を借りてティアマトを抑え込むために使用。一時間もの間ティアマトを雁字搦めにして時間を稼いだ後、砕け散った。
ちなみに、キングゥが本性を現す前のエルキドゥとして振舞っている際(サポートNPCの状態)では、もちろんこちらの宝具が使用できる。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Grand Order
第七特異点にて敵として登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ティアマト
母。その嘆きを目を閉じる度に感じているという。仮初の体に聞こえるその声を母の期待と信じ、それに従うことこそ己の存在意義とする。
ムシュマッヘ、ウシュムガル、ムシュフシュ、ウガル、ウリディンム、バシュム
伝承における兄弟の怪物達。その人類への憎しみを共感している。
ラフム
伝承における兄弟の怪物にしてその末子。キングゥは己の量産機的存在として見ているが、著しく低俗な行動をする彼らを何とも言えず見下している。
ゴルゴーン
母と潜在意識を同調する女神。その為基本的に彼女も「母さん」と呼んでいるが、所詮本人ではない為言動自体はどこか冷やか。
だが実際のところは、復讐を求めながら違う“何か”に手を伸ばす彼女に自分と似通ったものを感じており、偽りの母と嘲りながらもせめてこの怪物には救いがあるようにと、見下しつつも哀れみも覚えていた。
ゲーティア
キングゥの手腕と信念に一目置いているが、実際はティアマトの復活のための捨て駒としてしかみていない事を遠まわしに述べている。
ギルガメッシュ
自身の肉体のかつての魂の友。「会ってはいけない」と本能が告げている為基本的に近づこうとしない。
シドゥリ
ラフムによって追われたところを、同じくラフム化した彼女に助けられる。
エルキドゥ
自身の体。彼の遺体を自身の体としている。

名台詞[編集]

「必死にならないで、みっともないよ」
「手間を取らせないでくださいね?」
スキル使用時の台詞。あからさまにこちらを見下しているセリフ。
「串刺しだねぇ、分かるとも!」
「ふっはははははっ!」
「よそ見は良くないなぁ」
攻撃時の台詞。エルキドゥとは違い攻撃的な言葉遣い………と言いたいところだが、何故か本作のエルキドゥもこれに負けず劣らず攻撃的なセリフを吐くので実はあんまり差が無かったりする。
なお、一段目の台詞はネットスラング「○○ですね、わかります」という意味合いでよく使われることがある。
「母さんはお怒りだ。滅びの潮騒を聞け。『母よ、始まりの叫をあげよナンム・ドゥルアンキ』!」
宝具発動。原初の母の怒りは滅びの潮騒の如く。
(……ああ、こんな事なら、最後に、
アイツに会いに行けば良かったのにね―――)
第七章。ラフム達のリンチで殺されそうになっているキングゥの脳裏に浮かんだのは誰かのことだった。
そして、そんな彼を窮地から救ったのは、自我を保ったラフムであった。
「ラフム、残り二千。取るに足らない。」
「―――フン。見た事か。心臓さえあれば、おまえたちなんて話にならない。」
「こんな量産型に手こずるなんて、旧人類は本当に使えない。それでよく、」
「……よくボク相手に大口を叩いたものだ。カルデアのマスターも、アイツも。」
「ひとりじゃ何もできないクセに、偉そうに胸を張って。それで、最後まで生き延びた。」
「…………ふふ。自分ひとりで何でもできる、か。その時点で、ボクは完全じゃなかったな。」
第七章にて、最終決戦に参戦して。神の泥人形に宿った新たな存在は、ようやく完全が何なのかを知った。
「―――人間の味方なんてするものか。ボクは新しいヒト。ただひとりの新人類、キングゥだ。」
「だけど―――」
「……母親も生まれも関係なく。……本当に、やりたいと思った事を、か。
 ……ボクにはそんなものはない。なかったんだ。なかったんだよ、ギル。」
「でも―――思えば、一つだけあったんだ。
 キミに会いたかった。キミと話したかった。
 この胸に残る多くの思い出の話を、その感想を、友としてキミに伝えたかった。」
「でも、それは叶わない。それはボクではなく、エルキドゥという機体の望みだ。」
「……そして。ボクの望みは、今も昔も変わらない。」
「新人類も旧人類も関係ない。ボクはヒトの世を維持するべく生を受けた。」
第七章より。すべてが偽りだった人形は、生まれて初めての本物を手にした。
「さようなら、母さん。アナタは選ぶ機体コドモを間違えた。」
「……うん。アイツの言った事は、よく分からない。でも―――」
「―――この体が。やるべき事を、覚えている。」
「ウルクの大杯よ、力を貸しておくれ。」
「ティアマト神の息子、キングゥがここに天の鎖のしめす!」
「母の怒りは過去のもの。いま呼び覚ますは星の息吹いぶき―――」
人よ 神を繋ぎ止めようエヌマ・エリシュ―――!!!!!」
第七章より。母の怒りを過去のものとし、星の息吹を呼び覚ます。天の遺児は自らの意志の赴くままに原初の母に挑む。

メモ[編集]

  • 伝承におけるキングゥは、ティアマトによって怪物達の総大将に選ばれたがマルドゥクの威光と軍勢に恐れをなして戦場から逃亡し、ティアマトの死後に捕らえられて首を斬られた後に人間達を産み出す素材にされるという非常に情けない神様だった。

話題まとめ[編集]

リンク[編集]