巴御前

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
アーチャー・インフェルノ
真名 巴御前
読み ともえごぜん
性別 女性
身長 162cm
体重 52kg
出典 史実
地域 日本
属性 中立・中庸
隠し属性
声優 金元寿子
デザイン しらび
レア度 ☆4
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

弓兵」のサーヴァント

略歴
第七特異点『絶対魔獣戦線 バビロニア』では、ギルガメッシュが英霊召喚を用いて紀元前2655年のウルクに召喚され、神代の濃い魔力の効果で受肉した。その後は牛若丸武蔵坊弁慶レオニダス一世らと共にウルク北の防壁を護って戦い、最期は魔獣たちを統括していた将軍ギルタブリルと相打ちになって消滅した。
茨木童子の幕間の物語「渡る世間はオニばかり」では残滓が何らかのものと混ざり合ったことで暴走したが、レイシフトした彼女達によって倒された[注 1]
亜種並行世界『屍山血河舞台 下総国』では英霊剣豪の一体「アーチャー・インフェルノ」として寛永十六年の下総国に召喚されている。常陸国を焼け野原に変えた後、カルデアのマスターと武蔵らがいる下総国を向かって襲撃するも撤退。そして妖術師や主の要地である土気城を焼け野原に変えようとするが、武蔵との立ち会いで敗れて宿業を両断される。ようやく自分が薪にならずに済むという安堵をうかべて消滅した。
人物
白い肌と長い髪の麗しき女武者。
鬼種との混血であり、荒ぶる性質を色濃く有しているが、愛するモノへの思いによってそれを瀬戸際で封じ込め、彼女は、物腰穏やかな人間の女性としての個性を得ている。
たおやかな乙女であり、人と人との諍いを厭い、風月を好む一方、死生観は明確であり、サーヴァントという仮初めの客である自分は、いずれ静かに地上から消え去るべきと信じて疑わず、第七特異点においても、迷うことなく敵将ギルタブリルとの相討ちを選んだ。
節度を重んじることに加え、今世の貞操概念諸々を理解しているのか、源頼光〔ランサー〕との気が合ったり、温泉でも男湯と女湯に分けるように施している[注 2]
亜種並行世界ではキャスター・リンボによって「一切鏖殺の宿業」を埋め込まれた影響により、愛する木曽義仲の死を看取れなかった悲しみを憤怒の炎へと変質させられ、源氏や民草、日の本と世界、徳川家に対する深い憎悪に飲まれ、己を薪に例えて消し炭になっても、この世の地獄に変えるまで殺して回る荒ぶる焔の怪と化した。しかし宿業が反転によってうまく効いていないのか、埋め込まれる前の側面を覗かせているだけでなく、下総国に現界した自分のあり方に疑念を抱いている。
カルデアに現界後はゲームに興味を持ち、レクリエーションルームに出入りしており、事あるごとに物の例えにゲームを持ち出すなどゲームにハマっている一面を見せた。
上記のように節制が取れていたり可愛げのある側面もあるが、本質的には牛若丸と同じ乱世を生きた武者であり、目的(しょうり)の為なら非常に効率的かつ冷血な手段を躊躇い無く取る面もある。本人としては下記の料理も含めて周囲に気遣いするつもりは十二分にあるのだが、一般的にはドン引きものである。
能力
弓の腕は確かなものであり、宝蔵院胤舜の槍捌きを矢で弾いている。弓だけでなく刀や薙刀も使用したり、炎を纏っての肉弾戦も行うなど、武芸百般に通じている。
素手で人間の首をもぐ程度の膂力を持っており、生前では敵軍の武者の首を捩じ切ったという逸話もある。
鬼としての血は風間小太郎よりも濃く、あのギルガメッシュをして「混血だが善い戦士だった」と言わしめた程の猛者であり、茨木童子すらも恐れていた。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アーチャー 主人公 (Grand Order) C D C B A B+ 対魔力:B
単独行動:A
狂化:E
鬼種の魔:B
乱戦の心得:B
血脈励起:A

宝具[編集]

真言・聖観世音菩薩(オン・アロリキヤ・ソワカ)
ランク:B
種別:対人宝具
レンジ:1~12
最大補足:1人
義仲と共に最期を迎えられなかった嘆きと悲しみが、生来の炎の能力や鬼種の怪力と相まって宝具へと昇華されたモノ。
愛する木曾義仲を供養した義仲寺の本尊たる聖観音菩薩─────その真言を唱えることで「自分の中の義仲への愛」を確かめた後、敵を掴んで投げ飛ばし、そして灼熱の矢を撃ち込み、義仲への想いを象徴する太陽に似せた魔力によってダメージを与える。
『Grand Order』では「敵単体に超強力な攻撃&敵単体のクリティカル発生率をダウン[注 3]&敵単体にやけど状態を付与[注 4]&敵単体に延焼状態[注 5]を付与[注 6]」という効果のBuster属性の宝具。

真名:巴御前[編集]

生没年不詳。平安後期・鎌倉時代前期の人物。
征夷大将軍の位を得るも源頼朝に敗れた名将・木曽義仲の愛妾。
常に義仲に従い、しばしば戦功を立て、武勇に長け、一騎当千と謳われた勇婦。
中原兼遠の娘であり、木曾四天王と言われた樋口兼光と今井兼平の妹であり、義仲とは乳兄妹の仲であった。
元暦元年、頼朝の命を受けた義経が義仲を追い詰めた際、義仲の説得によって戦場を遠く離れる。
結果、巴御前は命を拾ったものの、義仲の最期を共にすることはできなかった。
やがて義秀を産み落とし、尼となった彼女は、義仲の菩提を弔いながら晩年を迎えたという。

関連[編集]

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第七特異点にて名前のみ初登場。
その後、亜種特異点Ⅲ『屍山血河舞台 下総国』の解禁に際して真名を伏せる形で実装。

その他[編集]

ちびちゅき!
生徒役。相変わらずのゲーマーっぷりで、教科書の裏で携帯ゲーム機を弄くるというベタなことをしていた。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ギルガメッシュ〔キャスター〕
第七特異点で自身を召喚した人物。その身を捨ててまで戦った姿を「善い戦士だった」と評価されている。
マーリンレオニダス一世天草四郎時貞風魔小太郎
第七特異点で自分と同じようにギルガメッシュ〔キャスター〕に召喚された面々。
茨木童子
第七特異点で自分と同じようにギルガメッシュに召喚されたサーヴァント。
茨木童子からは鬼の匂いを感じ取っている。
幕間の物語「渡る世間はオニばかり」では残滓が何らかのものと混ざり合ったことで暴走した自分を倒した。
牛若丸
第七特異点で自分と同じようにギルガメッシュに召喚されたサーヴァント。
牛若丸は生前から深い因縁のある「源義経」なのだが、幼名で通しているが故に当人と気付かなかったのか、バビロニアの危機への対処を優先していたのかは不明だが、特にトラブルがあったとは語られていない。
武蔵坊弁慶
第七特異点で自分と同じようにギルガメッシュに召喚されたサーヴァント。
源義経への因縁と事情を知ってるためか、四十階を担当しておりながら牛若丸を遠ざけさせ、自身は「忠義の鬼」として正体を隠して戦っていた[注 7]
ギルタブリル
第七特異点で魔獣たちを統括していた将軍。相打ちとなって消滅した。
彼女は自分を美しいといったギルタブリルの心を踏みにじった事を悔やんでいる。
主人公 (Grand Order)
カルデアにおける主君。彼を自らの主として認め、従者としていろいろと世話を焼こうとする。もし義仲と引き合わせることができたら、親子のように仲良くなっただろうとまで言っている。
女王メイヴ
現時点でどういう縁があったのか不明だが良好な関係で、メイヴの方からはいつまでも未亡人気質ではいけないと酒の誘いをかけたりしている。
酒呑童子
期間限定イベント『節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔』にて共演。
酒呑童子からは「同族の鬼」と見られており、壮大な塔を建ててまで「鬼とはこんなに楽しいものである」という様を見せつけて巴を鬼の側に引き込もうと画策した。
巴は鬼であるとは認めたくないが人であるとも断言できない自分に戸惑っていたが、主人公の言葉によって自分を「マスターに必要とされた自分」であると定義する事できっぱりと誘惑を跳ね除ける。
このイベントがこのために計画されたお話であったためか、「今回のイベントはアーチャー・インフェルノの壮大な幕間の物語」等と一部で言われている。
刑部姫
テレビゲームを教えてくれた人物であり、FPSでのライバル。
エドワード・ティーチ
ゲームのネタバレをするという彼女としては許し難い行為を働いたため、樽に詰めてインフェルノしたとか。
柳生但馬守宗矩
2018年の夏イベントでは、「ロコモコ」の語源について話し合った結果盛大に勘違いし、共に語源を探索に行った。
紅閻魔
期間限定イベント『雀のお宿の活動日誌〜閻魔亭繁盛記〜』で共演。
自身の料理の鬼コーチであり、料理の腕前が残念な事も相まって頭が上がらない相手。
清姫
期間限定イベント『雀のお宿の活動日誌〜閻魔亭繁盛記〜』で共演。
上記のコーチに料理を習う同窓生であり、友人同士。
だが、ストーリー内で「龍の首の珠」が必要となった時、近くに龍がいないという理由で彼女のコピーを作って無理矢理取得するというドン引きな行為に走った[注 8]
宝蔵院胤舜
期間限定イベント『雀のお宿の活動日誌〜閻魔亭繁盛記〜』にて、直接言葉を交わしてはいないが上記の「龍の首の珠」を取得する際、再建した鐘撞き堂で美女と一緒に毎晩語らいあってもらうように依頼していたようである。……下手したらコピー清姫に炎上させられた可能性が高いのだが、大丈夫だったのだろうか。

ちびちゅき![編集]

衛宮切嗣
巴御前がルナチューブに「定点狙撃手の殺し方」の動画をアップロードした結果、手の内がバレてFPSで勝てなくなってしまったようである。

生前[編集]

木曽義仲
生前の主君。想いを寄せ続けるも、彼の最期を看取れなかったことを「無念の極み」と述べるほどに悔いを残している。
源義経
最愛の主君を討った相手。その事が深い遺恨となっており、『Fate/Grand Order』でも再び出会ったら鬼にならない自信が無いとまで言っている。
和田義盛
『源平盛衰記』において、義仲を失った後、再婚したとされる相手。
朝比奈義秀
『源平盛衰記』において、和田義盛との間にできたとされる子。
上記の義盛との結婚ともども創作である可能性が高いが、『Fate/Grand Order』の2018年夏イベントでは「幼少の義秀なら喜ぶでしょう」と発言しており、これらのエピソードが採用されているようである。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「何か?角?頭に? いえ、何も。何もありません。ありませんのでお伝え致しません。はい」
真名開放前の最初の霊基再臨の時のセリフ。セイントグラフでもキャラグラフィックでも明らかに角が見えているのだが、白を切って隠そうとする。
これは単なるアホの子やボケキャラだからではなく、真名開放前故に主とは常に一線を引いて接する態度のため。第三再臨でようやく角の存在を認め、鬼の血を引く出自を告白するが、それを踏まえた上で自身を傍に置き続けるかどうかの再考を促す。
真名開放後だと第一再臨の時点であっさりを角の存在を認め、早々に自身の真の姿だと教えてくれる。
「聖観世音菩薩……私に力を!旭日の輝きを!!『真言・聖観世音菩薩オン・アロリキヤ・ソワカ』!!」
宝具解放。真名解放後。戦闘時は普段の慎ましさとは打って変わって男勝りな猛々しい言葉づかいになる。
「義仲様についてお聞きになりたいのですか?もちろん構いませんよ。何からお話いたしましょう」
マイルーム会話「好きなこと」真名解放後。真っ先に義仲の名前を挙げ生き生きと話そうとするほどのぞっこんぶり。
「範頼、義経、そして頼朝公。そのような方々ともしまみえたなら、巴は自らを律せられる自信がありませぬ。
 恐らくは……そこには鬼が居りましょう。」
マイルーム会話「嫌いなこと」真名解放後。上記の義仲への愛情から、その夫を討った仇たちには抑えきれないほどの激情をのぞかせる。
「マスターは、優しいお方ですね。でも、ご無理はなさらず。そうだ! 折角ですし、れくり……れくりえーしょん、るーむ? かるであのあそこで休んでいきましょう。
 私は、げえむというものが好きです。マスターは、いかがですか?」
「どこまでもお仕えいたします。それが、あなたのサーヴァントとして現界したものの務めでありましょう。ところで、げえむの続きを遊びたいのですが、よろしいでしょうか?」
マイルーム会話「絆Lv2」「Lv3」。ゲームにハマっているのか、レクリエーションルームに出向くことが多い。
「戦における義仲様の最期を、巴は看取れませんでした。無念の極みです。
 ですから……マスターは。どうか、健やかにいてくださいね。最期を看取らせてくれとは申しません。
 健やかに、穏やかに……幸せに、長生きをしてくださいませ」
マイルーム会話「絆Lv5」真名開放時。
「巴は…幸せ者ですね。死した後であるというのに、優れた主君に巡り会えました。
 この私は、願いを持ちませんが、こんな風に思うこともあります。
 もしも、義仲様とあなたがお会いしたら、きっと…親子のように…親しくおなりになったでしょうね。」
真名解放後の最終再臨時の台詞。主人公への親愛を示し、義仲と二人が出会う情景を思い浮かべている。
「むむ…マスターはまだ年若い身、あまり派手に遊ばれてはいけませんよ?節度、節度です。
 ええっと…その…言いにくいのですが……、大胆なお姿の方がおりますので。
 ―――ええ!節度!!」
追加されたマイルーム台詞。
「ああ、メイヴ様。はい……はい……そ、それはわかっております、いるつもりです。
 ですが…そ、その……未亡人気質をいつまでも引っ張るのは良くない…と、仰られましても…巴は…困ってしまいます。
 え?お酒…ですか?あ…いえ、巴は…酒気には滅法弱く…。」
マイルーム会話「メイヴ」。
詳細は不明だが、メイヴの方からは夫を想うあまり未亡人気質を漂わせることに気にかけられており、共に酒の席を勧められたりしている。
「ええ、そうですね。風紀を守るのはよろしいことかと。何事も節度は大切。
 で、ですが…頼光様…そのお姿は。………節度。」
マイルーム会話「源頼光〔ランサー〕」。同じ生真面目な性格から意見は合う模様。
……しかし、その当の本人が一番風紀を乱す格好をしていることに言葉に棘を含めつつも赤面し、節度への嘆息を漏らす。
夫婦めおとは日頃より仲睦まじくしてこそ、ですよ。」
亜種並行世界『屍山血河舞台 下総国』にて。道すがら出会った老夫婦にあまり深夜に出歩かぬように忠告しつつ優しく語りかける。鏖殺の宿業に飲まれ人里を焼きつつも、なぜ彼ら夫婦だけを殺さず見逃してしまったのかはおそらく彼女自身にももはや分かっていない。
「あいたっ☆」
葛飾北斎体験クエストにて。金さん特殊効果の人らと共に主人公らに物申しに来た際に。
やや消極的に金さんの用心棒をしていると名乗る彼女であったが、用が済んだと分かるや否や最速で双六の新作を買い漁りに行こうとし、金さんにポカリと叱られてしまった。
「……暇そうに、というのは語弊がございます。」
「私は有利な高台から一方的にこちらを撃ち抜く事しか考えない卑劣な定点狙撃手芋すないぱーの裏を取って、
 その背にグッサリと小刀を突き立てているのに忙しくしておりました。
 あの気持ちよさはなかなかに得難いもので。ふふふ、芋掘りとは言い得て妙ですね……」
イベント『節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔』にて。
事件を解決するために「レクリエーションルームで暇そうにしていた巴御前に呼び出した」と述べたダ・ヴィンチちゃんに対しての反論するが、専門用語を覚えるほどにゲームにハマっていることが伺える[注 9]
ちなみに、塔百階制覇後に挑戦できる高難度クエストの敵として「温泉ゲーマー」として登場した彼女は、味方チーム(?)の雑魚キャラを「りすぽうん」なるスキル[注 10]で無限に復活させる他、いくつもFPS用語に準えたスキルを使う。
「滞っていた泉脈に活を入れました・・・・・・・
疲労回復といえば温泉、温泉といえば疲労回復です。」
「これは霊泉ですから、サーヴァントにも一定の効果が見込めるはずでございます。」
同上。素手でぶん殴って温泉を沸かせた際の台詞。
「ん、なんです? 属性の多い女忍者さん。私たちの袖を引っ張って。」
同上。アサシン・パライソに対して。彼女から見ても属性が多い模様。
しかしこの後、彼女に「あなたも人の事言えないくらい属性が多い」と言い返されて言葉に詰まってしまった。宿業ってそっちの意味でもか…?
「!ネタバレする者たち、でございますね!?もちろんですとも、わかりますとも!」
「無遠慮にラスボスの名前をあげつらねるなど悪鬼にも勝る悪逆!」
「"それ、実はヒロインがボスなんでござるよ~?”などと密告した黒髭殿は樽に詰めてインフェルノいたしました!」
同上。節操なきネタバレ者には一切焼却も辞さぬ構え。みんなも気をつけよう。
「ああ……そうですね。私は、ただの私でございます。」
「自分をただの自分として受け入れていただける喜び。数々の猛者達と共に、戦場を駆ける喜び。」
「思い出して、しまいました。これは、とても懐かしいものです。」
「懐かしくて、温かな……。」
「………………。」
「そして―――」
「何よりもまず、今の私はマスターのサーヴァントなのだという事も、思い出しました。」
「マスターの願いこそが私の願い、私がただの私であれ、と言うのがマスターの願いであれば、」
「私はそれに快心もて従うのみでございます。さあマスター、ただの私・・・・に対するご命令や、如何に?」
同上。鬼か人か。己が存在の定義から逃げるなと酒呑童子から責められる中、マスターにとっての巴は『ただ召喚に応じてくれた者』という答えであった。
今の主から、かつての主と似た言葉を受け取ることで昔を思い出し、迷いを吹っ切ることができた。
「御意!」
「これがおそらく、大将として賜る最後の命。なればこそ、灰土かいどと果てるに、おそれなし!」
「懐かしき喜びをこの身にべ、忠義の炎をたけらせましょう!」
同上。主人公の命令を受けて。より鬼の姿に近い最終再臨状態を開放し、酒呑童子と決着をつけた。
「茨木……貴方……(どれほど周りに気を遣う鬼なのでしょう……)」
同上。「その手の細やかな連携が苦手だ」「(自分を除いて)仲間の間合いを気にして戦うなど鬼のすることではない」と巴御前に文句を言った茨木童子に対しての台詞。
なお、「手伝っていたら豆大福のおかわりを差し上げる」と聞いた茨木童子はあっさり承諾して指示を飛ばしていた。
『弱火で10分なら三倍の強火でやれば3分で済む』
正月イベント『閻魔亭繁盛記』にて紅閻魔からかつてこのように発言したと証言された。
多少でも料理をやったことがある人なら誰でも分かる事だが、弱火と強火は素材への火の通り方がまるで別物なので、単純に熱を通す時間の短縮にはならない。
レシピを調理しながら読んだり、足りない調味料をその場で代用していたことも明かされ、「これほど叩き甲斐のある生徒は久しぶり」「お前様は一切の容赦は無し」という評価を受けた。
巴としてはなぜ怒るのか理解できておらず、ヘルズキッチンを以てしてもあまり成長することはなかった。

メモ[編集]

  • イアソンシータ同様、サーヴァントであることは確定しているたものの当初のクラスは不明であった。「巴型」という形式名に由来する長刀からランサーか、馬上武者としての逸話からライダー、あるいは混血であることからバーサーカー辺りであろうことが想定されていた。
    • だが真名を伏せる形で英霊剣豪七番勝負に実装された際、アーチャーであることが確定した。一つも予想が当たってないことは、予想していた人達も悔しい思いをしたことだろう。武芸百般に通じる人物だけに、予想は難しいものであったのは確かだが。
  • 隠そうとしなければ現れてしまう角を有するほどに濃い鬼の血が流れている女性ではあるが、平素は強力な「義仲への愛」で反転衝動を抑え込んでいるようである。義仲と結ばれているという「小我」が満たされていれば反転する必要も無かったのかもしれない。
    • 義仲死後も義仲との離別の際に終始「人間の女性」として戦場を去るように重ね重ね言われたためか、その後も反転して敵を討とうと暴走したような様子はない。だが、巴当人としてはあの時に引き下がったことを今でも強く後悔しているようである。
      • しかし、彼女が反転しなかったのは義仲を失ったからであり、義仲とより長く共にあったら反転を起こしていた可能性が示唆されている。
  • 英霊剣豪として名乗った際の名前であるインフェルノとは「地獄」を意味する言葉。転じて「地獄のような業火」とも意味している。
  • 上記の通り第七特異点に召喚された際、召喚されたサーヴァントの中に彼女が嫌う源義経がいたが特に仲違いがあった描写はない。「牛若丸」の姿の彼女とは面識がないとはいえ弁慶もいたことも考慮すると気づかれずに済むとは考え難いが、如何にして衝突が回避されたかは不明。
    • ……しかし、2018年度節分イベントの様子から推察すると、少なくとも弁慶は両者の関係性を把握しているらしい。その上で死にもの狂いで両者の接触を回避、あるいは接触しても互いの身の上に気づかせぬよう最大限の努力をする事で平穏を保っている可能性が高くなった。弁慶含む周囲の人間の心労が偲ばれる…。
  • 彼女の最大の個性となりつつある「ゲーム好き」キャラであるが、絆Lv2の時点では「興味があると述べるだけ」程度だったところ、絆Lv3でもう既に「差し迫った用事が無いならゲームしたいことを隠さない」ほどにドップリはまっている。
    • その後もアナログやデジタルはもちろん、ジャンル問わず様々なゲームに精を出しているようで、イベント『節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔』の冒頭ではFPSに熱中している事を「仕事が忙しい」などと表現したり、その後も事あるごとに物の例えにゲームを持ち出すなどヘビーゲーマーっぷりを見せつけており、北斎のイベントではギルガメッシュを呆れさせている。
  • 上記のように混血であるとされているが、夫である木曾義仲と別れる場面でも、女だてらに、かかってきた敵武者の「首をねじ切って」殺す描写があり、伝承時点で十分に人外である。この逸話を参考にして混血設定にしたのかもしれない。なお、これはあくまでも表現上の誇張であり「敵をヘッドロックして短刀で喉を抉った」という説もある。そちらでも十分に怪力であるが。
    また、巴御前には「巴淵に住んでいた龍神が彼女の母親の胎内に宿り、巴御前となった」という伝承も残っている為、それを引用している可能性もある。
    • 実装された際、真名開放時において明かされるマテリアルで素手で人間の首をもぐ程度の膂力を有していることが判明した。……が、筋力は平均的なCランク、耐久は平均以下のDランクだったりする。
      一方で細かい力加減が苦手であり、おにぎりを握ろうとしても潰れてモチのようなものになっている。
  • 亜種並行世界で宿業がうまく働かなかった理由は、宿業によって彼女が変質した結果、鬼の血の反転も同時に引き起こされたためと考えられる。
    • 実際に後天的な理由で反転してしまって、鬼の血が強くなり原因を阻害するという事例には前例がある。
  • わかりにくいが鬼の血の影響もあって地味にメシマズ気味。節分イベントではおにぎりを握ろうとしてなぜか餅になってしまったという一幕も。
    • 一方バレンタインイベントでは甘栗をチョコでコーティングした完成度の高いチョコをくれる……と思いきや、説明文をよく見ると造形にしか触れられていない。ちなみに甘栗は一般的にお菓子作りに使われる栗とは違い、チョコとの相性は……。
    • 紅閻魔のヘルズキッチンを受講した事もあるらしいが、その余りにも大雑把かつ脳筋な料理観に、「一品作る間に二品ダメにする」「首をねじ切る事しかできない悲しいモンスターなのでちか」と嘆かれる始末。皮すら剥いていない素の大根が料理に出てくる事もあるらしく、ガウェインのマッシュ料理よりも酷いのではないか…?
    • なお、史実の義仲もメシマズの逸話があったりする。というか素の大根云々は彼の逸話が元ネタである。ある意味似た者夫婦だったのだろうか。
      • 一応フォローしておくと、この辺りは巴や義仲個人の問題というよりは当時の食文化の問題という側面も大きい。
    • 後に柳生但馬守宗矩の幕間の物語で明らかになったが、鬼の血の影響で味覚についても鋭くなったり鈍くなったりと波があるとのこと。
  • なお史実としては巴御前は確認されておらず、その存在は後世の創作の可能性が高いとされている。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 残滓として活動している際は意思はなく、ただ暴れる方向性となっているが、消滅する間際にその人物像が垣間見れる。
  2. なお、性別不明のサーヴァントと性別を明かしたくないサーヴァント、アストルフォには天幕付きのドラム缶風呂を用意している。
  3. 3ターン
  4. 5ターン
  5. やけどの効果量がアップする状態
  6. 5ターン、オーバーチャージで効果UP
  7. その割には鬼のお面を被せたというものだったが。
  8. さすがに本人を引き換えにするのは良心が咎めたとのこと。一応、後で窓拭きを代わってもらうという形で許してもらった。
  9. 芋スナイパー=主にマルチプレイのFPSゲームで使われるスラングで、「狙撃ばかりして移動しないスナイパー」を芋虫に例えた蔑称。本来はチームプレイを放棄する味方スナイパーに使う言葉だが、こちらも蔑称という意味合いに変わり無い。一方で上級者が行うと、チームのチケットがガンガン溶けていくので大変な脅威となる。この芋スナイパーを狩る行為が「芋掘り」である。余談だが、定点狙撃は実際の戦場では幅広く行われている戦法である。
  10. リスポーン=死亡するなどして退場したキャラが、一定の条件で復活が認められているルールの場合、復活して再度ゲームフィールドに出現する事。

出典[編集]


リンク[編集]