グレンデル

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
グレンデル
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する敵キャラクター。
伝承ではベオウルフの伝承に、彼の手によって打ち倒された魔物として登場する。

略歴
『Fate/Grand Order』のベオウルフの幕間の物語「グレンデルの再臨」に登場。
生前にはベオウルフと対決して敗れたが再度巡り会い、自身の変身能力を駆使してベオウルフと戦ってゆく。
最後はベオウルフが最期に戦った火竜に変身して戦うものの「自分の邪悪さこそがベオウルフが最も恐怖した点だった」という事実に気づかなかったために生前同様に打倒されてしまった。
人物
理性と知性を持ちながら、「食べる為」や「自分の物に手を出された報復」でなく「自分の楽しみの為」に人を殺し続ける、ベオウルフに恐怖を抱かせるほど邪悪な性格。
非常に狡猾であり、後述する自分の能力を駆使して人の心につけ込もうとし、不利になったら隠れてやり過ごそうとする。
不利な状況になっても足掻かずにおとなしく消滅するような潔さとはまったく縁がない。
能力
伝承では巨人とされているが、不定形の魔物であり、他者に変身する能力を持つ。
変身してすぐでは姿だけしかコピーできないが、時間が経過すると発話能力や記憶、能力までコピーし始める。
変身可能な相手は人間だけではなく、記憶を読み取ることができればキメラや竜種にすら変身する事ができる。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ベオウルフの幕間の物語に登場。

人間関係[編集]

ベオウルフ
生前、自分を打ち倒した敵。
『Fate/Grand Order』の幕間の物語では彼と再戦するが、彼の内心を取り違えてしまったために再び敗北することになった。
母親
伝承では水魔であったと言われている。
グレンデル同様に邪悪だったようで、彼が語った怪物の在り方は「母親の受け売り」とベオウルフにバッサリ切り捨てられた。

メモ[編集]

  • 「氷室の天地」の読者コーナーである「ぼくの考えた最強偉人」ではブレザーを着用した水棲生物系女子高生という予想の斜め上をいく姿が採用されていた。
    • あくまでも読者コーナーでの採用なので実装された時は異なる姿になる可能性があるが、上記のように様々な姿に変化できるのでネタ的にはあり得る。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]