シャルル・ノディエ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャルル・ノディエ
性別 男性
初登場作品 Fate/strange Fake
テンプレートを表示

概要[編集]

19世紀のフランスに生きた作家。
フランス幻想文学の祖と呼ばれる偉人である。

略歴
『Fate/strange Fake』で、キャスターの生前の回想シーンで登場。
キャスターがパリの劇場で吸血鬼モノを観劇していた際に劇に大声でヤジを飛ばしていたところが初対面であり、その後は気が合ったのか劇作に関する議論や吸血鬼に関する議論を交わしていた。
後にキャスターの文学活動を支援してくれるようになったことがキャスターの口から語られている。
人物
身なりはきちんとしているが、長いもみあげや髪型から粗野な印象を抱かせる黒髪の男性。
性格も非常に乱暴で、観劇中に大声で批判をしたり勝手に席を替えたりと非常識な行動が目立つ。……というより、出会った当時のキャスターの口調がまともだったことを鑑みるに現代のキャスターそっくりそのままの言動である。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/strange Fake
キャスターの回想シーンに登場。

人間関係[編集]

Fate/strange Fake[編集]

キャスター
生前の彼とパリの劇場で出会い、劇作論や世界の裏側について熱い議論を交わしていた。
後に彼はシャルルの文学サロンに所属し、彼の活動を支援していくことになる。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 上記のように吸血鬼モノの劇を批判しまくっていたが、彼いわく「本物の吸血鬼」と出会った事もあるらしい。
  • 傲岸不遜なキャスターが尊敬する数少ない人物であり、「あの人なら間違いなく英霊になっている」とまで言われているが、実際にそうであるかは2019年4月現在では不明である。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]