ダユー

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
イースのライダー
真名 ダユー
外国語表記 Dahut
Dahud
性別 女性
地域 廃都イース
属性 混沌・悪
隠し属性
声優 高乃麗
デザイン ワダアルコ
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

騎兵」のサーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』亜種特異点Ⅱにてシェヘラザードによってサーヴァントとして召喚を試みられるものの、霊基の問題から通常の召喚ができず、苦肉の策としてカルデアから召喚されてきたフランシス・ドレイクの霊基を無理矢理弄ってダユーに仕立て上げた存在。なので、厳密にはダユー本人ではない。
召喚された後はアガルタの一角「廃都イース」の女王として君臨し、部下の女海賊達とともに略奪と淫蕩の破滅的な生活を送っていたが、レイシフトしてきた主人公達と対立して交戦した。
人物
略奪をよしとする海賊としての面は元となったフランシス・ドレイクと似ているが、彼女と比較してもさらに強欲で暴力的。「財物に執着しない」を通り越して、破滅的に奪っては使い捨てる自転車操業を繰り返している。
性的な面でもドレイクと比較してはるかに淫蕩で、攫って来た男達相手に破滅的な行為に耽っている[注 1]
消滅寸前のダユーはフランシス・ドレイクとしての意識を取り戻していた。
能力
イースの女王として、部下であり分身である女海賊を従える能力を持つ。
戦闘ではドレイク同様に銃とカトラスを使用して戦う。
ただし、無理矢理仕立て上げられたサーヴァントのためか、宝具は使用できない。

真名:ダユー[編集]

イースの海賊公女ダユー。フランスのブルターニュ地方に伝わる伝説の登場人物。
4~5世紀頃のフランスにおいて、グラドロン王とその娘ダユーがいた。
ダユーは父の方針によりケルト文化からキリスト教に変わりゆく国を忌々しく思い、父に頼むことで海辺に自分の都イースを作った。
その街もキリスト教文化に染まろうとしていたが、ダユーは教会ができるより先にサン島の巫女に頼み、立派な城や洪水から都を護る堤防を作った。
じきに、近くを通る船を襲うことでイースは発展、そして荒廃していった。
ダユーも、財宝や男を求めるものの、すぐに飽きて波間に捨てる、そんな生活をつづけた。
最終的に、グラドロン王が管理していた堤防の水門の鍵を、貴公子に変装した悪魔にダユーが騙される形で奪われ、水門が開かれた事により洪水が発生。
廃都イースと共に海の底へ沈む末路を辿った。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
亜種特異点Ⅱ『伝承地底世界 アガルタ』にて、敵の一人として登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

シェヘラザード
ある意味では彼女を生み出した人物。
ストーリー中では軍師として仕えられているが、享楽的な性格の為にまったく相手にしなかったために、最終的に見限られた。
フランシス・ドレイク
霊基を弄られる前の自分自身。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

「奪わせてちょうだい」
「もういらないわ」
スキル使用時の台詞。奪うことに意味を見出す。
「感じて…」
「行くわ…」
「うふふっ…」
攻撃時の台詞。元のドレイクと比較して淫蕩さが目立つ。
「我慢できないの…」
エクストラアタック時の台詞。
「あんっ」
「乱暴なのね…」
被ダメージ時の台詞。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ゲーム版では性行為が示唆されているが、年齢制限の都合かコミック版では上半身裸同士でのマッサージになっていた。……いずれにせよ、行為の後に男性は殺されてしまうわけだが。

出典[編集]


リンク[編集]