ミケランジェロ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミケランジェロ
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
『Fate/Grand Order』のレオナルド・ダ・ヴィンチの幕間の物語「其処には、万能の手でも届かない」で第五特異点か第六特異点の修正後に、理由は定かではないが修復された第四特異点で大英博物館地下の魔術協会の書庫に亡霊として現れ、特異点に微小な異常を発生させていたが、レオナルド・ダ・ヴィンチと主人公たちに倒された。
人物
ルネサンスの巨匠として知られる芸術家。レオナルド・ダ・ヴィンチは自分が先に死んだことで想いが積み重なった、或いは色々ねじくれてしまったと推測した。
亡霊になっており、詳細は不明だが英霊として座には収まっていないらしい。
能力
彫刻や絵画、設計の分野で天才的な才能を見せたと言われ、芸術の分野のみレオナルド・ダ・ヴィンチに劣らぬ天賦の才を持っていた。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
レオナルド・ダ・ヴィンチの幕間の物語「其処には、万能の手でも届かない」で登場。

人間関係[編集]

生前[編集]

レオナルド・ダ・ヴィンチ
天才同士、他の人々より特別な関係だった。
ダ・ヴィンチからは、芸術に関して自らと劣らぬ天賦の才を持って並んでくれた愛しき友として扱われている。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • ミケランジェロはゴリアテに石を投げつけようと狙いを定めた姿を表現したダビデ像を作っている。だがダビデ像はあくまでミケランジェロのインスピレーションの産物である。なので、彼が睨み合いを続ける数万の軍勢の目前で全裸になり巨人に戦いを挑んだ、という訳ではない。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]