2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

メフメト2世

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

Fate/Apocrypha』に登場する人物。

略歴
オスマン帝国の第7代スルタン。コンスタンティノープルを陥落させた事でビザンツ帝国を滅ぼし、ローマ帝国の系譜を断ち切った傑物。
その勢いからヴラド三世が治めるワラキア公国に攻め込むものの、彼の戦いぶりに戦意喪失して撤退する事となった。
後年にはヴラド三世の弟を唆して国を内部崩壊させる事でワラキア公国を滅ぼし、最終的にはヴラド三世に勝利した。
人物
直接的な登場はほとんどしていないが、ヴラド三世が行った串刺しの地獄絵図を前に戦意喪失したあたり、まともな人間性は持っていたようである。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Apocrypha
ヴラド三世の回想シーンに少しだけ登場。イスラム風の服装をした小太りの人物。
氷室の天地 Fate/school life
読者投稿企画に応募されたキャラクター。上記の姿とは打って変わって、乙女ゲームに出てきそうな眼鏡と髭の眉目麗しい青年の姿である。
『Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~』では由紀香が作り出した物語の中でアーチャーのサーヴァントとして登場した。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order × 氷室の天地 ~7人の最強偉人篇~[編集]

美綴綾子
由紀香が作り出した物語におけるマスター。

生前[編集]

ヴラド三世
生前敵対した相手。
侵攻した際のあまりに苛烈な戦い方から「悪魔」と恐れたが、最終的には彼の国を滅ぼした。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]