2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

美綴綾子

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索
美綴綾子
読み みつづり あやこ
初登場作品 Fate/stay night
声優 水沢史絵
身長 162cm
体重 50kg
スリーサイズ B86/W58/H83
スリーサイズ B86/W58/H83
スリーサイズ B86/W58/H83
性別 女性
イメージカラー オレンジ
特技 武芸全般
好きな物 テレビゲーム全般
苦手な物 碁、将棋
天敵 藤村大河
デザイン 武内崇
テンプレートを表示

概要[編集]

穂群原学園の生徒で衛宮士郎遠坂凛の友人。弓道部の主将で、クラスは2年A組(hollowでは3年)。

略歴
凛ほどではないものの学園では文武両道の美人として有名人。その姐御肌な性格から運動部の面々には頼りにされており、凛ともども柳洞一成の天敵となっている。
武芸全般と相性が良く、今まで様々な武道を嗜んできていたが、唯一弓道には心得がなかった。そこで学園入学時にすすんで弓道部に籍を置き、今では当然のように主将にいるという凄い人。
氷室鐘と同じ蝉菜のマンションに住んでいる。家の広さは氷室の家の方が広いらしい。
人物
学園では面倒見の良い人物として慕われている反面、敵に回すと容赦呵責無いため「穂群原で敵に回してはいけない人物」のトップ3の一人として怖れられている。高い実力を持つ上に、リーダーとして相応しい性格であるという、正に主将としては理想的な存在。弓道部の主将というだけでなく、運動部の顔役のような存在になっている。
男前な口調ではあるが、中身は女の子女の子しており、ランサーに口説かれたときはまんざらでもなかった様子。
「美人は武道をしていなければならない」という独特の哲学をもっている。
能力
武芸全般が得意で、一番の得手は薙刀。
徒手空拳でも実力はかなりのもので、冬木市内の道場で師範代を勤めている。

登場作品と役柄[編集]

Fate/stay night
聖杯戦争には関わらない一般人。凛と士郎共通の友人として微妙な立場にあるが、三人が三人ともアレなので誰も気付いていない。
Fate/hollow ataraxia
弓道部の主将は引退したが、大御所として文化祭や合宿の主導的人物となる。
氷室の天地 Fate/school life
準レギュラーキャラ。基本的に氷室鐘らのいじられ役。
ちびちゅき!
弓道部所属。こちらでは引退の必要がないものの、桜に主将の座を譲る。
衛宮さんちの今日のごはん
第十五話で料理担当としてメインで登場した。

人間関係[編集]

衛宮士郎
友人。弓では一方的にライバル視している。士郎が弓道部を退部した後も引き戻そうと勧誘を続けている。しかしそこには本人の自覚の無い(認めようとしない)感情が少なからずあるようで。しかし、恋愛関係に発展することはないとの事。
遠坂凛
友人にしてライバル。凛が弓道場を眺めていたことが縁で知り合った。ある賭けをしている。
間桐桜
後輩。自身が3年に進級した後、主将の座を譲る。その後もそれとなく手助けし、アドバイスを与えている。
間桐慎二
同じ弓道部に所属する部活仲間。士郎退部後は綾子に次ぐ腕前を誇るが、同時に問題児たる彼の振る舞いには頭を痛めている。
藤村大河
顧問。困った顧問としてあしらっているが、剣道で「冬木の虎」の異名を馳せた人物として尊敬しており、基本的に頭が上がらない。
柳洞一成
何かと生徒会が運動部を冷遇する(ように見える)ため対立。しかし、人間的な悪感情はそれほど抱いて無い。
綾子が師範代を勤める空手道場を、修練のために訪れる時もある。
美綴実典
弟。
氷室鐘
友人。よくいじられる。
蒔寺楓
友人。馬鹿キャラと認識しており、「一緒にされたくない」と思っているが、女子としては五十歩百歩。むしろ和食や和裁の面では負けている。
佐伯直美
友人。共通の趣味(ゲーム)があったことを知り、すっかりツーカーに。
沙条綾香
友人。『氷室の天地』ではライダーに吸血された際、「大コウモリに襲われた所を庇われた」と証言してもらったため本編時空のように名誉を失わずに済んだ。
ライダー
苦手な人物。が、逆にライダーには好かれているため、困っている。

名台詞[編集]

Fate/stay night[編集]

「アンタとは、殺す殺さないの関係までいきそうだ」
凛に初対面で言った台詞。
「お前とはとことんまでやりあえる友人になる」、というような主旨の発言なのだが、プロローグで言われると大変紛らわしい(と言うより、このシーンは意図的に誤解を誘う会話になっている)。

Fate/hollow ataraxia[編集]

「フツーの恋愛がしたいのにーっ!!」
花屋でランサーから花を買っていた最中、突如現れたライダーに恐れをなして逃げていく美綴であった。

氷室の天地 Fate/school life[編集]

「やめてェマキジのHPは、もうゼロよっっ!?」
由紀香の無自覚な霊視に恐怖する。幽霊がダメなのは、何も蒔寺だけではない。
「あれ!? なんか最近あたしの扱いひどくね!?」
調理実習の時に蒔寺達に突っ込まれて。この頃から弄られ役が板に付いてきた。
「ってゆーか、今時あんな魔女とか! 実在してても、あの服装はしねぇわ!」
魔女のコスプレの話題になっての会話。何気ない台詞だったが、綾香にはグサッとくる言葉だった。

衛宮さんちの今日のごはん[編集]

「違うよ、今日の夕飯。たくさん作った方が美味しくできるじゃない? 色々入れた方が味も面白くなるし」
アニメ版5話「たけのこグラタン」における、原作漫画にない追加シーン。スーパーで出会った桜から、大量の食材をカートに入れているのを見て「まとめ買いですか?」と質問されての回答。
『氷室の天地』でもよく言われている「美綴は大量生産料理が得意」という設定が他媒体で活用されている例。原作漫画15話「ティータイムにサクサクスコーン」でも氷室の思考で言及されている。

メモ[編集]

  • キャラクターデザインは旧ライダーの流用。しかし「あまりにメデューサのイメージすぎるので」没、のちリサイクルとのこと。
    • そんな縁かライダーに好かれてたりする。もちろん性的な意味で。
  • 凝ったものではなく大量生産に適した料理(例えばお好み焼き等)が得意。作る量が多くなればなるほど味が良くなるらしい。逆は不明。
    • ただ、家庭科の授業に大量のベーキングパウダーを持ち込んでおり、料理=大量生産と思い込んでいる節がある。
  • 『hollow』の時点での弓道部内での力関係は
    美綴>桜>大河>美綴>桜>大河>(以下略)
    ようするに三すくみ。
  • 「好きなもの:テレビゲーム全般」とあるように、家庭用ゲームを嗜む。氷室鐘とネット対戦型シミュレーションゲームをしたりするが、メインは一人用の乙女ゲー。でも世間的には格ゲーが好きとか誤魔化したりもする。
    • なお、乙女ゲー大好きな彼女ではあるが、別に腐女子ではない。『氷室の天地』で趣味が晒されて腐女子扱いされたときにはマジギレしていた。
  • 武道全般が得意、とあるが、その範囲は一般的なものであり、あまりにマニアックなものは知らない。
  • 「美人は武道をしていなければならない」とはつまり、自分自身が美人である、という意味でもあったりする。……事実ですが。
  • ロマンスグレーのおじさまなんかが趣味らしい(ランサーへの反応を見るに、そこだけ、というわけではないようだが)。
    • 「英雄史大戦」では絵柄が美青年とダンディばかりのカードでデッキを組んでいる。
  • 『stay night』でライダーに裏路地に追い込まれ、魔力補給のため血を吸われた。その時の記憶は失っているが、恐怖が深層に染み付いているため、以来ライダーは苦手。『hollow』では他に、ライダーが自分を性愛の対象として見ている事に無意識で気づいており、過去のトラウマも含めて苦手意識として発現している。一方のライダーは執拗に綾子を狙っており、あわよくば頂いてしまおうとしている。
    • フェイト/タイガーころしあむ アッパー』限定版に付属するタロットカードのイラストでは、猿ぐつわと共に赤い糸(武器である鎖つき短剣が変化したもの)でライダーに縛り上げられ、しかも糸の先はライダーの左手小指に結ばれている。カード名は「恋人」。イラスト担当は「氷室の天地」の作者・磨伸映一郎。
  • 前世占いによれば伝説の海の戦士で、が最強の武器――つまり、格闘家だったとのこと。要するにプリティーでキュアーなあのシリーズのキャラクターであり、中の人繋がりのネタ。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]