丹羽長秀

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹羽長秀
読み にわ ながひで
性別 男性
初登場作品 ぐだぐだ太閤伝ZIPANG
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ぐだぐだ太閤伝ZIPANG』の登場人物。

略歴
織田家に仕えていた古参の家臣の一人。
武勇に優れた柴田勝家と対比して内政に優れ、長期間にわたって信長を支え続け、信長の死後は豊臣秀吉に協力した。
人物
穏やかで論理的な性格で、どこか山南敬助を連想させる姿形をしている。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fate関連[編集 | ソースを編集]

ぐだぐだ太閤伝ZIPANG
出番はあまり多くないが、織田家の一員として頻繁に登場している。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ぐだぐだ太閤伝ZIPANG[編集 | ソースを編集]

織田信長
仕えている織田家の当主。
柴田勝家、佐久間信盛
同じ織田家の家臣。
木下藤吉郎
同じ織田家の足軽。
桶狭間で独断専行した彼の問題について穏やかに苦笑いしながら諭していた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 『コハエース』の軽いノリの時はノッブからは「ゴローちゃん」と呼ばれている。これは長秀の名前の「五郎左」からであろうか。
    • また、彼の内政手腕に関しては「木綿藤吉[注 1]に米五郎左[注 2]、掛かれ柴田[注 3]に退き佐久間[注 4]」と評されている。


話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 木綿のように丈夫で使いでの多い木下藤吉郎。
  2. 米のように地味だが欠くことのできない存在である丹羽長秀。
  3. 戦争では勇猛に的に襲い掛かっていく柴田勝家。
  4. 危険な退却戦で安全を確保してくれる佐久間信盛。

出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]