坂上田村麻呂

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂上田村麻呂
読み さかのうえのたむらまろ
性別 男性
初登場作品 Fate/EXTRA CCC FoxTail
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/EXTRA CCC FoxTail』に登場する人物。大刀を手にした甲冑姿の男性。

略歴
帝から命を受け、神通力を使い狼藉を働く鈴鹿御前を退治するために鈴鹿山へ向かい、彼女と戦う。
決闘の中で彼女が勘違いをしていたことが判明、また互いに一目惚れしたこともあり戦いは中断。
紆余曲折の末にコンビを組み悪路の高丸、大嶽丸といった悪鬼を数多く討伐した。
だが、大嶽丸を討つ際に鈴鹿御前が偽の花嫁として潜入した事を「裏切られた」と誤解してしまい、討伐の際に彼女も共に討ち果たしてしまった。
その後、死した彼女を助けに冥府まで赴いたという伝承もあるが、採用されていない模様。
人物
詳細不明だが、鈴鹿御前が「ぶっちゃけ一目惚れ」した容姿の持ち主。
彼女の回想からすると、話し口調はあまり堅くない模様。
能力
鈴鹿御前の回想では、手にした大刀で戦う姿が描かれている。
その実力は、鈴鹿御前が驚いた隙に倒されるというアクシデントがなければ自分が勝っていただろうとはしつつも「結構強かった」と認めるほど。

登場作品と役柄[編集]

Fate/EXTRA CCC FoxTail
鈴鹿御前の回想シーンに登場。

人間関係[編集]

鈴鹿御前
帝の命により討伐に向かった相手。
決闘の末に互いに一目惚れした関係。二人は助け合いながら数多の鬼を退治し、英雄としての功績を紡いでいった。
後に大嶽丸を討伐する際に偽の花嫁として潜入したことで、裏切られたと誤解してしまった。
坂上正林
鈴鹿山で一緒に住むこととなった鈴鹿御前との間に儲けた娘。
大嶽丸
鈴鹿御前とともに討伐した鬼。
上記の通り、彼の討伐の経緯で愛する鈴鹿御前との誤解が生まれてしまった。
悪路の高丸
鈴鹿御前とともに討伐した鬼。

名台詞[編集]

「――さっきから気になってたんだがなっ
 オレの名は坂上田村麻呂だっつーの」
鈴鹿御前との決闘中、「大嶽丸」だと思い込んで名前を間違え続ける彼女に痺れを切らして放った一言。
流石の鈴鹿もこれには「デジマ!?」と驚き、その隙を突かれて勝負は決した。

メモ[編集]

  • 鈴鹿御前の現マスターである坂神一人は、彼と似た姓を持っている。これについての彼との関係性は現段階では不明。
  • Fate/EXTRA CCC FoxTail』本編において鈴鹿御前の回想にのみ登場。没プロット「妖狐伝(仮)」のダイジェストには見られないため、没プロット時点での登場の有無は不明である。
  • 坂上田村麻呂と鈴鹿御前の物語は数多く存在するが、二人で力を合わせて悪路の高丸や大嶽丸などの鬼を退治し、その後は亡くなった鈴鹿御前を助けるために冥府まで赴いたという逸話から推測するに、『FoxTail』では奥浄瑠璃『田村三代記』の田村麻呂伝説を基礎にしていると思われる。
  • 坂上田村麻呂の娘の春子は、桓武天皇の妃として葛井親王を産み、その血筋は清和源氏とその分流へ受け継がれていった。そのため源頼光牛若丸の祖先の一人となる。
  • 坂上田村麻呂は御剣「坂上宝剣」、大刀「騒速」、大刀「黒漆剣」、太刀「童子切安綱」、太刀「鬼切安綱」など様々な刀剣を所有していた。
    • 騒速(そはや)は大嶽丸悪路の高丸討伐に使用されている。Fateシリーズでは素早丸(そはやまる)として、鈴鹿御前の大通連と夫婦剣と連携技で計500本の雨を降らせていたという。彼女の宝具「天鬼雨」は思い出の詰まったかんざしを素早丸に見立て、宙に浮く大通連と接触させることで発動させている。出典元のひとつ『田村三代記』では田村将軍はそはや丸・こんじゃく丸の双剣を使用しているが、Fateシリーズではこんじゃく丸と小通連が夫婦剣かは現在判明していない。
    • 童子切安綱は大原安綱が坂上田村麻呂に奉じた太刀「血吸」で鈴鹿御前と剣合わせしたのち、伊勢神宮に奉納した。後に源頼光が伊勢神宮に参拝した時にアマテラスより夢の中で授けられ酒呑童子を斬った事から太刀「童子切安綱」と呼ばれるようになった。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]