巫浄家

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

作品によって異なる「フジョウ」が登場する。

巫浄家[編集]

月姫』における「フジョウ」で、巫女の家系。盲いることであちらの世界が視えるようにする。特異能力は知識、技術の形で受け継がれる。[出 1]
かつては混血を狩っていたが、需要がなくなるにつれて、その技を他に転用するようになった。[出 2]
琥珀、翡翠の家は分家であり、血で感応能力を継承する。彼女達の母が禁を破り、家は没落した。[出 1]

巫条家[編集]

空の境界』における「フジョウ」で、呪い師の家系[出 3]。資産家。
特異能力は血で伝わるようで、霧絵は病で弱視になった結果、呪詛の力に目覚めた。
歴史の長さは両儀家、浅神家に並ぶ[出 3]。古い純血種。当初は市子として口寄せ、呪詛を生業にしていたが、祈祷に鞍替えする。「俯瞰風景」の何年か前に、霧絵の両親と弟が事故死し、残った彼女も自殺した結果、断絶する。
巫条という姓について、蒼崎橙子は「不浄の言代なのかもしれない」と推察している。

人物[編集]

琥珀翡翠
巫浄家の分家の出。母の代に禁を破って没落し、遠野家に流れ着く。
巫条霧絵
巫条家の最後の生き残り。

関連組織[編集]

浅神家
同じ退魔四家の一つ。断絶または没落している。
七夜家
同じ退魔四家の一つ。1人残して全滅している。
両儀家
同じ退魔四家の一つ。

言及作品[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]

  1. 1.0 1.1 「月姫用語辞典-巫浄」『月姫読本』
  2. 「Q&A」『TYPE-MOON Fes. オフィシャル パンフレット』
  3. 3.0 3.1 「空の境界用語集-巫条霧絵」限定愛蔵版『空の境界』付録冊子

リンク[編集]