朔月陽代子

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
朔月陽代子
読み さかつき ひよこ
性別 女性
初登場作品 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤに登場する朔月美遊の母親。
朔月家の先代の神稚児。

略歴
結界の中で朔月美遊を育てていたが、エインズワース家が行った第四次聖杯戦争の余波の黒い泥を受けて屋敷は半壊し、死亡した。
人物
出番はほとんど無いため直接の人物描写は無いが、マテリアルの挿絵ではドヤ顔でダブルピースをキメていた。
能力
舞踊、生け花、茶道、ピアノ、水泳、弓道、合気道など礼法に運動、武道勉学となんでもこなす才女。
外に出られず暇を持て余した結果資格取得にはまっていた時期があるらしく、簿記、司法書士[注 1]、TOEIC、ボイラー技士、インテリアコーディネーター、ネイリスト、ふぐ調理師などの特に使い道のない資格を複数持っている。
しかし、パソコン関係はあまり得意ではなかった模様。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
本編では朔月家の歴史の描写で一瞬登場するだけであったが、劇場版のマテリアルで詳細が明かされた。

人間関係[編集]

プリズマ☆イリヤ[編集]

朔月美遊
娘。今代の神稚児。
朔月家で唯一自分だけが接触することができた。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 通りすがりの菌糸類曰く「ひよこは私のママになる人物だった」とコメントを残している。情けない奴ッ!

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. さらりと記述してあるが、合格率はたったの4%である文系最難関の資格である。この資格だけで一生の仕事になるレベルであり、彼女の規格外さが伺える。

出典[編集]


リンク[編集]