望月盛時

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
望月盛時
読み もちづきもりとき
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』の登場人物。

略歴
戦国時代の信濃の武将であり、後に武田晴信に仕えた人物。望月千代女の夫としても知られている。
武田晴信と共に長尾景虎と対立していたが、第四次川中島合戦で討ち死にしてしまった。
人物
愛の深い人物であり、伊吹大明神のかけた呪いを知った上でそれごと千代女を妻に迎えようとしていた。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
望月千代女からたまに言及されることがあったが、コミック版『英霊剣豪七番勝負』で後ろ姿のみであったが台詞付きで登場した。

人間関係[編集 | ソースを編集]

望月千代女
妻。彼女が抱える伊吹の呪いを知った上で妻に迎えた。
武田晴信
当初敵対していたが、後に仕えた君主であり叔父。
長尾景虎
上記の晴信の対立相手。
第四次川中島合戦では彼女の軍に討ち取られてしまった。

名台詞[編集 | ソースを編集]

「これもそなたの一部ならば、わしは構わぬ。共にあろう」
自身にかけられた伊吹の呪いに苦しむ千代女に対し、見えない蛇を撫でながら。
この言葉に千代女は一時の安らぎを覚えるのだが……

メモ[編集 | ソースを編集]

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]