殺戮猟兵

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

Fate/Grand Order』に登場する存在。

略歴
イヴァン雷帝の宝具『我が夢路に這い出よ黒犬』で生み出された存在。
『序/2017年 12月31日』でアナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァが引き連れてカルデアに侵攻した。
『永久凍土帝国 アナスタシア』では、ロシアの異聞帯の村々を巡回しており、ヤガ達から税金代わりに狩った獲物を徴収している。
人物
皇帝ツァーリのオプリチニキ。イヴァン雷帝の親衛隊。
黒い兵士。人間を苦しめるために編成された部隊。人の皮を被った悪鬼。
全身黒ずくめの服装に鳥を模したマスクという異様な姿をしている。
伝承によれば、狗の頭を持ち、黒衣を纏い、黒毛の馬に乗り、黒い馬具をつけ、馬の首には犬の頭をくくりつけている。
同時に獣毛を箒状に編んだ鞭を持ち、「裏切り者に対しては犬のように襲い掛かり、箒で掃き出す」という意味合いを込めたという。
人間ではなくイヴァン雷帝の宝具によって生み出された存在で、その在り方は使い魔に近い(ホームズが交戦した際、人間味を感じなかった)。
能力
手鎌とボウガンを武器として使う。
集団の暴力としては圧倒的であるが個々の力は弱く、ゴルドルフ・ムジークの鉄腕魔術「鉄の拳ゴッフパンチ」で倒せる程度。
ただし首都モスクワに近づけば近づくほど強化され、モスクワ近辺では一体一体が低ランクサーヴァントに近しい力を持つ。ベオウルフはイヴァン雷帝への信仰心が強ければ強いほど、殺戮猟兵が強くなると推測していた。
加えて、イヴァン雷帝が夢を見ている限り無尽蔵に再召喚する事が出来るため、無限に復活する。
心臓に当たっても倒れないが、脳を一撃すると倒れる。
スキルは「睨め付け、捕獲せよ」を使用する。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
『序/2017年 12月31日』で敵エネミーとして登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ
『序/2017年 12月31日』でオプリチニキを率いたサーヴァント。
ゴルドルフ・ムジーク
人理継続保障機関フィニス・カルデアを襲撃した際に、戦闘を行った。
イヴァン雷帝
オプリチニキを生み出した存在。基本的に彼らの行動理念は「皇帝の栄光を示す」となっている。
タマモヴィッチ・コヤンスカヤ
ロシアの異聞帯では、オプリチニキの一部が彼女に指揮権を譲渡された上で運用されていた。

名台詞[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]