永久凍土帝国 アナスタシア

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
永久凍土帝国 アナスタシア
副題 獣国の皇女
異聞深度 D
年代 AD.1570

概要[編集 | ソースを編集]

Lostbelt No.1。カドック・ゼムルプスの担当地区であるロシア異聞帯。氷河期が訪れた地球で延々と歴史を積み重ねた人類史。
異聞帯の王はイヴァン雷帝。世界がその在り方を完全に破綻させている。土台は悪いが国の真ん中にいる『王』は最上級の代物。異聞帯の中心には空想樹・オロチが生えているが、イヴァン雷帝が空想樹の必要性を認めていないため、このロストベルトだけ空想樹が根付いておらず、芽吹いていない。
分岐点は隕石の落下による氷河期だと言われている、四百五十年前の大寒波によるもの。地球上は何処だろうと分け隔てなく極寒の世界となった。年から年中吹き荒れる吹雪も、汎人類史のソレとは比べ物にもならないモノとなっており、外の気温は零下100度、下手をすれば零下120度と、人間が防寒具もなしに外に出れば、二分と持たない極寒の地獄となっている[出 1]
また、ロシアを包んでいるスーパーセルは世界の壁のように阻んでおり、あらゆる電磁波はそこから発するオーロラに阻まれ、嵐がかなりの規模であるために核爆弾に匹敵するエネルギーが渦巻いているため物理的な突破は不可能[注 1][出 2]。当然ながら、青空も見えることはない。 そんな過酷な環境で動物が生きていくのは不可能であり、絶え間なく産み落とされる魔獣という上位種が存在したこともあって、500年前まではいた犬や猫、象などの動物もとうの昔に絶滅していた。ただし、蝿はこの世界での極寒の地で生き延びただけあって、肉を見ると何が何でも喰らい付く獰猛さを持つ。
絶え間ない雪嵐と産み落とされる魔獣に対抗するため、人は独自の進化を遂げてヤガとなり、旧種であるヒトは伝説にしか残されていない[出 2]。最早“人間”という旧い種では生き残る事のできない環境となり、寒さに慣れていなかった国は呆気なく滅びた。元々国土の多くが極寒の地であり常に寒さに対する備えがあったロシアはすぐに滅びはしなかったが、それでも人口の九割近くが失われ国そのものが消えてなくなる一歩手前までいった。当時のイヴァン雷帝魔術師と一緒に対策を練り、ロシアの人間に魔獣と人間の合成術を施したことで“ヤガ”は誕生した。しかし、ヤガの生死のサイクルはゆっくりと、だが確実に早まっている。
有り体に言えば「脆弱さは邪悪であり、死は敗北であり、強靭さこそが正義と讃えられる」。謂わば弱肉強食の理論を突き詰めた永久凍土の世界ともいえる[出 2]。弱者の存在は「強者にとっての肉にすらならない」と言う意味を込め、ヤガたちはこの世界の法則を弱肉強食ですらなく、「強食」とだけ表現する。
皇帝に対する叛逆の芽を潰そうと、皇帝と親衛隊に従わない者や反抗な態度をとった者に対しては財産は没収、家屋は焼却処分されてしまうが、それはまだマシな方で、最悪の場合処刑されることもある。恐怖を以てロシアを支配する450年の間叛逆軍が出なかった時代は無く、貴族や食い詰めた農民がなっていたが、いつも殺戮猟兵に虐殺されて終わる。しかしアタランテ〔オルタ〕が率いる叛逆軍は、いつもの叛逆軍と比べると奮闘している[出 3]

異聞帯の人物[編集 | ソースを編集]

イヴァン雷帝
異聞帯の王。最初のヤガであり、500年に渡って君臨している。
パツシィ
変わり者のヤガ。

メモ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. FGO世界における現在の人類の技術であの規模のスーパーセルを突破できる乗り物は開発されておらず、ましてやシャドウ・ボーダーでは脱出はできない。

出典[編集 | ソースを編集]

  1. 『永久凍土帝国 アナスタシア』第1節「獣たちの帝国」及び、第17節「もはや雷光ではなく」。
  2. 2.0 2.1 2.2 『永久凍土帝国 アナスタシア』第1節「獣たちの帝国」
  3. 『永久凍土帝国 アナスタシア』第2節「ヤガ」

リンク[編集 | ソースを編集]