うどんサーヴァント

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

概要[編集]

うどん生地を触媒にして、聖杯の泥を使って生み出されたサーヴァント

主人公 (マンガで分かる!FGO)の手によってマンガで分かるライダーマンガで分かるアサシンポール・バニヤンの三騎が、
レオナルド・ダ・ヴィンチの手でマンガで分かるランサーちびっこ王国のアーチャーマンガで分かるキャスターマンガで分かるセイバーの四騎が作られた。

最初は目と口がついたボールサイズの丸いうどん生地の姿の幼生だが、丹精を込めて世話をすることで人型のサーヴァントに成長する。 基本的にはただの球体だが、耳の様な突起や髪の様な跳ねが付いていたりする事もある。

ちなみに幼生の身体はうどん生地のため、調理すれば普通に食べられる。

これまで登場したのは以下7人。

名前 クラス 登場作品
マンガで分かるライダー ライダー マンガで分かる!Fate/Grand Order
マンガで分かるアサシン アサシン マンガで分かる!Fate/Grand Order
ポール・バニヤン バーサーカー マンガで分かる!Fate/Grand Order
Fate/Grand Order
マンガで分かるランサー ランサー マンガで分かる!Fate/Grand Order
ちびっこ王国のアーチャー アーチャー マンガで分かる!Fate/Grand Order
マンガで分かるキャスター キャスター マンガで分かる!Fate/Grand Order
マンガで分かるセイバー セイバー マンガで分かる!Fate/Grand Order

メモ[編集]

  • 登場した当初は一言も喋らなかったが、編集からの「喋らせた方が良い」というアドバイスにより、『もっと』第53話でライダーが、かなり遅れて『ますます』第25話でアサシンが初めて喋った。
    • ポール・バニヤンバーサーカーの基本に忠実なのか本編では未だに喋っていないが、他の二人を差し置いての『FGO』実装に伴い小見川千明氏の声が付き、アニメ化の際にもそのままの配役で登場している。
  • Fate/Grand Order』では期間限定イベント『オール・ザ・ステイツメン!~マンガで分かる合衆国開拓史~』で名も無きマスター幻霊であるポール・バニヤンをうどん生地の塊に憑依させて形を与え、貯め込んだ聖杯とQPをつぎ込んでサーヴァントとして成立させた。
  • 一時期、人選に関して「うどん粉→小麦粉→メリケン粉」というアメリカ合衆国の英霊繋がりではないかという説が囁かれていたが、そもそも最初の三人の内ライダーはフランス人であり、その後もヨーロッパ(イギリスフィンランド)出身の英霊が登場した事で否定されている。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]