2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

バーサーカー

提供: TYPE-MOON Wiki
移動先: 案内検索

バーサーカー (Berserker)とは「狂戦士」の英霊。

概要[編集]

基本能力を問わず、ただ狂う事で破壊にのみ特化しているクラス。
伝承において狂気を得たエピソードのある英霊が該当するとされている。
クラス特性として、「狂化」を保有する。
これによってステータスの強化が可能だが、「理性が失われる」、「一部の能力が劣化、または使用不能になる」、「魔力消費量が膨大になる」などデメリットも多い。
そのため、冬木の聖杯戦争ではイリヤを除く歴代マスターは全て魔力切れによる自滅で敗退している。
また狂化のランクが高すぎるとマスターの命令を受け付けなくなり、令呪を用いる場合も複数画必要になる。
英霊に「狂」の付加要素を許諾させるだけで該当するクラスであるため、バーサーカー適性を持つ英霊は多く、その場合は召喚呪文に特定の一節を組み込むことでクラスを指定して召喚できるという(Fate/Zero)。
もともとは弱い英霊を強化するために用意されたクラスであり、上記の条件を満たせば全ての能力がランクEの者でも該当する。

これまで登場したのは以下32人。

名前 登場作品
ヘラクレス Fate/stay night
Fate/Grand Order
ランスロット Fate/Zero
Fate/EXTELLA LINK
Fate/Grand Order
アルクェイド・ブリュンスタッド Fate/EXTRA
呂布奉先 Fate/EXTRA
Fate/EXTELLA
Fate/EXTELLA LINK
Fate/Grand Order
李書文(クラス変更後) Fate/EXTRA
Fate/EXTRA Last Encore
エリザベート=バートリー(クラス変更後) Fate/EXTRA CCC
フランケンシュタイン Fate/Apocrypha
Fate/Grand Order
スパルタクス Fate/Apocrypha
Fate/Grand Order
ジャック・ザ・リッパー (Fake) Fate/strange Fake
坂田金時 Fate/Apocrypha(企画段階)
Fate/Grand Order
ヘンリー・ジキル&ハイド Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
Fate/Grand Order
森長可 Fate/KOHA-ACE 帝都聖杯奇譚
ポール・バニヤン マンガで分かる!Fate/Grand Order
Fate/Grand Order
ヴラド三世 (Grand_Order) Fate/Grand Order
ダレイオス三世 Fate/EXTRA Last Encore
Fate/EXTELLA LINK
Fate/Grand Order
アステリオス Fate/Grand Order
エイリーク・ブラッドアクス Fate/Grand Order
カリギュラ Fate/Grand Order
清姫 Fate/Grand Order
タマモキャット Fate/Grand Order
ベオウルフ Fate/Grand Order
ナイチンゲール Fate/Grand Order
クー・フーリン〔オルタ〕 Fate/Grand Order
源頼光 Fate/Grand Order
茨木童子 Fate/Grand Order
謎のヒロインX〔オルタ〕 Fate/Grand Order
土方歳三 Fate/Grand Order
茶々 Fate/Grand Order
ペンテシレイア Fate/Grand Order
織田信長〔バーサーカー〕 Fate/Grand Order
アタランテ〔オルタ〕 Fate/Grand Order
ジャンヌ・ダルク〔オルタ〕 (バーサーカー)‎ Fate/Grand Order

英霊の個体能力に拠らないクラス基本能力:筋力C 耐久D 敏捷D 魔力E 幸運E

Fate/Grand Order』では、シールダーとフォーリナーおよび一部ビーストを除く全クラスの弱点を突けるが、
他のクラスが相性で弱点を突いた時(2倍)に比べてダメージ倍率の低い1.5倍となる。
シールダーに対しては等倍(相性なし)、フォーリナーに対しては軽減され0.5倍。
同時に、シールダー以外の全クラスから弱点を突かれる。この時のダメージ倍率は通常の弱点通りの2倍。
額面上の攻撃力に1.1倍のクラス補正を持つが、スター発生率・スター集中率ともに全クラス最低。
その代わりにダメージを受けた際のNP獲得量は高めになっている事が多い。
このクラスのサーヴァントはBuster3枚・Arts1枚・Quick1枚と言うカード構成が標準。

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

  • 第四次・第五次、そして『EXTRA』と、本来の「弱い英霊を強化する」という意図に反して、生前に無双を誇った武人や規格外の存在が呼ばれている。
    本来は心技体、そして宝具のいずれもが強力な英霊なのだが、理性を奪われたことで能力の多くが発揮できなくなっている。
    ステータスは増幅されているが、それ以上に奪われた能力を惜しむ声がファンからは多く上がっており、元々が強過ぎる英霊にハンデを課すためのクラスと認知されていた(第四次バーサーカーは比較的狂化を活かしていたが、マスターのハンデの方が大きかった)。
    だが遂に、『Fate/Apocrypha』で本来の運用がなされたバーサーカーが現れた。
  • デメリットの目立つクラスではあるが、反面、裏切りや反発を生む意思も失われるのでマスターに最も従順などメリットもある。真っ当な英霊と魔術師では意見が合わず、衝突の危険性もあるので進んでこのクラスを狙う者もいる。
  • 『Zero』においては、「凡そあらゆる英霊について、とある付加要素を許諾するだけで該当させることができる」と言う記述がある。
    だが、セイバーについて『「剣士」以外のクラスには該当しない』、ランサーについて『狂戦士のクラスでの召喚も十分にありえた』と言う記述がある点、『Zero』のバーサーカーについても、セイバーが彼に狂戦士であった事にショックを受ける描写がある点などから、他のクラス同様にバーサーカーとして召喚出来る条件がある、と考えるのが自然。
    • 『Zero』の描写を「狂化を許諾する英霊=狂戦士の逸話がある英霊」「少しでも狂った逸話があれば良いので適格条件が緩い」と取れば、一応矛盾はないが、実際の所どうなのかは不明。
    • 実際、『EXTRA』および『CCC』で、別クラスとして召喚されながら外的要因でバーサーカーに変化するサーヴァントが登場している辺り、クラスとして英霊に適合しやすい点はあるのだと思われる。
  • ただ狂化しているだけだと言葉も喋れず、ドラマ部分に組み込みづらいからか、次第に何らかの理由で意志疎通が可能なキャラクターが多数登場するようになった。
    • なお、他に狂気にまつわるスキルとして「精神異常」や「精神汚染」「理性蒸発」などがある。ランクが高すぎる「信仰の加護」も人格に異変をきたす要素を持つ。アタランテ〔オルタ〕は「獣化」によって狂化スキルの代替としている。
    • 上記のスキル持ちも合わせて、思考回路自体がぶっ飛んでいたり、特殊な思想・願望・嗜好のままに突き進むキャラクターばかりなので、会話は出来るが言う事を聞いてくれなかったり、何らかのズレが発生するパターンが多い。
    • 他のクラスと比較して裏切られる心配がないものの、マスターとのコミュニケーションが殆どとれず、魔術師の納得がいく戦術をとれないケースもある。間桐雁夜が最たる例であり、本人は遠坂時臣アーチャーを優先して狙いたいが、生前の因縁からバーサーカーが雁夜の意思を無視してセイバーに襲いかかる度に雁夜には莫大な負担がかかり、セイバーとの交戦を一時的に避けるために令呪を使わざるを得なかった。しかし、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンのように英霊が生前関わった人物と被る、カウレス・フォルヴェッジ・ユグドミレニアのように狂化しながらもそれなりの方法でコミュニケーションを取って強い信頼関係を築いたケースもある。
  • エルキドゥがバーサーカーで召喚された場合、神に手が届くほどの力を持って顕現していた模様。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]