アジャイ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジャイ
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』に登場する異聞帯の住人。

略歴
インド異聞帯にて登場。主人公らが最初に訪れたビーチュの町の住人で、娘のアーシャ、飼い犬のヴィハーンと共に暮らしている。
当初は訪れた主人公に対しても無愛想に接しており、アーシャに対してもあまり仲良くしないように言う程。
主人公らが来てから二度目のカリ・ユガの際、襲撃からアーシャを守る為に怪我した事が原因で世界から不要とされ、消されてしまった。
人物
どこか険しい表情が特徴的な、褐色肌の中年男性。職業は木樵。
ユガの後半以外は穏やかな住民が多いインド異聞帯でも珍しく、クリタ・ユガでも愛想が悪い。主人公らは元より、娘のアーシャに対しても父親として愛してはいるが「間抜け(ウッルー)」呼ばわりしたりと口もかなり悪い。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
インド異聞帯の住人として登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

アーシャ
娘。無愛想ながらも愛情を持って接している。
ヴィハーン
飼い犬。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 名前の意味は、サンスクリット語で「不屈」を意味する言葉である。
  • 上記のように極めて愛想が悪い人物であるが、「インド異聞帯の世界に違和感を持っていたからでは?」という推測もある。アーシャに対する庇護意識は元より、家が広すぎる事に対する言及があったり、ヴィハーンが負傷した際に彼が「消える」事を示唆する事を考えたりと、誰かが「消える」事を意識している節がある。
    • おそらくは、自身の妻の記憶が原因であると思われる。「アーシャが生まれるには母親が必要なはずだが、家には居ず、どんな人物だったか記憶に無い」というのは明らかに不自然であると容易に推測できるであろう。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]