異聞帯

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

ロストベルト。過った選択、過った繁栄による敗者の歴史。歴史の残滓。
それぞれの異聞帯に「異聞帯の王」とされる強大な存在が一人存在している。

“不要なもの”として中断され、並行世界論にすら切り捨てられたイフの世界、“行き止まりの人類史”。人々に罪はなく、文明にも落ち度はない。ただ行き止まりになってしまっただけの世界。異なる歴史を歩んできた人類の年表。一時の点ではなく、帯として現在まで続いたもの。
コヤンスカヤ曰く、「自分たちの世界に疑いを持てない」というのが異聞帯の限界であり、だからこそ剪定されたという。

特異点を『正しい歴史が間違ったもの』ならば、異聞帯は『何も間違ってはいない』世界。言うなれば、汎人類史とは異なる歴史でありながら、特異点のように狂った世界ではない領域である。

だが異聞帯は並行世界ですらない。本来なら百年で打ち切られる歴史が、現在まで続いてしまった世界であり、いわば『汎人類史に敗北した歴史』が地球上に突如として現れたようなものである。特異点とは違い、現代の今の時間軸に7つの異常地帯が浮かび上がっている。テクスチャの上書きであるため、点ではなく帯。
最早転換点は過ぎ去り、異聞帯は歴史を紡いでいる。多くの知られざる異聞史の中からより強力なもの、汎人類史を押しつぶせるほどの可能性を持ったものが、侵略兵器として用いられた。異聞帯という人類史による地球そのものを攻撃し、ダ・ヴィンチやクリプターはこれを濾過異聞史現象と呼ぶ。

宇宙からの侵略が始まり、三ヶ月ものの間は汎人類史の人類は抵抗という名の長い戦いを繰り広げた。
しかし隣国を牽制・監視する手段に長けていれど宇宙からやってくる侵略者には何のプランを持ち合わせてないために、あらゆる抵抗は無意味に終わり、ほとんどの人類が抹殺されその勢力のことごとくが消滅。最後まで侵略に抵抗していた合衆国も同様の末路を迎えた。

そして地球は完全に漂白された惑星と化し、一握りの生存者の目の前に映るのは、かつての面影の欠片もない、何もかもが一新された白い荒野が広がるのみ。
逆転の目も、生存の目もなく、あらゆる活動はなんの成果も現さないという、正しく絶望的な状況を生存者は受け入れてしまったが、デイヴィット・ブルーブックはその上で過去の記録を漁ろうと行動し、その記録を遺していた。

“異星の神”による侵略が終わり、異聞帯の要である空想樹が根付いた後、その異聞帯を発展させるのは異聞帯の王ではなく、クリプターの役目となっている。 彼らにとってカルデアの抹殺は余分な仕事・雑務でしかないが、最大の障害であることも否定できない。
異聞帯のサーヴァントは存在するが、このサーヴァントは汎人類史のサーヴァントとは比べ物にもならない強さを持つ。

キリシュタリア・ヴォーダイムは人間に支配者の座を追われた神々の復讐と例えている。
コヤンスカヤは「異聞帯はいつかは破綻する」「すべては『異星の神』が降臨するまでの暇つぶし」と評している。

なお、異聞帯を解決すると跡形も残さず消滅する為、特異点と同じく、レポートによる報告についての信憑性に関しては同様の問題がある。

人理再編[編集]

第二部におけるクリプターの使命。異聞帯による人理再編を目標とし、もう一度人類が神と共にある世界を作り上げる事にある。
第1.5部「Epic of Remnant」の最中、人理焼却と同列の災害かのようにクー・フーリンBBから呟かれていた。

濾過異聞史現象[編集]

異聞帯ロストベルトという人類史による、地球そのものへの攻撃。
多くの知られざる異聞史の中からより強力なもの、汎人類史を押しつぶせるほどの可能性を持ったものが、侵略兵器として用いられた。
地球は完全に漂白された惑星と化し、一握りの生存者の目の前に映るのは、かつての面影の欠片もない、何もかもが一新された白い荒野が広がり、自然も文明も生きる者たちも、すべて消え失せ、削ぎ落された。虚空ソラは閉じ、人類は終了を迎える。
窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素などの大気成分は基準値をクリアし、大気中のマナも21世紀のものとほぼ同じ濃度。人体に有害な物質は検知されない。

空想樹を打ち込み、異聞帯の書き換えを行う濾過異聞史現象を執り行うが、発芽には90日という時間を必要とする。
異聞帯の安定と空想樹の成長は同義であり、異聞帯のサーヴァントとの契約、その継続に全力を注ぐことが鍵となっている。
クリプターは自分が担当する異聞帯の領域拡大を目的とするが、互いの異聞帯の境界が衝突した場合、より強い人理を築き上げた異聞帯が脆弱な異聞帯を飲み込んでいく。
だが、その衝突以外の対決、他のクリプターの異聞帯内への干渉は御法度であり、異聞帯にカルデアが現れた場合、その異聞帯の王が対応するべき事である。
最終的に、クリプターは一つの異聞帯を選ばなければならず、あるクリプターが担当する異聞帯の領域拡大を放棄しても、そのうち他の異聞帯に侵略される。

地球は白紙化し、異聞帯を除いて生命のない星へと成り果てたが、稀に『白紙化に取り残された』地域、建物、生命が存在する。
建物は全て白く漂白されており、消しゴムで消されたような不自然な欠落部分がある。その姿は砂丘のただ中に立つ近代美術のモニュメントのよう。生命の痕跡は一切なく、生き物の死骸などの死の跡すら存在しない[注 1]
カルデアの残党はこれを『残留物』と呼称した。

異聞帯[編集]

Lostbelt No.1:永久凍土帝国 アナスタシア
副題:獣国の皇女
異聞深度:D
年代:AD.1570
カドック・ゼムルプスの担当地区であるロシア領のロストベルト。氷河期が訪れた地球で延々と歴史を積み重ねた人類史。
Lostbelt No.2:無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング
副題:消えぬ炎の快男児
異聞深度:B+
年代:BC.1000
オフェリア・ファムルソローネの担当地区である北欧の異聞帯。北欧神代が終わらずに続いている、何一つ無駄のない冷酷で残酷な世界。唯一の神に支配された純然なる神の地。神代級の神秘が残されており、文明は発展せず、人間は神を崇め、山嶺を巨人が闊歩している。
Lostbelt No.3:人智統合真国 シン
副題:紅の月下美人
異聞深度:E
年代:BC.0210
芥ヒナコの担当地区である中国異聞帯。
他の異聞帯と異なり、領域拡大に適さない。
異聞帯の王芥ヒナコが溜息を吐き、ポーカーフェイスを保てなくなるほどの野放図か剛胆な英傑。スカサハ=スカディからは論外と言われている。
Lostbelt No.4:創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ
副題:黒き最後の神
異聞深度:A
年代:??.11900
スカンジナビア・ペペロンチーノの担当地区であるインド神話のロストベルト。アルターエゴが付いている。
『四角』があるらしいが、デイビットの所感によるとアキレス腱に類する存在であるようだ。スカサハ=スカディはペペロンチーノ自体は嫌いではないが、話に聞いた限りでは異聞帯は好かないとのこと。
Lostbelt No.5:神代巨神海洋 アトランティス
副題:神を撃ち落とす日
異聞深度:A+
年代:BC.12000
キリシュタリア・ヴォーダイムの担当地区のギリシャ世界のロストベルト。汎人類史より栄えているとされる、目下最大の異聞帯勢力。タイトルの変更された章で、旧題は星間都市山脈 ■■■■■■。
ギリシャの巨いなるモノ達が存在する都市の模様。ヴォーダイム自身の力で攻略しており、三体もの神霊を仕えているのがその証拠。海神ポセイドンが失われ、海に汎人類史の英霊が何騎か現れている。カイニスの発言によると、アルテミスも居る模様。
ギリシャ世界ではあるもののラスプーチンは「オリュンポス」と言っており、カルデア勢力の観測ではギリシャではなく大西洋に異聞帯の反応が確認されている。
Lostbelt No.6:■■円卓領域 ■■■■■・■・■■
副題:星の生まれる刻
異聞深度:EX
年代:AD.0500
ベリル・ガットの担当地区であるロストベルト。「有り得たかもしれない人類史」とは到底思えない模様。そもそも消えかけており、維持をするのが精一杯とされているが、一方で異常な魔力も外部から確認されており、危険視されている。
Lostbelt No.7:■■樹海■■ ■■■・■■■■■
副題:■■■■■■■■
異聞深度:A++
年代:BC.????
デイビット・ゼム・ヴォイドの担当地区であるロストベルト。「有り得たかもしれない人類史」とは到底思えない模様。

異聞帯の人物[編集]

異聞帯の王[編集]

イヴァン雷帝
ロシア異聞帯の王。
スカサハ=スカディ
北欧異聞帯の女神。
始皇帝
中国異聞帯の皇帝。
アルジュナ〔オルタ〕
インド異聞帯の絶対神。

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. その為、廃墟でありながら清潔感がある。

出典[編集]


リンク[編集]