アダムスカ・ヴァイオレット

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アダムスカ・ヴァイオレット
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』期間限定イベント『虚月館殺人事件』の登場人物。

略歴
アメリカのとある街で権勢を誇る「ヴァイオレット・インク」のトップ。
ライバルのゴールディ・カンパニーとの抗争で疲弊した状況を打破するべく、娘のヴァイオレットとモーリス・ゴールディを結婚させるべく婚姻旅行を企画した結果『虚月館殺人事件』に巻き込まれた。
人物
ヴァイオレット家には入り婿であるらしく、あまり立場は強くなく、性格もよく言えば慎重、悪く言えば気弱。
妻ハリエットと娘ジュリエット・エヴァの事情をある程度は把握しつつも、それでも家族を強く愛する家庭人。
もっとも、臆病ゆえに状況に対しては敏感であり、ゴールディ・カンパニーとの同盟も必要性を強く感じたために周囲や家族の反対を押し切って決定するなど意志の強さも持ち合わせている。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
イベント『虚月館殺人事件』にて登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

ハリエット・ヴァイオレット
妻。もともとは見合いで知り合ったが、その場で恋に落ち、後は一直線に口説き落としたとか。
後述する娘二人が自分との子ではないことは知っていたが、それでも彼女を強く愛している。
ジュリエット・ヴァイオレット
義理の娘。自分の娘ではないが、それでも強く愛している。
彼女の名前は妻のハリエットの名前にちなんでつけた。
エヴァ・ヴァイオレット
義理の娘。こちらもジュリエット同様に愛しているが、ハリエットに似て奔放な様には手を焼いている。
彼女の名前は自身の「アダムスカ」にちなんでつけた。
ケイン・ヴァイオレット
ハリエットとの間の息子。
ホーソーン
ヴァイオレット家の主治医。若い頃からの知り合い。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 主人公から見た外見はランスロット〔セイバー〕のもの。ヴァイオレット家のメンバーの外見は紫髪で揃えられているので、「紫髪のある程度の年齢の男性」のイメージであろうか。
    • あるいは、マシュ・キリエライトが指摘しているように「お父さん」のイメージも入っている可能性もある。
    • この外見と、相方のアーロン・ゴールディの外見がフィン・マックールだったこともあり、「隠れてドロシーと関係を持っているのではないか」と推測するプレイヤーがそれなりに居たが、実際のところは「関係を持たれていた」のはアダムスカのほうであった。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]