ホーソーン

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホーソーン
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』に登場するキャラクター。

略歴
アメリカのとある街で権勢を誇る「ヴァイオレット・インク」の中核であるヴァイオレット家の主治医。
ライバルのゴールディ・カンパニーとの抗争で疲弊した状況を打破するべく企画されたジュリエット・ヴァイオレットモーリス・ゴールディの婚姻旅行に同行し『虚月館殺人事件』に巻き込まれた。
人物
落ち着いた性格の紳士的な人物。職業柄医学知識は持ち合わせているが、専門家ではないので十分な検死は不可能。
あまり内面を表に出すのが得意ではないのか、若い頃のハリエットへの憧れや、ジュリエットの幸福を願っている事についても言い出せないでいる。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
イベント『虚月館殺人事件』にて登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

アダムスカ・ヴァイオレット
主治医をしている家の当主。
若い頃からの知り合いであるが、ハリエットの夫としては自分よりもふさわしいと認めている。
ハリエット・ヴァイオレット
学生時代からの知り合い。
憧れの女性であったが、声をかけることもできないまま、アダムスカの妻となってしまった。
それでも親交は続いており、ヴァイオレット家の主治医となったのもその縁である。
実は、虚月館での殺人事件については彼女が怪しいと当たりをつけていたが、何も言い出せずにいた結果悲劇となったことを後悔することとなった。
ジュリエット・ヴァイオレットエヴァ・ヴァイオレット
主治医をしている家の娘たち。
実のところ、彼女達の出生の秘密を知っていた節があるが、ハリエットの事もあって言い出せないでいた。
特にジュリエットについてはハリエットに良く似ていることもあり、幸せになってほしいと強く願っている。
モーリス・ゴールディ
ジュリエットの婚約者。彼女の幸せを願うホーソーンにとっては到底許容できない人物であり、評価も非常に辛辣である。
リッカ・フジマール
友人としてジュリエットを幸せにしてほしいと非常に強い期待を寄せている。
シェリンガム
虚月館に迷い込んで来た探偵。
第一の殺人の際に共謀し、彼の死を偽装していた。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]