アヴァータ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アヴァータ
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』の登場人物。かつてのエリンに存在した妖精王。

略歴
フィニアンサイクル時代のエリンに存在した妖精王であり、巨人ギラ・ダッカーとしてディルムッド・オディナと戦った後、フィオナ騎士団と同盟を結んだとされている。
その後も双剣で戦うディルムッドのことが忘れられず、彼との再戦を望む心が妄念となって残っていた。
『Fate/Grand Order』の幕間の物語「双剣、来たる」ではセイバーのディルムッドがとある聖杯戦争の後にカルデアに転移したのを追って妄念も転移してしまった。
人物
生前の姿は登場しないため人間性の程は不明だが、妄念の中核が「ディルムッドとの再戦」だったためかあまり悪印象は抱かれていない。ディルムッドからは「我が儘」と半ば呆れられていたが。
能力
妖精王としての能力は不明だが、柳生但馬守宗矩やディルムッドといったセイバークラスにも引けを取らないほどの剣技を誇る。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ディルムッド・オディナ〔セイバー〕の幕間の物語「双剣、来たる」に登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

柳生但馬守宗矩
カルデアのシミュレータ内にて遭遇した剣士。
戦いそのものは互角だったものの、追い求める相手とは違った為に物別れに終わった。
ディルムッド・オディナ〔セイバー〕
かつて巨人ギラ・ダッカーとして戦った相手。
剣と槍ではなく、双剣で戦う彼の事を求めて、とある聖杯戦争からカルデアに転移した彼を妄念が追いかける事態となった。

名台詞[編集]

メモ[編集]

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]