クリス

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス
性別 男性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』期間限定イベント『虚月館殺人事件』の登場人物。

略歴
世界的に有名な裏組織であるマーブル商会の見習いを勤める青年。
実の父であるアーロン・ゴールディの意向と、上司であり実の母であったアンの命令で虚月館を訪れた事で『虚月館殺人事件』に巻き込まれた。
人物
実直な性格で、ゲストに対しても分け隔てなく接する好青年。
物心づいた頃から自分を育ててくれたマーブル商会には多大な恩義を感じているようで、その意向の為に一心に働いている。
その一方で融通が利かない所もあり、マーブル商会とそこから引き取られた先のアーロンの意向に頑固に従おうとしたため、諦めたハリエットの手によって殺される事になってしまった。
能力
上司である伍ほどではないが荒事の心得があり、暴れるモーリスを取り押さえたり、狼の群れがいる森の中で活動できるくらいには腕が立つ模様。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
イベント『虚月館殺人事件』にて登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

アン
マーブル商会の上司。彼女に仕事をかなり仕込まれたようだが、彼女が母親である事には気がついていない。
マーブル商会の上司。
アーロン・ゴールディ
血縁上の父親。
自身の出自を明かされてマーブル商会からゴールディ家に引き取られた事で、彼の意向に従うつもりであった。
ジュリエット・ヴァイオレット
当初はゲストの一人であったが、自身の出自が明かされた事で婚約者となった女性。
虚月館で出会ったのが初対面であったが、それでも彼女のことを幸せにしたいと願っていた。
ハリエット・ヴァイオレット
結婚しないように説得したが、アーロンの意向に頑固に従おうとしたため、諦めた彼女に殺害される。

名台詞[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 主人公のフィルターを通した外見はベディヴィエール (Grand Order)‎‎のもの。「実直な従者気質の美男子」という要素からであろうか。
    • 外見はそのままなので、ストーリー中でも「金属製の篭手を付けたまま血文字でダイイングメッセージを書く」という非常にシュールな光景が見られる。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]