ケイト・キャロライン・カスケード

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケイト・キャロライン・カスケード
性別 女性
所属 カスケード一家
序列 当主
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』の登場人物。

略歴
『Fate/Grand Order』のアンソロジー『カルデアの事件簿』の一章『暗黒犯罪天楼マンハッタン』に登場。
特異点と化したマンハッタンのマフィアの一つ「カスケード一家」のトップであり、聖杯を手に入れてマンハッタンを特異点にした張本人。
はぐれサーヴァントだった燕青とランスロットを配下に加えて万全の護りを敷いており、聖杯奪取のために潜り込んだ藤丸立香一行も攻めあぐねていた。
ケイトとしても藤丸立香は息子であるケヴィンの友人になってくれるかもと期待していたが、彼女の目的を知って処分を決意。
だが、まさにそのタイミングで「とある事件」が発生し、出し抜かれて聖杯を奪い取られてしまう。
自身の望みが潰えたことを自覚しつつも、満天の星空の美しさに見入りながら物語は終焉を迎えた。
人物
マフィアのトップにふさわしい冷酷非情な性格であり、流血を伴う抗争にも躊躇いは見せず、自身が悪であるという自覚も持っている。
だが、本質的には息子を始めとする家族を大切にしており、上記の性格も「そうならざらざるをえなかった」という側面が強い。
また、魔術についての話はまったくしないが「聖杯」「サーヴァント」という一般的に胡乱な存在をあっさり受けて入れているあたり、魔術関係者である可能性が高い。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
アンソロジー『カルデアの事件簿』の一章『暗黒犯罪天楼マンハッタン』に登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

既に死別しており、それと共に家も失ったとのこと。
上記の文脈から考えると、おそらく魔術師であり、死別理由も魔術師間の権力闘争と思われる。
ケヴィン
息子。
夫も家も失った彼女にとって最も大切な人間であり、カスケード一家を立ち上げたのも聖杯を使おうと思ったのも彼のためであった。
燕青ランスロット〔セイバー〕
特異点で保護していたはぐれサーヴァント達。その恩義から彼らに護られていた。
藤丸立香
カスケード一家に入りたいと言ってきた女の子。
マフィアには全く向いていないと思っており、息子の友人になってくれるかもと期待していたようだが、離反された際にはあっさり処分しようとした。
最終的には彼女達一行に聖杯を奪取され、自身の願いは潰えることになった。

名台詞[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 特異点化した1977年のマンハッタンでの顛末は上記の通りだが、聖杯と縁がなかった正史では彼女とカスケード一家がどのような顛末を迎えたのかは不明である。

話題まとめ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]