ハサン・サッバーハ (Fake)

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
真アサシン
真名 ハサン・サッバーハ
性別 男性
身長 確認不能
体重 確認不能
属性 確認不能
テンプレートを表示

概要[編集]

偽りの聖杯戦争において召喚された、真なる「暗殺者」のサーヴァント
闇に浮かぶ白い髑髏面。

略歴
ファルデウス・ディオランドによって召喚されたサーヴァント。真名はハサン・サッバーハ
「本当の聖杯戦争」の準備が整ったことを確認したファルデウスは、自身の地下工房で「本物」側のサーヴァント召喚を試みる。しかし、儀式を終えても何も起こらず、サーヴァントの姿も気配もない。召喚を失敗と判断し次善の策を指示するファルデウスだったが、そんな彼に接触してきたのは暗闇の中に溶け込むかのような得体の知れないアサシンであった。
人物
マスターであるファルデウスにも詳しい情報が把握できない不気味なサーヴァント。性別は男性。
ファルデウスに対して信念と覚悟の有無を問いかけ、姿を見せぬままに契約を交わした。
通常、マスターと念話で会話することすら避けており、何か言いたいことがある場合は、紙片にファルデウス本人が殴り書きしたかのような筆跡で文章を書いてファルデウスの手の中にそっと握りこませる、という徹底ぶり。
能力
世界と同化するEXランクの気配遮断を所持。また、影と同化することで暗闇から魔力を得る能力を持ち、実体化しなければマスターからの魔力供給を必要としない。さらにステータス隠蔽の効果もあり、これらのスキルによりマスターでさえも存在を完全には把握できないほどに隠密性が高い。

ステータス[編集]

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
アサシン ファルデウス・ディオランド 気配遮断:EX 影灯籠:A

宝具[編集]

詳細不明。

真名:ハサン・サッバーハ[編集]

登場作品と役柄[編集]

Fate/strange Fake
真アサシンのサーヴァントとして登場。

人間関係[編集]

ファルデウス・ディオランド
マスター。
ガルヴァロッソ・スクラディオ
マスターに依頼されて暗殺に向かった相手。
だが、死に瀕した彼に安らぎを与え、彼の今際の願いで「ガルヴァロッソ」を皆殺しにすることになった。

名台詞[編集]

「汝が信念を失わぬ限り、我は汝の影となろう」
ファルデウスと契約を交わし、『影』は最後まで姿を見せぬまま闇へと消える。その会話はファルデウスに聖杯戦争が何たるかを実感させた。
「怖れる事はない」
「裁く理は我に非ず、汝に非ず。ただ全てを夜に委ねよ」
「微睡みの向こう側で、安らかに目覚めるがいい」
暗殺に向かったガルヴァロッソが既に死に瀕しており、今際の際に死への恐怖に飲まれそうになっているところへの言葉。
彼にとっての「死」というものへの見方がわかる言葉である。

メモ[編集]

  • 気配遮断EXのハサンであり、さんざん不遇だと言われてきたハサンのイメージを覆す存在になりうるかもしれない。
    • 攻撃時にランクが低下してもA+を維持する。A+は他のハサンの潜伏時とそう変わらないため問題にならない。
  • 2巻に記載されたステータス表の大部分は黒塗りになっていて読めないが、後書きによると「ステータス自体は歴代のアサシンより低め」とのこと。
  • アサシン (Fake)が使用する「瞑想神経」は周囲のエネルギーを知覚し、自分の体の一部であるかのように感じ取るもの。この使い手についての伝承が極度に乏しく、謎が多いという。「世界と同化」「使い手が正体不明」という点でこのハサンとの共通点が見られる。
    • しかし、歴代ハサンだけが存在を知る“山の翁”という人物が登場したことで、「瞑想神経」の使い手は“山の翁”ではないかという推測も浮上してきた。おそらくは“山の翁”もザバーニーヤを保有している可能性がある。
      • あるいは、“山の翁”の気配遮断スキルに「かつて修得していたものの残滓」という記述があることから、“山の翁”が暗殺教団の首領だった頃の姿がハサン・サッバーハ (Fake)である可能性もある。FGOでガウェインの力を減衰させるために砂嵐を起こした能力は「瞑想神経」の応用と言う考察である。

話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]