バルバトス

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
バルバトス
所属 管制塔
序列 八位
声優 杉田智和
デザイン 山中虎鉄
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

魔術王ソロモン使い魔である七十二柱の魔神柱の一柱。

略歴
第四章終盤にて魔霧計画遂行のために現れたマキリ・ゾォルケンが変身。
終局特異点『冠位時間神殿 ソロモン』では、Ⅳの座においてロンドンに登場したサーヴァント達と決戦を繰り広げた。
玉座での決戦後は撃退に意味を見出せず活動停止した。
人物
第四特異点では黒い体色に丸い目を、終局特異点では白い体色に丸い目を持つ。
基本的には「独立稼働する受肉した魔術式」という存在のため、独立した人格は持たなかった。
能力
魔神柱として非常に強力な力を持ち、サーヴァント数騎に匹敵する実力を持つ。
スキルは「岐路の時来たれり」に加え、第四特異点では「まばたき」「凝視」を、終局特異点では「酔眼」「王眼」を使用する。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
第四章終盤、終局特異点で主人公たちと対決する。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ゲーティア
自分達魔神柱を統括する存在。
マキリ・ゾォルケン
第四特異点で若かりし頃の姿で登場、バルバトスに変貌する。
主人公 (Grand Order)
第四特異点と終局特異点で敵対した相手。
期間限定イベント『レディ・ライネスの事件簿』では記憶から再現[注 1]されたところに終局特異点での記憶を叩き込まれ「魔神柱の天敵」という形で弱点を付与されて再度悪夢を見せられることとなった。

名台詞[編集]

Fate/Grand Order[編集]

バルバトス[編集]

「高貴なる四つの魂を以て、バルバトス現界せよ。」
バルバトスの戦闘開始時の台詞。人理を焼却せんとする魔神の出現。
「高貴なる四つの魂」が何を指すのかは不明。ここまでに魔霧計画に加担し、消滅したサーヴァントの数とは一致するが…。
「お前には無理だ」
バルバトスの攻撃時の台詞。しかし、メタ的な意味で彼の辿った末路を鑑みると鏡でも見せてやりたくなる台詞である。
「全てを知るが故に全てを嘆くのだ……焼却式 バルバトス」
焼却式 バルバトス発動。彼の手にした真実に主人公が近づく時は果たして…?
「起動せよ。起動せよ。管制塔を司る九柱。即ち、」
「パイモン。ブエル。グシオン。シトリー。ベレト。エリゴス。カイム。」
「我ら九柱、統括を補佐するもの。我ら九柱、末端を維持するもの。」
「“七十二柱の魔神”の名にかけて、我ら、この統合を止む事認めず……!」
『冠位時間神殿ソロモン』での台詞。

管制塔 バルバトス[編集]

「何を知る」
「何を望む」
「友は全て消えゆく」
攻撃時の台詞。管制塔を司る悪魔は人間が求めるものを否定する。
「お前には無理だ」
クリティカル攻撃時の台詞。敵対者の全てを否定する。
「管制塔、点灯。全てを知るが故、全てを嘆くのだ。焼却式 バルバトス」
焼却式 バルバトス発動。管制塔を点灯し、その否定は全てを知り、全てに嘆きを齎らす。
「オォォォ……オォォォォォォォォォ!!」
管制塔、瓦解。「絶望」とともに「希望」までもを否定した悪魔の末路。

メモ[編集]

  • 終章の実装時には彼配下の魔神柱との疑似レイドを行うイベントがあった。そのステータス・物量は一本につきHP70万・150万体と如何にも終章に相応しいもの……だったのだが、柱ごとにさまざまな素材アイテムがドロップする仕様となっていたのもあり、マスター達に尽く蹂躙されてしまう。その勢いは凄まじく、途中で1柱につき50万体も追加したにもかかわらず、バルバトスが実装からわずか12時間で瓦解された。
    • 特にバルバトスは(需要の高いアイテムばかり設定されていた事もあり)1秒間に44本という最速ペースで撃沈したためネタにされやすく、「殺したかっただけで死んで欲しくはなかった」という迷言が生まれた。また、終章実装時に放映されていたアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主人公の台詞を借りて「もっとだ、もっとよこせバルバトス!」などと叫ぶ鉄華団の悪魔マスターも数多かったとか。余談ながら、当の主人公を演じていた河西健吾氏は勘違いしていた。[1]
    • 後に中国版FGOでも終局特異点において同様のレイドイベントが開催されたが、変更があったのはバルバトスの残量を最初から3倍用意していた事だけでドロップ内容などは一切変化させていなかったため、日本での情報を掴んでいた中国プレイヤーは他の魔神柱を完全放置して「バルバトスが生きているうちに急げ!」と言わんばかりに殺到した。結局、日本と大差ない寿命となってしまった。
    • さらに後の北米版FGOでも終局特異点にて同様のイベントがあり、日本版と同じ200万体で日本版・中国版を経て事前情報が周知済みという状況であったが、プレイヤー人口の差のためか18時間は耐え切る事ができた模様。
    • 2019年4月に行われたイベント『レディ・ライネスの事件簿』では最初は900万体、最終的には5000万体も用意されたが、「管制塔」改め「管制室」以外の魔神柱が登場しなかったこともあり、伐採速度は1秒間に300体以上という終章以上の超速度となった。さらに死亡時の台詞が長い上に一部例外を除いてカットできない為に回転速度を上げたいプレイヤーからは「断末魔が長いからさっさとくたばれ」と非人間的な罵倒を受ける羽目になった。そして狩り尽くされた直後にサーバーがダウンしてしまい、「最後の抵抗」と呼ばれた。この件は河西氏は察していた模様である。[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. こちらは管制"室"となっている。

出典[編集]


リンク[編集]