ソロモン

目次

キャスター編集

  • 真名:ソロモン
  • 性別:男性
  • CV:鈴村健一

冠位の「魔術師」のサーヴァント

略歴
『Fate/Grand Order』では西暦2004年に開催された冬木の聖杯戦争でキャスターのサーヴァントとしてマリスビリーに召喚され、これを勝利を収めた。
後に彼は英霊ではなくただの人間として生きることを聖杯に願い、ただの人間として生まれ変わった。
人物
内向的、強気、受動的。緊張感のない、ゆるふわっとした王さま。
性格骨子は『強気』だが、これはたんに『空気が読めない』力。結果的に強気な発言をしているだけで、根はチキンである。真面目ではあるが真剣ではなく、いつも八割の力で生きている。
よく人々を見定め、よく法を定め、よく国を治めた。やや気概が足りないところはあるものの、賢く、優しく、愛の多い王として民に敬愛された。
しかし、これらの特徴は全てソロモン本人の意思ではなく、生まれた時から「王」として定められ、神の声を聞き、その通りに生きるしかなかった。
彼の内面は無感動であり、また人々の悲喜交々に共感する自由を、怒る自由すら剥奪されていた、非人間である。
能力
スキルにある「啓示」は天からの声を聴き最適な行動をとる能力であり、「直感」とは違い戦闘のみならず目標達成に関する事象全てに適応される能力。
彼はただ一度しか啓示を受けなかったが、それを元に只人の手でも行える現象操作術―――すなわち魔術を確立した。
同じくスキルの「召喚術」は過去・あるいは未来から霊体を喚起する魔術であり、これによりソロモンは七十二柱の魔神と呼ばれる霊的存在を語り上げ、有能な使い魔として成立させた。彼が残した知識に悪魔を使役する術があるが、その写本は後にレメゲトン、あるいはゲーティアと名付けられた。
スキル「千里眼」もEXという規格外のレベルで保持しており過去から未来を見通すとされる。
スキル「ソロモンの指輪」もEXという規格外レベルで、十の指輪がすべて揃っている場合、人類が行うあらゆる魔術を無効化し、また配下に納めるとされる。
なお、マリスビリーによると令呪が効かないことが分かる。

ステータス編集

クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 クラス別能力 保有スキル 備考
キャスター E E B A++ A++ A+++ 陣地作成:A
高速詠唱:C
道具作成:C
啓示:B
召喚術:EX
ソロモンの指輪:EX
千里眼:EX

宝具編集

誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの(アルス・アルマデル・サロモニス)
ランク:不明
種別:対人理宝具
ソロモン王の第三宝具。
戴冠の時来たれり、其は全てを始めるもの(アルス・パウリナ)
ランク:不明
種別:不明
ソロモン王の第二宝具。
訣別の時来たれり、其は世界を手放すもの(アルス・ノヴァ)
ランク:D
種別:対人宝具
ゲーティアが真名を知らなかった、ソロモン王の本当の第一宝具。彼がそれまで成し得た偉業、奇跡、魔術、その全てを手放す別れの詩。
ソロモン王が全能の指輪を天に返した「人間らしい英雄」の逸話を宝具として再現したモノ。故に「十の指輪」が揃っている時のみ再現できる。
これを発動すれば、ソロモン王は神から与えられた恩恵を天に還し、世界を見据えていた眼を失い、己の持つ「全て」を放り投げることを意味する。
有り体に言えば「ソロモン王の死」。その性質上、七十二の魔神柱の自壊、固有結界「時間神殿ソロモン」の破壊、魔神王ゲーティアに対抗できる唯一の宝具。
だがソレはアーラシュの宝具のように生命や肉体の消滅という単純なものではなく、存在そのもの全ての消滅である。
当然ながら己の姿や功績が二度と地上に現れない以上、英霊の座から消滅し、ソロモン王の痕跡が世界や人類史から消えてしまう。人類では誰も到達していない終わり、本当の意味での「無」に至ってしまう。
遠い未来において「魔術」ひいては「ソロモン」が人間にとっての悪になった時、これを滅ぼすために用意した安全装置、そして王が人間として生まれ変わり、生きることを願った青年の覚悟の証左とも言えよう。

真名:ソロモン編集

ソロモン。旧約聖書に登場する、 魔術の祖と謳われイスラエルを最も発展させた古代イスラエルの第三代王。紀元前1011年~931年の人物。
七十二柱の魔神を使役し、初めてイスラエル神殿を築き、人類に魔術をもたらした人物。王として優れた政策を行ったが、それ以外にも魔術師としての逸話が多い。
彼は人理を守るために喚ばれるあらゆる英霊の頂点に立つ者であった。
霊長の世を阻む大災害、築き上げられた文明を滅ぼす終わりの化身、文明より生まれた文明を食らうもの
―――その害敵、自業自得の死の要因アポトーシス、即ちビーストに対し、人理を守護する守護者として遣わされる天の御使い。
人理を護る、その時代最高峰の七騎。英霊の頂点たる始まりの七つ。
その英霊達の頂点に立つ七騎において、冠位の魔術師の座に君臨する者。
それこそが冠位グランドの器を持つキャスター、ソロモンである。
ソロモン七十二柱
ソロモン王が召喚したとされる魔神の集団。いずれも爵位を持ち、軍団を率いっている。
『Grand Order』では伝承の姿ではなく魔神柱として登場しており、ある計画のために受肉・新生した。
そも七十二柱の魔神とは魔術の祖ソロモンが作り出した“正しい道理を効率良く進める”システム。
ソロモンの指輪
神よりソロモン王に授けられた十の指輪。これを用いって天使や悪魔を使役している。
十の指輪がすべて揃っている場合、人類が行うあらゆる魔術を無効化し、また配下に納めるとされる。
ソロモン王が亡くなる際、遥かな未来に贈ったものである十個目の指輪を触媒としてマリスビリーに召喚された。
ソロモン王の小鍵
19世紀に発見された魔道書。
書は五部からなり、そのうち最も有名なものが魔神の目録であるゲーティア。
アルス・ノヴァはその最後の締めくくり、古きを捨てる新しい術を表す。

略歴編集

生前
エジプトのファラオの娘を娶った後、ある日夢枕に神が現れ「汝に資格あり。望みを口にせよ。願うものを与えよう」と告げたという。
これに対しソロモンは黄金や権力ではなく知恵を求め、この返答こそが「真の叡智」に至る資格の証左であるとして満足した神から十の指輪を与えられた。
これこそが神に認められた知恵者の証であり、後にソロモンの指輪と呼ばれる、天使や悪魔を使役する魔術の源泉であった。
魔術の王と呼ばれる存在ではあるが、その賢明さから奇跡を見せたのはただの一度きり。
その一度のみの奇蹟により「民は王の加護を得ている」と知らしめ、その後は民から恐怖される、民が堕落するといった事態を防ぐために奇蹟は起こさなかった。
ソロモンは魔術を使わないまま魔術の王として近隣諸国に名を広め、賢王のままこの世を去った。
ソロモン王の死によって世界からは加速度的に神代の神秘が失われていき、西暦を迎えて完全に人の世に塗り替わったという。
だが、生前において過去と未来を見通す千里眼を持ち、この世全ての悲劇、悲しみを把握していながら、何もしなかった。
ソロモンは何も感じなかったとしても。「配下」はこの仕打ちに耐えられなかった。
貴方は何も感じないのか。この悲劇を正そうとは思わないのか。そう述べるも―――
『特に何も。神は人を戒めるためのもので、王は人を整理するだけのものだからね』
『他人が悲しもうが己に実害はない。人間とは皆、そのように判断する生き物だ』
人間の救われなさ、醜さを知ったうえでこれを正す事なく、ソロモン王は死を受け入れた。しかし――――
人となった王
ソロモン王の死から遥かな未来である西暦2004年。冬木の聖杯戦争でキャスターのサーヴァントが勝利を収めた。そのキャスターのサーヴァントは、カルデアの英霊召喚での成功例第一号であり、マリスビリー・アニムスフィアにより秘密裏に召喚されたソロモン。
ソロモンが聖杯にかけた願いは『英霊として受肉する』のではなく、『人間になる』というもの。全能の力を持つ『英霊としての力』を全て捨て、何の変哲もない『ごく普通の青年』として生きようと願った。
人間になった瞬間、その全ての能力を失った。それだけなら良かったが、ただの人間になる刹那に人類の終焉を視てしまった。
誰がなんの目的でソレを引き起こしたのか、どうすればこれを防げるのか、それらを知る術を失ってしまった。だが、そのまま無視することもできなかった。この事件は自分に関わる事だと分かっていたから。
人となったソロモンは文字通り一から、人間として学び直す工程として、彼の旅は始まった。敵が誰かも、何が引き金かも分からない。彼にできるのは耐える事、そのときに備える事だけ。
生前のように彼からあらゆる自由を奪ったのはあまりにも皮肉としか言いようがなかったが、多くの偶然も助けられたのだ。人類最後のマスターには初めて出逢った日や、グランドオーダーにおいても。
訣別の時来たれり
そして冠位時間神殿において、人理焼却の首謀者であるゲーティアと、人類最後のマスターの前で本来の姿に戻り、ソロモン王として切り札の宝具を発動した。
伝承に曰く、ソロモン王は万能の指輪を持ちながら、それを使ったことは一度しかなく、ついにはその指輪を自らの意思で天に還した。
ここからは全能の神に運命を委ねるのではなく、人が人の意志で生きる時代だと告げるように―――彼はその逸話的再現である第一宝具を発動したのだ。
これによって、神の代理人は人類史に存在しなくなり、地上は人間の知性による物理法則に決定される。魔術王ソロモンの完全消滅を持って、本当の意味で神代は終わる。
そして、最後の決着は人類最後のマスターに委ねられたのであった。

登場作品と役柄編集

Fate/Grand Order
グランドキャスターのサーヴァントであり、人理焼却を目論む本作の黒幕と思しき存在とされた。
終章ではのちにソロモン本人が登場した。

人間関係編集

Fate/Grand Order編集

マリスビリー・アニムスフィア
召喚者でありマスター。
ゲーティア
死後、ソロモンの遺体を巣食い、人理焼却を行った者。終局特異点において正体が明かされるまで、ゲーティアは魔術王ソロモンの名を騙って活動していた。他の項目の人間関係で言及される「ソロモン」も、実際にはゲーティアであるものが多いので注意されたい。

名台詞編集

Fate/Grand Order編集

「我が名は魔術王ソロモン。ゲーティア。お前に引導を渡すものだ」
人間になることを望んだ王は、自らが生み出したに引導を渡すため、再び王となる。
その名は───魔術王ソロモン
「……命とは終わるもの。生命とは苦しみを積みあげる巡礼だ。」
「だがそれは、決して死と断絶だんぜつの物語ではない。ゲーティア。我が積年の慚愧ざんき。我が亡骸から生まれた獣よ。」
「今こそ、ボクのこの手で、おまえの悪を裁く時だ。」
全能であるが故に、命とは終わるものであり、生命とは苦しみを積みあげる巡礼ではあるが――――それは死と断絶の物語ではないと気づけなかった獣に裁きを下す。
「ああ、初めからそのつもりだ。ボクは自らの宝具で消滅する。それがソロモン王の結末だからね。」
戦闘モーション付きでの台詞。ゲーティアはソロモン王の宝具『誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの』でソロモンを殺そうとする。
だが、ソロモン王にとって、自らの宝具で消滅する事は初めから決まっていたことであり、それが結末であった。
「ゲーティア。おまえに最後の魔術を教えよう。」
「“ソロモン王にはもう一つ宝具がある”と知ってはいたものの、その真名を知り得なかった───」
「いや、知る事のできなかったおまえに。」
「おまえの持つ九つの指輪。そして私の持つ最後の指輪。」
「今、ここに全ての指輪が揃った。ならあの時・・・の再現が出来る。」
「ソロモン王の本当の第一宝具。私の唯一の、“人間の”英雄らしい逸話の再現が。」
ゲーティアに教える最後の魔術。それはソロモン王の唯一の、“人間の”英雄らしい逸話の再現。
「誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの。
戴冠の時きたれり、其は全てを始めるもの。
そして───訣別の時きたれり、其は世界を手放すもの。『訣別の時きたれり、其は世界を手放すものアルス・ノヴァ』」
戦闘モーション付きの第一宝具解放。それは全てを修め、全てを始めた王が───世界を手放すもの。
「第三宝具『誕生の時きたれり、其は全てを修めるものアルス・アルマデル・サロモニス』」
「第二宝具『戴冠の時来たれり、其は全てを始めるものアルス・パウリナ』」
「そして───神よ、あなたからの天恵をお返しします。」
「全能は人には遠すぎる。……私の仕事は、人の範囲で十分だ」
「第一宝具、再演。───『訣別の時来たれり、其は世界を手放すものアルス・ノヴァ』」
ゲーティアが知らない真の第一宝具、かつてソロモン王が指輪を天に返還した最期の再現。ソロモン王の唯一の人間らしい逸話。
神より与えられた恩恵全てを捨て去り、ソロモン王、そして72の魔神を自壊させる宝具。
この宝具の発動と共に、地上に存在するソロモン王の痕跡は全て消えうせる。
───そう、英霊の座に存在する自分自身すらも……。

メモ編集

  • ファンタジーの界隈では余りに有名で、七十二柱もの魔神を束ね、父親であるダビデが成せなかった大神殿を築いた破格の王。ソロモンと彼の眷属達に纏わる逸話は数え切れないほど存在し、父親より遥かに聖杯戦争に映える英霊とファンからは囁かれていた。
    • タイプムーンの世界でも、公式で言及された『魔術の王とされ、彼の死後加速度的に神代の神秘が失われ、西暦を迎えて完全に神代が終了した』という重要な転換点としての設定や、メレム・ソロモンの名の元となった人物であることなどからその存在には少なくない注目が集まっており、それ故に黒幕と思しき登場はファンに衝撃を与えた。
  • 余談だが第四章以前にも『氷室の天地 Fate/school life』におけるぼくの考えた最強偉人募集でひっそりと登場していた。(あくまでも古代ヘブライ伝承上のソロモン王であって本人ではないが)
    • 能力名は『ソロモン王の指輪』と普通に伝承通りだが、画風は某妖怪漫画家的なアレであって指輪というより笛を吹いて十二使徒を使役する方になってしまっている。

話題編集

リンク編集