ヒデヤス・アジマ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒデヤス・アジマ
性別 男性
所属 海洋油田基地セラフィックス
序列 所長
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order』の登場人物。海洋油田基地セラフィックスの所長。

略歴
『Fate/Grand Order』のコラボイベント『深海電脳楽土SE.RA.PH』で名前だけ登場。
セラフィックスの所長であったが異変を解決できなかった事で生き残った職員たちから吊るし上げられ、処刑されてしまったとのこと。
コミック版では回想シーンでキャラクターとして登場した。
人物
ウェーブがかった髪に眼鏡をかけた酷薄で神経質そうな青年。
もともとはアニムスフィアに所属するれっきとした魔術師で、おそらくはマリスビリー・アニムスフィアによってセラフィックスの所長に据えられた。
そのためか多分に魔術師としての側面が強く、セラフィックスの裏の顔である魔術実験施設で「検体」がどんな目に遭っても一切気にしないばかりか、そこでの成果を最重要視しており、油田基地としての表の側面は副所長のアルミロに任せっきりにしており、劣悪な環境でトラブルが多発するセラフィックスの状況についてもまったく注意を払っていない。
能力
詳細は不明であるが、セラフィックスの混乱で処刑されてしまっているので魔術師としてはそれほど卓越しているわけではなさそうである。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order
コラボイベント『深海電脳楽土SE.RA.PH』で名前だけ登場。
コミック版で初めてキャラクターとして登場した。

人間関係[編集 | ソースを編集]

Fate/Grand Order[編集 | ソースを編集]

アーノルド・ベックマン
秘書。一般人だったこともあり、セラフィックスの裏については何も教えていなかった。
殺生院キアラ
新任のセラピスト。
あまり関心はなかったようで、仏教徒だった彼女の職場として礼拝堂をあてがっても特にフォローしていなかった。
アルミロ
副所長。
さすがに立場が立場なのでアーノルドと違ってセラフィックスの裏についても教えていたが、一般公募で来た彼にセラフィックスの職員管理は完全に一任して顧みていなかった。
荒事専門の男
彼の半生についても十分に理解していたようで、「ここを出ても行くところはないからそれなりに扱っておけば問題ない」と体よく利用していた。

メモ[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]