フェイ

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェイ
性別 女性
種族 妖精
声優 Lynn
初登場作品 ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

コドリントン家の所有地であるマーベリー工房近辺に存在する妖精。

略歴
コドリントン家が所有するマーベリー工房の事件で登場。
マーベリー工房完成当時から幻影として先代の工房所有者かつ創設者であるトレヴァー・コドリントンの書斎に出現し、彼の息子ウィルズ・ペラム・コドリントンになにか忠告をしては消えるを繰り返していた。
その正体はトレヴァーによってウィルズの妖精眼と共に工房を稼働するための歯車役として据え置かれていた存在であり、彼が死者を人工妖精ブラックドッグに作り替えて使役することを目論んでいたことで妖精界の秩序並びに自身を冒涜したことに怒り、工房の力を使って彼を殺害。その一方でウィルズのことは気にかけていた様で、彼を悲しませたくないがために、あらかじめ起こるであろう落雷の事故死を彼に伝えていた。
だが工房は止まる気配がなく、彼女の力でも止める事ができなくなっていた所へ、懸念に思ったウィルズが同じ降霊科のブラム・ヌァザレ・ソフィアリ伝いに調査を依頼したロード・エルメロイⅡ世を連れて来訪。
獅子劫界離とアーサー王についての会話をヒントに謎を解き明かしたエルメロイⅡ世によるライネスの魔眼と工房の共鳴を利用した儀式により、彼らと意思疎通ができるようになったところで真相を告げるが、結果としてそれが呼び水効果となり工房は妖精郷の門を喚ぶまでに暴走してしまう。
最後には暴走の原因になっていた妖精眼をこの世界から消す為と、幼い頃から姿を見て恋慕の情を抱いていた自分と共に行こうとしたウィルズの手を取り、共に妖精郷へと戻っていった。
人物
ジャスミンのような白い花飾りに簡素な白い羽衣とドレスを纏ったいかにも「森の女神」然とした女性。
見た目通りに穏やかな性格だが、妖精を冒涜するような行為に出たトレヴァーを躊躇いなく殺害するなど、人間離れした性質も見せている。
能力
妖精としてかなり強大な力を行使できるようで、まだ工房を完全にコントロールできていなかったとはいえ魔術師であるトレヴァーを殺害していた。
本来自然に存在している妖精は人型をしていないにも関わらず、人型をしている上に高度な知性を有し、さらにはロンゴミニアドについて知っていた事を考えると相当に高位の精霊に近い存在である可能性も否定できない。

登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

Fateシリーズ[編集 | ソースを編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿
アニメ版の第五話で登場。

人間関係[編集 | ソースを編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集 | ソースを編集]

ウィルズ・ペラム・コドリントン
マーベリー工房の現在の所有者。同時に、彼が幼い頃から見守ってきた相手。
彼から想いを寄せられていたことにも不満はないようで、彼とともに妖精郷へと帰っていった。
トレヴァー・コドリントン
マーベリー工房の創造者。その妖精を冒涜するかのような行為に怒り、殺害した。
グレイ
彼女の持つの正体を見抜き、驚いていた。


名台詞[編集 | ソースを編集]

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿[編集 | ソースを編集]

メモ[編集 | ソースを編集]

  • 空の境界』の頃から存在を明かされていた妖精であるが、名前と人格を持つキャラクターとして登場したのは彼女が初めてである。

脚注[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]


出典[編集 | ソースを編集]


リンク[編集 | ソースを編集]