ペメトレキス

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペメトレキス
初登場作品 Fate/Apocrypha
テンプレートを表示

概要[編集]

時計塔が監視と獅子劫のバックアップとして派遣した魔術師の一人。

略歴
かつてフィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニアと同じ学科に学んだ同門。
魔術協会から監視と獅子劫のバックアップとして派遣されたが、黒のアサシンによって心臓を抉りだされ、喰い殺された。
殺人事件の被害者となった事がフィオレが黒のアサシンに気づく切っ掛けとなった。
人物
能力
諜報に特化した魔術師で、使役する使い魔たちの戦闘能力を含めれば並の魔術師では敵わない程の力を持った一流魔術師

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Apocrypha
「黒」のアサシンの犠牲者として登場。

人間関係[編集]

Fate/Apocrypha[編集]

フィオレ・フォルヴェッジ・ユグドミレニア
かつて同じ学科に学んだ同門。

名台詞[編集]

Fate/Apocrypha[編集]

メモ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]