ミズ・ロンドン

提供: TYPE-MOON Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミズ・ロンドン
性別 女性
初登場作品 Fate/Grand Order
テンプレートを表示

概要[編集]

Fate/Grand Order』の登場人物。

略歴
『Fate/Grand Order』の幕間の物語「微睡みにトロイメライ」で、主人公と天草四郎時貞がシミュレータ内に再現されたロンドンで出会った女性。
少し前にシミュレータに囚われたジャック・ザ・リッパー (Apocrypha)に言葉をかけて最後の一線を越えないようにする傍ら、主人公らを彼女のところまで導いてジャックを助けようとしていた。
その正体は、彼女の語る所によれば、シミュレータ内のダストデータが再現されたロンドンの中で形を持った「社会」となった、その一部である「ロンドンの良心」。
ジャックが「社会」の中に「被害者から転じた加害者」として組み込まれるのを阻止しようとしており、それが成されたことに満足してシミュレータから帰還する主人公らを見送っていた。
人物
どこか茫洋とした雰囲気の女性。立ち絵でも装飾性の高い服装をしているが、顔は朧がかって見えない。
「ロンドンの良心」を体現している為か心優しい性格であり、被害者であったジャックが加害者として自分達に組み込まれるのをよしとしなかった。

登場作品と役柄[編集]

Fateシリーズ[編集]

Fate/Grand Order
ジャック・ザ・リッパー (Apocrypha)の幕間の物語「微睡みにトロイメライ」に登場。

人間関係[編集]

Fate/Grand Order[編集]

ジャック・ザ・リッパー (Apocrypha)
カルデアのシミュレータの中で、彼女を導こうとしていた。
主人公 (Grand Order)
シミュレータ内にジャックを救出しに来たマスター。ジャックの事を託して送り出した。

名台詞[編集]

メモ[編集]

  • 彼女のイメージについては不明だが、ジャックにとっての「かつてマスターだった、いつかマスターになるかもしれない人」「無条件でジャックを庇護して愛してくれる人」といった比喩から、とある世界でマスターとなった人物がそうである可能性が高い。
    • 実際、幕間の物語のタイトルとなっている「トロイメライ」はその世界で彼女がピアノでジャックに聞かせてあげていた曲である。


話題まとめ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]