六導玲霞

提供: TYPE-MOON Wiki
Jump to navigation Jump to search
六導玲霞
読み りくどう れいか
年齢 23歳
誕生日 1月9日
血液型 B型
身長 164cm
体重 53kg
スリーサイズ B90/W62/H89
特技 料理
好きな物 平穏
苦手な物 肉体的な痛み
天敵 チャラ系の男
声優 中原麻衣
デザイン 近衛乙嗣
イメージカラー 灰緑色
初登場作品 Fate/Apocrypha
テンプレートを表示

概要[編集]

黒の陣営でただ一人、ユグドミレニアの人間ではない女性。黒のアサシンのマスター。

略歴
幼少期は極めて教養豊かな育ちだったが、両親が事故死してからは程なく転落人生を歩み、『Apocrypha』開始時点では娼婦の身に落ちながら、新宿で相良豹馬を養う生活をしていた。
アサシンを召喚しようとした相良豹馬に暗示を掛けられ、同棲相手として利用されていた。彼女は同棲している状況を愛によるものなのかと考えていたが、豹馬に「ジャック・ザ・リッパー」を召喚する儀式の一環として、殺害されそうになる。だが、アサシンが玲霞の『死にたくない』という強い願いに反応して彼女のサーヴァントとして現界し、彼女の治療を受けることで一命を取り留める。
これにより自身の『死にたくない』という願いは既に叶ったのだが、アサシンの『母親の胎内に還りたい』という願いを叶えさせるために聖杯大戦への参加を決意。豹馬から剥がされた令呪を転写され、正式にアサシンのマスターとなる。
魔術の才能が皆無のため魔力供給をアサシンに行えず、アサシンが提案した魂喰いを許容。その後アサシンと共にルーマニアに飛び、暴漢やマフィアを喰わせながら聖杯大戦の地に向かう。
のんびり旅路を進んでいたが、アサシンが魔術協会から派遣された魔術師という、より栄養価の高い『食料』を見つけたため、シギショアラに逗留。しかしアサシンの存在を察知した赤のセイバー主従に加え黒のアーチャーの攻撃を受け、その頃は警察やマスコミも五月蠅くなってきたことに気づいていたためトゥリファス入りを決める。
トゥリファスでもユグドミレニアの魔術師達を殺戮してまわるが、同時にミレニア城塞への侵入を図る為に魔術師達を拷問して、情報収集を行うと同時に探索の目を回避していた。アサシンの城塞への奇襲が失敗に終わると、再度攻撃を行うリスク、シロウ達に持ち去られた大聖杯、そしてこれまで入手した情報から、ルーラーとユグドミレニア側が立てた戦術を卓越した状況判断によって見切り、彼らの策を逆手に取る妙案を見出す。
そしてアサシンの特殊性を活用してルーラーとジークの目の前に一般人を装って現れ、彼女を「アサシンの攻撃に巻き込まれた一般人」と思い救助しようと近づいたジークを射殺した。だが心臓に三発も銃弾を浴びせたにも関わらず、ジークが未知の回復力によって復活し、形勢の不利から一時離脱。さらに霧が晴れた事でアサシンが危機に陥っているのを悟り、令呪による召喚で彼女を回収し撤退を図る。しかし、その最中に赤のアーチャーに発見され、アサシンを身を挺して庇い射殺される。
最後の瞬間にアサシンの生存率をほんの僅かでも上げるため、残り二画の令呪を使用。自分を救って「生きたい」という望みを叶え、そして楽しい日々をくれたアサシンに感謝し、微笑みながら息を引き取った。
人物
ほんの少し憂いを帯びた表情を浮かべただけで、男を狂わせるような蠱惑的な女性。声も浮世離れした甘い響きがあり、すれ違っただけで声を掛けようと思う男達が大勢いるが、皆彼女の瞳に宿る狂気めいたものに気圧され、諦めている。
娼婦という職業ではあるが赤のアサシンのように自分から男を誘う悪女的なタイプではなく、ぼんやりした性格をしている。
自分を「おかあさん」と呼び、懐いているアサシンを我が子のように可愛がっており、彼女との相性は最高。
昔はそれなりに裕福な家庭で生活していたらしく、実は無学な女性ではない。語学も極めて堪能であり、ラテン語やルーマニア語を流暢に話し、暴漢を尋問した際、きちんと会話している。また「チャウシェスクの子供たち」というルーマニアの裏の歴史を知っている。ピアノも両親が生きていたころはよく弾いたらしいが、今でも自信を持って弾けるのは「トロイメライ」などの有名な数曲程度らしい。
人としての倫理観は持ち合わせてはいるもののそれも破綻気味で、幼い頃から家族は事故死し、養子に出された先では虐待を受けていた。そのせいかもともと生きるという自覚が希薄で、自分の命にも他人の命にも価値を見出せていない。そのため彼女は、罪にならず自分以外の誰も悲しまないのならば殺人に対して一切の躊躇がなく、そして生存に不要な感情も持たず(あるいは持てず)、「聖杯を取る」と決めたらただひたすらそれに向けて邁進する―しかし、自らの願いはささやかなもの。自分の命を救ったジャックのために、AIのように最適化戦略に勤しんでいた。
だが今まで流されるように生きてきた人生の果てにアサシンと出会い、彼女の母親として日々を過ごすうちに「幸せになりたい」という願いが生まれる。アサシンにとっては彼女はもう本物の母親であり、彼女の方もアサシンを自分の娘として扱っている。
能力
決断してからの行動が異常に速い。豹馬の処理の手際もそうだが、アサシン召喚からたったの数日で身支度を整え、ルーマニアに飛んでいる。
間違いなく一般人であり日常に「死」の気配などに晒されたことがほぼなく、特殊な戦闘術を身に付けている訳でも無く、魔術師や退魔の家系に連なる人物でもない。それなのにアサシンによって目の前で男達が生きたまま臓物を引きずり出され、頭を飛ばされ、人の死を直視しても全く動じなていない。
魔術師であるウェイバーが惨状を目撃した際の反応を考えても、彼女の行動力や精神力は異常と言う他無い。
精神力のみならず、深い洞察力と高い戦術眼を併せ持ち、ユグドミレニア側の作戦を看破した上に自分の正体が知られていない事を最大限に活用してジークを罠に嵌めるなど、一般人とは到底思えない高度な戦術を駆使する。
ジークを射殺した際は、標的に不信感を感じさせないためとはいえ、髪を染めたり化粧などの変装に加えてアサシンの宝具である硫酸の霧をわざと浴びるという念の入りようで、目は充血し唇から血を流すなどの激痛に耐えながらも心臓を狙った銃撃を成功させている。
また動物的直感にも優れている。実際彼女がシギショアラの拠点を放棄した直後に敵の調査の手が及んでいたと言う経緯があり、そして彼女達の存在と情報がシロウ達にもユグドミレニア側にも殆ど気取られていなかったのは、アサシンの働きだけでなく彼女の天性の才能によるところも大きい。
アサシンが殺害した悪人たちの中にはルーマニアのギャングも存在し、彼らが山ほど所有していた銃火器の中からイタリア製回転式拳銃「ライノ」を入手している。銃身が短く、女性の掌に収まる程の大きさしかない特殊な拳銃で、発砲時の跳ね上がりが抑えられており、至近距離での暗殺に適している。もっとも彼女がこの銃を選んだのは「一番軽くて一番小さかったから」という余りに単純な理由で、玲霞はこの銃の名前すら知らない。
重要なのは彼女がルーマニアに来るまで銃器に触れたことなど一度もないにも関わらず、これに異常なセンスで順応しており、空恐ろしいほどに冷静な滑らかな手つきでこの銃を操っている。殺した相手が生き返っても「ああ、そうなのか」と事実として受け入れるだけで混乱も躊躇も一切ない。この異常なほど冷静な姿勢は自分の死の間際でも変わらなかった。
総合すれば、物事に対する理解度や観察眼に尋常ならざる才を秘めていた事が大きい。その有り様は武器も魔力も乏しい状況でアサシンの優位性を常に保ちながら、平然と魔術師たちを屠り続け、日本を出国する前にもユグドミレニアの暗殺部隊をジャックとともに返り討ちにしている事に顕れている。

登場作品と役柄[編集]

Fate/Apocrypha
「黒」のマスターとして登場。
ちびちゅき!
ジャックの保護者。生徒にはまず見えないが、教員枠でも非常に教育に悪そうな服装である。

人間関係[編集]

アサシン
サーヴァント。主従というより、「親子」。
相良豹馬
操られていた魔術師。
別に憎んでいる訳でも、悲しんでいる訳でもなく彼の令呪を宿していた手首だけ記念に残し、アサシンがミイラ化させた後、粉々に砕いてゴミ袋に入れて捨てた。
ジーク
彼を罠に嵌めて射殺した。蘇生しても然程驚いておらず、撃たれたジークは彼女の銃の扱いが余りに洗練されていたため、「殺し慣れている」と誤解する程だった。

名台詞[編集]

「——生きたい。」
生きる事に希薄だった玲霞が、死の間際初めて生きることを切望する。その願いはサーヴァントに聞き届けられ、マスターとして認められた瞬間だった。
「ええ、そうよ。
 きっと私は貴方のことを愛していたわ。
 でも、裏切ったのだから仕方ないわね。本当に仕方ないの。
 ごめんなさいね、貴方のことは、大切な思い出にして生きていくわ」
自らを裏切り、殺そうとした豹馬への最後の言葉。静かな狂気を込めて別れを告げる。
「とても綺麗なお家よね。 でも、駄目よジャック。 ここは魔術師さんのお家でしょう?
 ……通信網が破壊されたなら、まずはそこを調べに来るわ」
魔術師を惨殺し、「ここなら住み心地がいいかな?」と提案したジャックに。
「母」としての暖かく優しい言葉遣いと、「マスター」としての冷静かつ冷徹な意見。
ジャックが玲霞を「おかあさん」と「マスター」が重なり合った声で呼ぶのに呼応しているかの様な反応である。
「……ええ……“信じているわ”」
哀れな犠牲者の耳元で囁いた、甘く、ねっとりとした、蜜のような声。
「二つの令呪を以て、命じます。
 『私がいなくても』
 『あなたは大丈夫』……ジャック」
アサシンに向けた別れの言葉。母親が怖がる娘を安堵させるように。
どれほど血腥く、どれほど残酷なものであっても、アサシンと過ごした日々は、誰にも必要とされずただ流されて生きてきた彼女にとって、この上ない「楽しい夢」であった。
それがどれほど愚かしい振る舞いだったとしても、彼女は一切の後悔なく人生を自らの手で閉じたのであった。

メモ[編集]

  • 短編の時と小説版とではだいぶ印象が違っていて、奈須氏によれば、ちょっと年齢が上がり大人っぽくなっているという。
  • 東出氏によれば、「Zero」で言うところの龍之介枠。
    • ただ龍之介は殺人が目的で、ある種情熱的に行動していたのに比べ、彼女は主体性に乏しく、アサシンが悪人を殺戮しているのも、マスターが一切魔力供給ができないという必要に迫られた事情があるため。
      龍之介達より、彼女達の関係はむしろ「元は魔術などの裏の世界と何の関係も無かったのに、サーヴァントのために聖杯戦争に身を投じる」、「サーヴァントがマスターの存在に依存している」と、朽ち果てた殺人鬼裏切りの魔女の関係に酷似している。
    • しかし、ジャックは母の面影をどんな女性にも見る残酷な無邪気さを持っており、一歩間違えればジャックはあっさりと玲霞を殺害していた事が『Fate/Apocrypha material』で語られている。心臓を動かすだけの空虚な人生であっても、己の人生だけは握り締めた彼女にとって、ジャックが自分の命を獲らないと選択したからこそ、作中で良好な関係を築けたのである。
  • 彼女がアサシンと出会った経緯は短編と同様と言われているが、「第四次聖杯戦争」という言葉が出てくる・アサシンを召喚しようとしていた魔術師がユグドミレニア一族ではない・「相馬豹馬」という魔術師であったことなど、いくつかの変更すべき点がある。後に豹馬もユグドミレニアの一員である事が判明し、本人の言も合わせれば諜報・情報工作に所属し「ユグドミレニア」の名を隠していたらしい。
  • その容姿のおかげで"客"に困ったことが無く、金銭的には結構余裕がある。それこそルーマニアに行く位どうということは無いレベル。また路地裏を歩いていれば、暴漢が勝手に寄ってくるので、アサシンのエサに困ることも無かった。
  • 「精神汚染」ランクCのアサシンと意思疎通ができるため、Cランク相当の精神汚染を保有している可能性がある。だが、アサシンの「精神汚染」はマスターが悪属性を持つと精神的に崩壊していく危険性があり、そのアサシンの安定具合を見ると彼女の属性は少なくとも「悪」一辺倒ではないと思われる。
  • その一般人を完全に超越した能力は、ファンの間では「有り得ない」を通り越して、「玲霞さん凄い」と称賛されるほど。『Fate/Apocrypha material』でも、「今作の中で唯一無二の天然天才かつ天然怪物」と評されている。
    実際の所、TYPE-MOON の作品で名前を持って物語に関わる一般人は大半が「神秘を会得していないだけの、明らかに一般的じゃない人」なので、彼女が隠されたスペックを発揮しても余り違和感がなかったりする(純然たる一般人は早死にする者か、モブまたはギャグキャラぐらい)。型月の「一般人」って一体……。
  • 実は型月のキャラでは初の職業売春婦。流石に、同性込みな上に人間辞めてるエロ尼には経験人数は劣るであろうが。

脚注[編集]

注釈[編集]


出典[編集]


リンク[編集]